カテゴリ

カテゴリ:メヘンディ・ヘナアート

伸びるキャンパス

カテゴリ:
肌露出が多い、この時期のお楽しみである、ヘナアート。

20120728-02今年はまだ、人様に描かせて貰っていないが、時間の隙間を見つけて、自分にちょこちょこ、お絵かきしてます。



20120728これは、鏡を見ながら自分で自分に描いた割には、上手に描けたので、気に入っているんだけど、あまり人に見せる機会がなかったので残念。

自分で自分に描く時は、描いている時に腕を伸ばすなど、姿勢によって皮膚が伸びてしまうので、描いている時の絵と、描き上がった時の絵が、皮膚の伸び具合によって変わってしまい難しい。

肩とか、二の腕とかにも描きたいんだけどねぇ。ここに自分で描くのは、至難の業だ。

もっともっと描きたいけど、海に行きたいので、しばらく我慢する。

ヘナアートしたまま海に行くと、そこだけ日焼けしないで、残っちゃうからね。

海に行ってから、また描くつもり。

今度は、もっとインドっぽいのを描いてみたいな。

円柱に描く難しさ

カテゴリ:
先日セミナーを受けに行った時、同席されていた方に「最近はヘナアートやってないんですか?」と尋ねられて、ビックリ。

どうして私がヘナアートやっているのを知っているの?と聞いたら、ブログで見てくれてたんだって。嬉しいねぇ。

季節的に肌の露出が少ない時は、描く場所がないというか、描いても見てもらえないので、自然と描くことから遠ざかっちゃう。

でも久しぶりに描きたいなぁと思って、キャンドルに描いてみた。

20120307これだけ描くのに、すごい時間かかった。

円柱に描くのは難しいということが分かった。

大変だっただけに愛おしい。

もうちょっと色々、描いてみたいな。

梵字を書くのは難しい

カテゴリ:
癒されたーい!!

20110930-01と思って、久しぶりにヘナアート。描いてみた。

体に模様が入ると、テンションあがる。



20110930-02今晩の密教に合わせて、薬師如来の梵字も書いてみた。

でも、いまいち梵字に見えない。細く、かきすぎたかなぁ。

あと10日で終わります

カテゴリ:
ヘナアート(足裏)今日、描かせて貰ったヘナアート。

足の裏に、ワンポイントのお花、可愛い。



ヘナアート(胸)こちらも、今日、描かせて貰ったヘナアート。

胸元、映えますね。



この、ヘナアートのミニ・セッションが無料で受けられる「秋のキャンペーン」は、11/17(火)まで。

個人セッションを受けてくれた人が対象です。

足裏ヘナ

カテゴリ:
ヘナを足の裏に塗ると、解毒になるらしい。むくみが取れたり、消臭効果で匂いが薄くなったり、皮膚が柔らかくなったりするらしい。

でも私は、塗るよりアートかな。

足裏デトックスということで、両足の裏に描いてみた。

自分の足の裏に描くのは、すごく大変だということが分かった。

ちょっと動くと、ヘナペーストを乗せたところが、どこかと接触して、ベチャっとなっちゃうし。

描いてるうちに、段々、何を描いてるんだか、訳分かんなくなってきちゃうし。

でも足の裏を、誰かに見せることはないので、まぁいいや。

寒くなる前に

カテゴリ:
胸にヘナアート昨日、描かせて貰ったヘナアート。



二の腕にヘナアート今日、描かせて貰ったヘナアート。



今日で、10月も終わり。寒くなったら、ヘナアート描かせて貰う機会も、減るのかなぁ。

花を咲かせよう

カテゴリ:
ヘナアート(肩甲骨)昨日、描かせてもらった、ヘナアート。



ヘナアート(腰)今日、描かせてもらった、ヘナアート。



ヘナアート(胸)今日、描かせてもらった、ヘナアート。



気温が下がってきたというのに、皆さん肌露出、ありがとうございます。

実際に自分の肌に描いてみないと分からないものだが、いつも無いものが、肌にあると、テンションあがる。

描く絵にもよるが、お花を描くと、女性は、女性性が開くことも多い。

今まで入らなかったスイッチが、入る姿を見るのが、描いてる私としては楽しい。

しかーし。先生に教えてもらったお花が、一番、描きやすく絵になるので、どうも、そればっかり描いてしまうのが、もどかしいなぁ。

今のところ、キャンペーンで無料で描かせて貰っているが、ヘナアートのリピーターさんも増えてきたので、描ける絵のレパートリー増やせるよう、練習します。

こんなん出ましたけどぉ

カテゴリ:
ヘナアート一昨日、描かせてもらった、ヘナアート。



ヘナアート昨日、描かせてもらった、ヘナアート。



ヘナアート今日、描かせてもらった、ヘナアート。



描く前にね。肌を見つめていると、なんとなく絵柄が浮かび上がってくる。

その浮かび上がった絵柄の通りに、描けるかどうか?が問題なのだが。。。

どうも、線が、暴走するなー(笑)

それも、また、楽しいけどね。

カテゴリ:
足を出す服を着てると、必ず「その足、どうしたの?転んだの?」と訊ねられる、10年以上、悩まされている、左足の脛の、大きな肌荒れ。

何度もブログに書いてるし、実際に見たことある人も多いでしょう。

中央には赤く盛り上がってゴワゴワになっているところがあり、その周りに、茶色く痣のようになっているところが広範囲に広がっている。どちらも、乾燥して痒い。

両足に症状が出始めた、10年以上前、医者に診てもらったら「足が腐る病気で治らない」と言われたけれど、みすみす腐らせてたまるか!と、自分でもレイキしてるし、色んな人にレイキして貰ってもいる。

それで、右足はキレイになったんだけどねー。左足は、何年経っても、良くも悪くもならない、もどかしい。

ここに、自分で、ヘナアートを描いてみた。

今は描いてから、1週間ちょっと経っていて、ヘナアートは、だいぶ消えてきてるんだけど。

同時に、茶色い痣のようなところの色が、薄くなってる!ところどころ、普通の肌色が見える。

心なしか、赤くてゴワゴワしているところも、小さくなっているように見える。

スゴイ。

ヘナは乾燥肌にいいって聞いてはいたけど、本当なんだなぁと感動した。

このまま、しばらく、ここに、ヘナアートを描き続けたら、いずれは正常な肌に戻れるかもしれない!

希望が見えた。

肉体は神殿なり

カテゴリ:
ヘナアートで、肌に直接、絵を描かせて貰っているとき「肉体は神殿だなぁ」と思う。

描く前に、これから描かせて頂く肌を、じっと見つめていると、毛穴や細胞が、私に語りかけてくるようだ。

自分の目の前にある肉体が、美しく、いとおしい。

肉体として、存在してくれていることが、いとおしい。

その愛と喜びを、肌に描いていく。

ヘナアートのセッションをしている時は、ラブ・パッションが全開になる。

ヘナアート膝膝に描いた、お花。



ヘナアート膝こちらも、膝に描いた、お花。



ヘナアート指これは自分の指だけど、魔よけにホルス。



ヘナアート耳耳たぶの後ろに、クロス。



絵が上手ではない、どちらかというと苦手な私が、どうしてヘナアートに心惹かれたのか不思議だったんだけど、多分、これも、サラスヴァティ〜インド繋がりだと思う。

いずれは、インドのメヘンディに、傾倒していくんだろうか。

今は、いろいろ描けるように、デザインブックを真似て、描いたりしている。楽しい。

このページのトップヘ

見出し画像
×