アーカイブ

2016年04月

iPadの中でヘッドフォン中折れ

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

20160430来週、撮影をするので、必要な機材をいくつか購入した。

スマホとタブレット用の三脚。

そして、マイク。


iPhone、iPadで撮影するんだけど、これらはマイクの端子が特殊で、私が持っているマイクは使えないので購入した。

商品が届いたので、動作テストしてみようと、三脚にiPhone、iPadを立て、ヘッドフォンの穴にマイクを差した。

そして録画しているうちに、何か良からぬことがが起こっていることに気付いた。


どうやらマイクを抜いたり、差したりしているうちに、iPadの中で、マイクのジャックが折れてしまったらしい。


まさかの中折れ!

今日、届いたばかりなのに!


iPadでヘッドフォンが使えないのは私にとって致命的。

iPadを救済する方法をネットで調べたら、爪楊枝の先に瞬間接着剤をつけて、ヘッドフォンの穴に入れて、取り出すことが出来るそうだ。


さっそく、やってみた。

だけど取り出せなかった。


中で変な折れ方しているようで、折れたジャックに平らな面がなく、爪楊枝に接着されない。

くー、仕方ない。修理に出すかぁ。


もしかして、これって水星逆行の影響?

水星逆行している時は、機械に障害や故障が出やすいという。

恐ろしいね、水星逆行。

4月29日〜5月21日までだそうなので、要注意です。

麻炭結界

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

お友達に教えてもらった、麻炭結界を作ってみた。

20160429この中で寝ると浄化される。

と聞いたので試してみたところ、短い睡眠時間でも、朝、パッとスッキリ目が覚めるようになった。

これはもう手放せないかも〜。

ミラクルが起こるとテンションが上がる

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

お客様が二人、すごいテンションでやってきた。

あまりにもハイテンションなので「一体、何があったの?」と尋ねたら、中野坂上駅前で、すごい写真が撮れたのだという。


その写真を見せてもらったら・・・

20160428確かに、これはすごい。

猫ちゃん、いい味出している。

これはテンション上がりますね。

ご利益ありそう!

ホワイトセージ入荷

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

エネルギーワーカーに必須の、ホワイトセージ入荷しました。

いつもは茎付きだけど、今回は葉っぱだけにしてみました。


2016042720g 600円
50g 1,200円
100g 2,200円

オフィスナナミにて、販売中です。

必要な方は、お声かけて下さい。

お箏でレコーディング

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

今、制作している動画のBGMを作るため、お箏でレコーディングをした。

20160426箏を弾くのは久しぶり。

レコーディングするのは、はじめてだ。


マイク、どの辺に立てたらいいのかな?

試行錯誤した結果、オフ気味に立てることで落ち着いた。

適当に弾いていても、なんとなく様になるので、お箏を弾くのは楽しい。

そこに行ったから得られるもの

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

20160425鞍馬に行ったお陰か、セッションの手応えが変わった。

エネルギーが、ますます逞しくなったように感じる。

そこに行ったから得られるもの、行かないと得られないものが、たくさんある。

鞍馬に行けて、本当に良かったと思う。

ありがたいことです。

鞍馬・奥の院魔王殿へ

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

ミラクルは起こり続ける。

昨晩、東京に帰る予定だった。

だけど、帰りたくなくなった。


どーーーーーーしても、鞍馬に行きたい!

京都まで来て、鞍馬に行かないなんて、悔しすぎる。


でも、この足で、びっこ引きながら、一人で行けるのか?

行けても本殿までだろうけれど、それでも不安だった。

自分で登った山は、自分で降りるしかない。

もしも山の途中で、足がダメになっちゃったら、たった一人で、私は一体どうなっちゃうんだろう?


そんな時、救世主が現れた。

ビジネス仲間である接骨院の先生が、予定がぽっかり空いたので、私に同行してくれるというのだ。

足に問題が生じたら、すぐに治療もしてくれるという。


ヤッターーー!それなら安心して行ける!鞍馬に行こう!

