カテゴリ:
怪我のヒーリングをしていて、私から見れば1日で治るものなのだが、受けている人が「いやー、1週間はかかりますよー」っていうと、その人の望み通り、1日で治るものが1週間かけて治ったりする。

ま、それはそれで、その人が治したいペースで治してくれればいいのだが、自分が「治るわけない」って思っていると治らないんだから、逆に「治る」って思っていれば、治るんじゃないか・・・?

ふと思ったのだ。何を思ったかというと、ひょっとして、本当にひょっとしてだけど、私は嗅覚を取り戻せるのではないだろうか?

以前も書いたが、私は19歳の時に交通事故に遭って、それで嗅覚を失った。医者は「匂いを感じる神経が切れているから治らない」と言った。それを私は、ずっと信じてきた。昔は嗅覚の記憶があって、カレーの匂いとか、ラーメンの匂いとか言われて「あぁ・・・」って思い出せたけど、今は記憶すらない。匂いって何?私はまったく感じる事ができない。

自分ひとりで生きている分には、匂いがないのは、実は快適だったりする。ガス漏れとか火事は、匂いが分からないと怖いけど、嫌な匂いを嗅がなくて済むのは快適なのだ。

けど困った事がある。みんな、私が匂いを嗅げている、と思っている。「これ、いい匂いだから嗅いでご覧」とか「何か変な匂いしない?」と言われて、困ってしまう事が度々ある。

事情を説明するのが面倒くさいのと、変に同情されるのも嫌なので、匂いを嗅げる振りをしてきた。たいてい「そうだね」って答えれば、それで済んでしまう。それは、それでいいと思う。

親しい人には、あらかじめ嗅覚がないのを告げている。けれど、みんな、忘れちゃうんだよね。「変わった匂いだよね〜コレ」といわれても、うーん、私には分からない。返答に困っている私の姿で思い出し、「あ、そうだった。ゴメン・・・」何度こんな会話をしたか数え切れない。

相手が申し訳なさそうにしているのが、私には辛い。匂いが嗅げないことは或る意味快適だし、私が匂いを嗅げない事なんて、別に忘れてしまっても構わない。ただ、それで申し訳なさそうにされるのが、とても辛いのだ。

レイキで嗅覚が取り戻せるんじゃないか・・・。ふと思った。今まで治らないと思っていたから、治らないんじゃないのか?

自分の心の中は、まだ半信半疑というか、神経が切れているのに治るわけないじゃないかという気持ちもあるけれど、ひょっとしたら嗅覚を取り戻せるかもしれない。今日から、チャレンジしてみようと思う。