カテゴリ

カテゴリ:オススメ本

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪




このノートのつけ方は、とてもシンプルで、簡単。

私はまだ数日だけ、デイリーノートしかつけていないけれど、それでも作業効率が格段に上がったので、効果的だと思う。

プロジェクトや目標ごとにノートを作って、グルグルPDCAを回していけたら、かなり面白いことになりそう。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

お友達に勧められて読んで、すごかった本。




本の最後のほうにレムリア、アトランティスについて、人類創造ついて、またそれにどう天使や宇宙人が関わったのか?など、詳しく記述されている。


カミーノを旅している時に、見えない存在から、これらの情報が伝えられたそうだ。

この本を出すのは、きっと、かなり勇気が必要だっただろう。


私達は進化成長をしながら、長い長い旅をしてきているんだなぁと感じた一冊でした。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

お客様が絶賛されていた絵本を買ってみた。



なんだ、この力強さとシュールさは!

絵本だから、すぐに読み終えてしまうのだけど、思わず何度も読み返してしまう。

あったかい、うーやんに惚れた〜(^^)

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

この本に書いてあることを実践してから、体の調子がよくなり、仕事の能率が上がった。

今まで「これが常識」と思っていた食事に対する概念が、ひっくり返るような内容が多いけど、より健康になって、パフォーマンスを上げたい人は、ぜひ読んでみて下さい。


カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

こちらは字が細かくて、読み終えるのにちょっと時間がかかったけれど、今の私に必要なことが詰まっていて、最初から最後まで面白く読めた本。




優しく、でもしっかりと背中を教えてもらえた本でした。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪




知らないうちに付いてしまっている、見えない鎖(自分にかけている制限)を断ち切り、自分自身で稼ぐ力を得たい人に、お勧めの本。

会社員を辞めて、起業を志す人も、読んでおくといいかも。

会社員と起業家では、思考や行動が、どう違うのか?分かると思います。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪




とってもスピリチュアルな本。

著者、竹田さんのような考えをしていたら、自然と商売がうまくいって、お金が集まってくるんだろうなぁ。


この本の中に「食うために仕事をしない」という項目がある。

これからの時代、この考え方はとても重要になるだろう。

豊かになりたいと望む人、また、「食うために」「生活するために」仕事しているうちに、働けど働けど・・・という状態になってしまっている人は、読んでみるといいかも。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪




インテリアに悩んで読んでみたら、とても勉強になった本。

家を建てたり、リフォームする予定のある人は、事前に読んでおくといいかも。


動線の作り方が参考になる。

うちは、あっちに行ったりこっちに行ったり、無駄にウロウロしちゃうことが多いことに気付いた。

それでも代々木の時よりは、階段がなくなっただけマシなんだけど、もっと機能的にできたらいいな。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

宇宙存在バシャールと、作家・本田健さんの対談をまとめたもの。

未来は、えらべる! (VOICE新書)
ダリル・アンカ
ヴォイス
2011-07-25



自分が持っている観念によって、どう現実が創られているか?

高次の意識(ハイヤーセルフ)と繋がることの重要性。

パラレル・ワールドへの分化(2010年〜2015年までがパラレル・ワールドへのシフトにおいて重要)。

などが書いてある。


対談なので、皆が知りたいと思うことを健さんが質問してくれて、バシャールがそれに答えるという形式になっている。


本の最後に「どの列車に乗るか?(どう生きるか?)しっかり決めておくように」と書いてあった。

すべての列車が発車したら、乗り換えは難しいらしい。


「自分がもっとも情熱を持っていることをやる」「人生のさまざまな出来事や状況を、ポジティブにとらえる」という列車に乗るように、バシャールはアドバイスしている。

この世に生まれた目的は、最大限に自分自身を生きること。

肝に銘じたいと思う。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

さらっと読めるけど、お金について深いことが学べる本。




少し前に、楽天銀行の口座が、いきなり凍結されるという騒ぎがあった。

私の口座は凍結されなかったし、たいした金額を預けていなかったので問題なかったけど、凍結された人はネットバンクなので苦情を直接言いにいけないし、電話をかけても繋がらないと言っていた。

いきなり預けているお金を引き出せなくなって、メインバンクとして利用していた人は大変だったと思う。


今まで安全だと信じ、信頼してお金を預けていた銀行が突然、こんなことになるなんて怖いなーと思った。

ネット銀行は使わないほうがいいのか?

銀行に預けていて大丈夫なのか?

お金をどう管理するかを考え直す、きっかけになった。


そんな時に、この本を読んで、そもそもお金って何だろう?と考えた。

村で暮らすゾウさん達が儲け話に手を出して、待っていればたくさんお金が入ってくると浮かれているうちに、預けたお金が消えてしまうというストーリーで、この出来事を通して、お金とは何か?自分の幸せとは何か?に気付いていく。

お金がないから、またはお金があるから、見えないこと、気付けないこと、見失っていたこともあると分かった。

ゾウさん達の友情と愛情が素晴らしく、彼らのように、困っている人を支えられる社会が作れたらいいなとも思った。

このページのトップヘ

見出し画像
×