カテゴリ

カテゴリ:オススメCD

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

喫茶店で仕事していたら、バンドメンバーから訃報が届いた。

私が尊敬するギタリストが、亡くなったという。


ジョニー・ウィンター。

まさか!嘘でしょ?

4月にライブ見たばかりなのに・・・。

ポロポロ涙が出る。


写真は、私の人生を激しく変えた1枚のアルバム。



今、聞いても、なんてカッコイイんだろう。


ジョニーはライブツアーを終えて、9月に発売するCDのレコーディングをしていたそうだ。

最後までライブやってくれて、演奏していてくれて、ありがとう。


私もジョニーのように、最後の最後まで演奏していたい。

もっと本気でギター弾こうと思った。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

ただいま浮気中!?

ここ何年か、和嶋さん一筋だった私が、かっこいいCDを買ってしまい、今はこっちに夢中になっている。

Dry As a Bone/Rehab Doll
Green River
Sub Pop
2000-10-12


Pearl Jam を聞いて「かっこいいじゃん!」と思って、掘り下げて聞いているうちに、Pearl Jam の前にやっていたバンド Green River を聞いてみたくなり、購入してみた。

Pearl Jam もいいけど、Green River は、私のツボにだいぶ入った。


なので、しばらく Pearl Jam と Green River ばっかり聞いていて、それでようやく分かったことがある。

私、ワウを使ったギターが好きみたい。

好きなギタリストは、ワウの名手揃いなことに、やっと気がついた。


自分も、もっとワウを多用するようにしたら、満足度が上がるかもしれないなぁ。

14才からワウを使ってきているというのに、新たな大発見だった。

カテゴリ:
A journey to freedom
A journey to freedom [CD]

民族音楽のようなメロディーと、連打リズムを融合した、electronica。

私の好みとしては、もうちょっとリズムがシンプルなほうが好きだけど、懐かしい感じがするメロディと、ジャケットのイメージ通りの世界が繰り広げられているのが嬉しい。

音楽だけ聞いてもいいけど、歌詞カード(と言っても歌詞は書いてないけど)にある説明を読んで、物語や、その世界を想像するのが楽しい。

私もこういうアルバム、作ってみたいな。

カテゴリ:
アンソロジー
アンソロジー [CD]

Sly & Family Stone は、1967年から1975年 にかけて活動した、ファンクロックバンド。


入門編として、どれか1枚を選ぶなら、このアルバムがベスト盤でオススメです。


ノリノリでカッコイイよ。

カテゴリ:
ヒストリー
ヒストリー [CD]

「フー!」「アーオ!」「宿直!」といった、元気なマイケルもいいけれど。

しっとりとバラードを歌うマイケルも、いいなぁ〜と感じたよ。

曲のバランスがいい感じ、2枚組のCD。

カテゴリ:
ケルトの神秘
ケルトの神秘 [CD]

カテゴリ:
Tantilla Plus
Tantilla Plus [CD]

このCDは、大久保ホットショットでライブやった時に、リハーサルの合間に流れていて、「いいな」と思ったので、店長さんにCDのタイトルを聞いて購入したもの。

この声、歌い方、メロディが好きで、よく聞いてる。

House Of Freaksは、ヴォーカル&ギターと、ドラムだけの、2人だけのバンド。

下のビデオ、4分〜7分位のところの演奏は、ぜひ見て欲しいな。

ドラムはタムとシンバルしか叩いてないのに、2人だけで、これだけのパワー出してるのはスゴイと思う。

カテゴリ:
好き好き大好き
好き好き大好き [CD]

カテゴリ:

カテゴリ:
Goodbye Lullaby
Goodbye Lullaby [CD]

このページのトップヘ

見出し画像
×