カテゴリ:
今日は、ほとんどの時間を、寝て過ごした。

珍しく誰とも何の約束も入っていなかったので、溜まっている作業と勉強を片付けるぞ!と意気込むのだが、やる気が出ない。ガッツが湧かない。ちょっと何かやると、すぐにグッタリ疲れて眠くなってしまう。

朝起きて洗濯をし、メアドの設定をしただけで、もうグッタリ・・・。何だ?どうしたんだ?せっかくの貴重な時間なのに・・・、でもダメだ、ちょっと寝ようと横になる。

昼頃起きて食事をし、またメアドの設定をして、すぐにグッタリ・・・。あー、もう今日はダメだ。誰に迷惑をかける訳でもないし、とことん寝よう!と決めて、横になる。

うすうす自分で分かっていたが、これは私の現実逃避なのだ。数日前にも書いたけれど、心にモヤモヤがあって、それをどうしてよいのか分からない時に、私は眠りに逃げる。きっと、いつの間にかモヤモヤが、ピークに達してしまったのであろう。

眠っているだけで、心と体を休めるだけでも、とても癒されるのを感じる。

そして、またたくさんの夢を見た。何度も寝たり起きたりをして、夕方頃に見た夢が、印象的だった。

スタジオで、バンドのリハをしている。そのうち私は、幼児に退行していく。メンバーは皆オトナなのに、私だけ幼児で、でも今のようにギターを弾いている。楽器を弾いている時の私は、確かに幼児の心かもしれないなんて思いつつ、それを客観的に見ている夢。

幼児の私は、普段の私なら言えないようなことも、何でも素直に話している。言いたい放題である。それが心地よい。また、周囲にいるオトナの人たちに甘えたりもしている。それも心地よい。

でも最後に、幼児の私は、色んなモノに鍵をかけていく。楽器に鍵をかけ、心を細分化しては鍵をかけ、色んなモノを封印していく。

そこで1度、目が覚めた。幼児の私が心地よかったので、もう1度見たいなと思って、引き続き寝る。

今度は、幼児ではない私が、またスタジオでリハをしている。終わって、家族が「外で待っているから」というので、私は慌てて楽器を片付けるのだが、何だかんだと楽器がたくさんあって、なかなか片付かない。とりあえず剥き出しのまま楽器を運び出して、家族が待っているであろう外に出たけれど、誰もいなくて途方に暮れる夢。

この夢を見て、もう眠れなくなったが、何もする気が起きないので、ゴロゴロしたりウダウダしたりして、1日が終わる。今日は、何にもしなかったなぁ。

だけど、睡眠と夢が、心のモヤモヤをなくしていくヒントを与えてくれた。

私の心がモヤモヤしている要因の1つは、バンドだ。詳細は省くけど、私は未だに、これが自分のバンドだ!と言えるものを作れていない。色々考えて、当面はゲストプレーヤーで演奏してブラブラしながら、何かを見つけていこうと思う。

それ以外にも色々あって「私ってこんなに傷ついていたのか!」と気付いた。傷ついていない振りをするのに、慣れちゃっていたようだが、傷ついたままの自分がいた。そう言えば、全然自分を甘やかしていなかったなぁと思って、ちょっと反省する。

また、私には一定のパターンがあることに気付いた。きっとそこから「何かを学べ」ということなのだろうが、自分が学びきれていないから、同じパターンを繰り返してしまうのであろう。

「自分を傷つけるような現実を創っちゃってゴメンね」と自分に謝りつつ、ぼちぼち現状打破して、ハッピーでいきたいなぁと思った。1日がかりの睡眠ヒーリングでした。