カテゴリ

カテゴリ:音楽

カテゴリ:
七実です♪

イベントの音楽仲間と、ミーティングしました。

とても和やかな集まりで、寛げました。

ここから素敵な音楽が、どんどん生まれてきそうです。

カテゴリ:
七実です♪

イベントで使う曲をピックアップするため、このところ大量に音楽を聞いています。

まずザクっと聞いてみて、使えるかもしれない候補にあがった曲は、最初から最後まで、耳を通します。

その中から、さらに使えるか?使えないか?ふるいにかけていきます。

時間がかかって大変だけど、楽しい作業です。

カテゴリ:
七実です♪

久しぶりにDJをやることになり、イベントで流す音源を探すため、図書館を2か所ハシゴし、40枚ほどCDを借りてきました。

運ぶの、重かった。

今は音楽をダウンロードする時代なのでしょうけれど、MP3音源は薄っぺらく感じてしまい、聞いていて、ときめきません。

やはりCDのほうが、音がいいし、エネルギーも乗りますね。

カテゴリ:
七実です♪

人間椅子のギタリスト、和嶋慎治さんの怪奇体験記事を読みました。

UFOを見て、それから数時間記憶がなくて、アブダクションされたかもしれないというお話です。


人間椅子のライブで何度か、和嶋さんがその話をしているのを聞いたことがあります。

この体験をしてから、今まで作っていた恋愛の歌などは作れなくなり、この世の終わりとか、おどろおどろしい曲(人間椅子っぽい曲)しか作れなくなったと話していました。


記憶のない時間に、一体、何が起こっていたのか?

知る方法はないのだろうか?と思います。

進撃の新年LIVE打ち上げしました

カテゴリ:
七実です♪

1月7日におこなった『2020銀河防衛軍★進撃の新年LIVE』の打ち上げをしました。

20200128出演者とスタッフさんで、カラオケに行きました。

銀河防衛軍の皆様は、カラオケも全開で、すごい迫力です。

歌が上手い人は、うらやましいなーと思いました。

答えは現場にある

カテゴリ:
七実です♪

いよいよ明日は、ライブです。

スタジオに入って、リハーサルしました。

20200106明日は2曲しか演奏しません。

伴奏に流すカラオケ音源の、1曲目がフェードアウトしちゃうので、曲と曲の繋ぎをどうしようか?と悩んでいましたが、爆音でギター弾いていたら、アイデアが閃きました。


こういうのは、家で考えていても分からないです。

答えは現場にありますね。

いい感じで仕上がったので、本番が楽しみです。

ライブの前はすることいっぱい

カテゴリ:
七実です♪

明後日、ライブをやるので、ギターの弦を張り替えました。

20200105衣装は、最初に着ようと思っていた服が、カツラをつけて着てみたらイマイチだったので、別のに変えました。

こうやって少しずつ準備が進んでいますが、肝心な演奏が、まだ仕上がっておりません。

今回のライブは、バンドではなく、潤平がカラオケで歌います。


その横で私は、ギターを弾くのですが

バッキングもギターソロも完璧に入っているカラオケに対して、どうギターを弾くか?

悩みに悩んで、やっと考えがまとまりました。

「自分が出来ることだけやろう」

本番では、出来ることしか、やれないですものね。

進撃の新年LIVE初リハ

カテゴリ:
七実です♪

年明けにおこなう『進撃の新年LIVE』にむけて、初リハーサルしました。

20191215事前に練習する時間がまったくとれなかったので、とりあえず今日は、コードを追っかけるので精一杯でした。

でも、リハーサルしたおかげで、当日の衣装が決まりました。

これから急ピッチで、衣装も音も、仕上げたいと思います。

カテゴリ:
七実です♪

バンドのメンバーから、KISSのコンサートに来ていると連絡があったので「ボンカレー買ってきて」と、お願いしました。

KISSとボンカレーのコラボ商品が、会場限定で売っているらしいのです。

だけど、混雑していて買えないと返事がきました。

コンサートが終わった後に買いに行ったら、売り切れだったそうで、入手できませんでした。

すごい人気ですね。

技あり音源できました

カテゴリ:
七実です♪

来年1月7日(火)の夜、ライブをやります。

ちなみに、主催者がフェイスブックでライブの告知をした途端、予約が殺到して、翌日にはソールドアウトになったと聞きました。

あっという間に、チケットが売り切れたそうです。

ありがたいことです。


20191201今日は、そのライブで使う音源を作りました。

私にとっては、技あり!の音源なのですが、どこがどう技ありなのかは、ライブで聞いても分からないと思います。

ここをこうして、こうだから技ありなんだよと説明しても「ふーん」で終わるでしょう。


この音源を、凄いと感じてくれる人は、ほとんどいないと思いますが、いいものが出来たので、私は大満足です。

このページのトップヘ

見出し画像
×