カテゴリ

カテゴリ:気学

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

祐気とり(吉方位に行くこと)を兼ねて、区民検診を受けてきた。

去年は受けなかったので、今年は受けることにしたのだ。


検診を受けたら帰るつもりだったけど、行った先は何件か集中して病院がある所だったので、せっかくなのでハシゴし、調子悪いところを全部、診て貰った。

病院は待ち時間が多くて、待ちくたびれてしまうのだが、長く滞在した分だけ、祐気とりの効果は大きくなる。

吉方位の病院に行くのは、苦痛を喜びに変える、ひとつの方法ですな。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

昨日で、10日間連続・祐気とり(いい時期にいい方角に行って、プラスの気を吸い込んでくること)を完遂した。

今月は何かと出かける用事もあり、忙しくて、祐気とりしている余裕はないんだけど、そういう大変な時こそ「やったほうがいい」のは分かっているので、やり通した。

今回の祐気とりを始めてから、自分の歯車が大きく回り出し、とてもいい流れに入れた。

変化!変化!変化!の連続になってきて、その変化についていくのは大変なんだけど、常に変わり続け、どんどん前進していくのが楽しい。

たくさん仕事が舞い込んできて、たくさんのアイデアが湧いて、たくさんの人と連絡を取り合い、たくさんお金が動いて、たくさんのシンクロが起こってビックリした。

この10日間で、1年くらい経ったかのように感じるくらい濃厚だった。

この10日の間に、好き塾の塾生さんが定員一杯になり、DJをやるために何十曲も新しい曲を聴き、結婚式に参加し、アデプトを開催し、新らしい銀行口座を開設し、ボールペンを買い換え、愛染明王をお招きして密教をやり、砂風呂に入り、高崎観音までお参りしに行って、和嶋さんのライブにも行った。

もちろん、いつも通りセッションもしているし、スクールにセミナーを受けに行ったりもしていて、それらをしながらも毎日、1時間〜3時間くらい、祐気とりもしていたので、濃いよなぁ。

今回は、とても実り豊かな祐気とりだった。

また来月も、やろうっと。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

集中してパソコン作業したい時は、祐気とりがオススメ!

ということで、祐気とりしてきた。


祐気とりとは、吉方位に出かけて、自分にとってプラスになる気を吸い込んでくることだよ。

行く場所は、映画でも、カラオケでも、カフェでもいい。


今日は採水日(祐気とりを始めるのに最適な日)なのもあって、祐気とりして、そこで仕事してきた。

と言っても行った先は新宿だけど、近場でも、祐気とりしに行くのと行かないのとでは、大きな違いがあるのだ。


外で仕事したほうが集中できる(邪魔が入りにくい)から作業がはかどるし、祐気とりすることで開運もできる。


行く方角と時期によって、祐気とりの恩恵は変わるけど、私が今回行ったのは、自営業や社長の力を強くしてくれて、人と信頼関係を築き商売が繁盛する方角。

仕事ははかどるし、開運するし、一石二鳥!


気学を始めて早10年だけど、引っ越しや旅行といった大きな移動だけでなく、こういうチョコっと出かける時や、病院にかかる時なども、出来たら吉方位に行けるといいんだよね。

運を開くには、小さな一歩から!です。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

祐気とりの効果が出て来たのか、歯車が回り出し、忙しくなってきた。

巽は効果が出るのが早いって言うけど、本当だね。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

久しぶりに祐気とりをしようと思って、昨日から、10日間連続の祐気とりを開始した。

行き先は、大歳方である巽の巳。

と言っても、ご近所に行ってるので、小さい祐気だろうけど、小さいところから変えていくのが大切だよね。

やり遂げられるように頑張るぞ。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

私は気学鑑定士でもあるのだが、気学では、旧暦でカレンダーを見る。

流派によって暦も微妙に変わるけれど、私が習った気学の流派では、今日が元旦だ。


私にとって昨年1年は、9年に1度に巡ってくる運気最低、ドン底の年だった。

やっと、明けました、おめでとー!


