カテゴリ:
電車の中で。目の前の席に座っていた人の、左手人差し指から血がダラダラ出ていた。バンソウコウで止めてはいるんだけど、出血が止まらないのか、血が溢れ出ていた。

慌ててカバンの中にあるティッシュを探したけれど、その人もポケットからティッシュを出したので、私は差し出さなかった。

ティッシュで指を抑えている姿を見て「うー、1駅分でも手を当て、レイキさせてくれれば」と思った。でも見ず知らずの他人にそんな事言ったら、完璧に怪しい人だと思われて、手も当てさせてくれないよなぁ・・・。

ジレンマみたいのを感じちゃった。何かしてあげたいのに、何もできない自分。