ということで、慌てて宿を探し、予約を入れ、延泊することにした。

こんなこと、はじめてで楽しい。


鞍馬山に行ったら、ケーブルが運休中だった。

ケーブル乗る気満々だったので、いきなり、ハードルが高くなる。

仕方ない。

これまでに何度も登った九十九折りを、一か所一か所、ねっとり観光しながら登っていった。


本殿まで行って、まだ行けそうだったので、奥の院まで行った。

途中で治療もして貰って、結局、鞍馬→貴船をフルコースで楽しめた。


20160424今回、捻挫しているだけでなく、数年前に腰の手術してから、もう山登りは無理だと諦めていたので

まさか、また、ここを訪れることが出来るとは・・・、思っていなかった。

接骨院の先生と、鞍馬山のエネルギーに助けられて、ここまで来れたんだな〜と感動した。


接骨院の先生が、とても感度のいい人で、お蔭様で私は、今まで知らなかった鞍馬を知ることが出来た。

鞍馬には何回も行っているけれど、どの人と一緒に行くか?で、得られるものが全く変わると分かった。

今回の不思議なご縁に感謝です。

弁財天はいつも私の側にいる

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

せっかく京都まで来たのだから、どこか観光していきたい。

鞍馬に行きたいけど、この足じゃ無理だろう。


そういえば、京都に弁財天っていないのかな?

私、行ったことないな。

ふと思い、調べてみたが、ピンとくるところは無かった。


捻挫していて、旅行の荷物を持って、知らないところを歩き回るのは大変なので、知っているところに行こう。

あまり歩かずに済むところ、どこかないかな?

清明神社が思い浮かんだ。


バスに乗って、清明神社へ。

窓から外を眺めていたら、今日、宿泊する予定の宿の近くに貼ってある「水 神秘のかたち」というポスターが目に入った。

宿に行く前に、寄ってみよう。


清明神社は、神社そのものより、隣にあった怪しげなお土産屋さんが目当てだったのだが、建物が工事中で無くなっていた。残念。

20160423-1清明さんをお参りし、女子高生に人気だった、羽生結弦くんの絵馬も拝んできた。

それから宿に向かう。

チェックイン時間まで、少し時間があったので、バスの中で見かけた「水 神秘のかたち」に行ってみたら、そこは宿の斜め前の建物だった。

そして、よ〜く、ポスターを見て、驚いた。

20160423-2サラスヴァティじゃないか!

これは立ち寄らないわけにはいかない。

中に入ったら、弁財天の仏像や、弁財天曼荼羅が展示してあった。

私が知らない弁財天の姿や働きが多数あり、新しい弁財天をたくさん吸収できた。


「あー、これは確実にサラスヴァティに、ここに来いと呼ばれたんだ」と思った。

捻挫してギプスしているのに、わざわざ京都に行くなんて、こういう力が働いていないと無理だもの。

しかも適当に探して予約した、旅館の目の前に、多数の弁財天がいるなんて。


こういうミラクルが起こるから、旅は面白い。

京都で執筆

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

20160422右足首のギプスは、こんな感じ。

ギプスがあると鬱陶しいしんだけど、ギプスが固定してくれているお陰で、安心して歩けている。


こんな状態なので、行こうか?どうしようか?悩んたが・・・

やっぱり行くことにした。

今週末は、京都で仕事なのだ。

歩く予定は、ほとんど無いし、大丈夫だろう。


困ったのは、ギプスしていると靴が履けないことだ。

ベランダで使っているサンダルが唯一、履けるのだが、この薄っぺらいサンダルが、どこまで持つかが心配。


もうひとつの方法としては、左足は靴を履き、右足はビニール袋を履いていくことも出来るけど、これは結構大変だ。

思い切って、ギプス外していくことにした。


朝イチに、京都駅に到着。

そして仕事で提出しなければいけないレポートを書くのに、集中した。

こういう作業は、いつもと違う環境で、やるとはかどる。

時には客観的に

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

20160421ロマンティックリビングのセミナーを開催しました。

受講された方には、ありがとうございます。


このセミナーでは、愛に満ち溢れた人間関係の作り方が学べる。

パートナーとの関係が長く続いている方には、その関係を、より良いものに変えていく方法も学べる。

時には、こういうセミナーという形で、客観的に人間関係を見直してみるのもいいかも?


★受講生さんのご感想

「パートナーとのつきあい方という内容で、長くつき合っていると、ついおろそかにしていた事や、忘れていたことがあったので、お互いに寄り添って良い関係でいられたらいいナと思いました。

パートナーだけでなく、友人や仕事上の人たちとの関係にもつながる深い内容でした。ありがとうございました。」


★桃井七実のセミナー詳細およびご予約は、オフィスナナミのサイトをご覧下さい。

 セミナーの一覧PC用サイト

 セミナーの一覧携帯用サイト

このページのトップヘ

見出し画像
×