今月は五黄同会、暗剣と破に被同会で、まだまだ厳しそうだけど、これから徐々に楽になっていくかな。

これからやってくる上昇気流に乗って、頑張るぞ。


今日から、五黄中宮の年なんだねぇ。今年は、地震に注意ですな。

防災グッズ、備えておきましょう。

伝統を守るのは難しい

カテゴリ:
電車に乗ったら、こんな広告が窓に貼ってあった。

20121219実際にサイト見てないから分からないけど、方角&時期をみて、開運となる引越を勧めてくれるならいいね。

私が以前、気学を習っていたところの事務所に、1年ぶりに電話したら「先生として、気学を教えて貰えないか?」と打診された。

ここはそれなりに伝統ある会なんだけど、気学を教えられる先生がいなくなり、全く活動できなくなっている状態だ。

なので毎年、先生になってと頼まれる。

でもそれは自分がやる仕事じゃないと思うので、毎年お断りしている。

先生業というのは、一度やってしまうと、自分が辞めたい時に辞められなくなるから(クラスの進行具合があるから)安易に引き受けられないのだ。


余談だけど、私と一緒に気学を習っていた男性は、気学を使って、競馬で1千万儲けたと言っていた。

同じことを、同じように学んでいるはずなのに、私は、そういう気学の使い方を知らないし、まったく分からない。

どうやって気学を、競馬に応用できるんだろ??

まだまだ知らないことが、たくさんあるな。

カテゴリ:
お客様から、来年の吉凶方位(気学鑑定)をお願いされることが増えてきた。

もう来年の話!?と、ビックリするのだが、今年も半分終わったことだし、来年の引越や旅行の計画を立てても、おかしくない時期なんですねぇ。

なので、来年の吉凶方位の一覧表を作りました。

気学鑑定を受けにいらした方には、お渡しできます。

開運に、お役立て下さい。

来年は吉方位が多い年ので、開運となる引越や旅行が、しやすいですよ。

カテゴリ:
友達が「家を買う」というので、このところ連日、仕事が終わってから、その候補である物件の図面を見ている。

先日、ウチに相談しに来た時に、持ってきた物件の図面は、全部「大金出して、買うもんじゃないよ」という家相のものばかりだった。

それでもう一度、家相のポイントを押さえた上で、探し直して貰って、前よりもいい家相のを見つけてきてはいるんだけど、でもまだ決め手に欠ける。

「部屋に出っ張りがあるといいんだよ」と私が言うから、出っ張りがある物件を探してきてくれているんだけど、一番新しく送ってきたのは、出っ張り過ぎていて、欠けになっていた。

これは素人さんが、よく陥る罠だ。

出っ張りを大きくしすぎると、出っ張りじゃなくて、欠けになるのだ。

どんどん良くなってきていたのに、また悪い家相に逆戻りになってしまった。

私としては、せっかく大金を払うのだから、マイナスではなく、プラスになる家を買って貰いたい。

家相は、住んでいるだけでダメージを与えてくるか?メリットを与えてくれるか?といった、大きな影響がある。

いい運を持っていると、いい家相の家が見つかるものだが。

今のところ、一番良かった家相で、プラマイゼロの物件だった。

うーん。これが、友達が持っている運の、MAXなのかなぁ。

カテゴリ:
代々木のスタバで、気学鑑定した。

こういう内容の仕事だと、喫茶店でも出来るから、いいな。


最近、引越の方位の、ご相談が多い。

GW後って例年、引越相談は減る時期なんだけど、何でだろう?

新しい時代に入って、「環境を変えたい!」っていう人が多いのかな。


引越方位のご相談(気学鑑定)は、物件を見に行ったり、ネットでどんな物件があるか?を調べたりする前に、ご相談下さいね。

「ネットで見るだけ」でも、アクション起こした時点で、運が動きますので。

ご相談は、お早めに。

このページのトップヘ

見出し画像
×