アーカイブ

2014年04月

強火からトロ火へ

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

昨年、腰で入院した病院へ診察を受けに行った。

20140430今回は「もう薬は飲まない!」ということを、強く訴えなければいけないので、ドキドキして行った。

前回の診察で「薬は飲まない!」と言ったのに、受け入れてくれなかったからね。


だけど予想に反して、先生は「そうですか」と、素直にOKしてくれた。

退院してから半年になるし、そろそろ、薬を飲まなくてもOKな時期になったということか。

次回の診察も、3ヶ月後になって、気が楽になった。


しかし、腰は完治した訳ではない。

痛いのだ。

ちょっと無理して、重い物(といっても本を数冊とか)を持つと、腰に力が入らなくなって、動けなくなってしまう。


その話を医師にしたら「止めてください」と怒られた。

昨年、手術を受けた人の再手術を、今年に入って、もう2回したという。

再発しやすい病気だから、くれぐれも無理しないようにと注意された。


これが自分では、無理しているつもりは全くないから厄介なのだ。

楽器を運んだりなど、重い物を運ぶ機会が多いから、腰を痛めてしまったのだろうけれど、今まで普通に持って歩いていたものも、これからは「もう普通じゃないんだ」と思って、気をつけないといけないな。


それから、漢方薬を処方してくれている内科に行った。

先週、漢方薬を飲み始めてから、好転反応が強烈に出たことを話したら、薬の量を半分に減らすことになった。


今までの飲み方は、強火にかけて、悪いものが一気に吹きこぼれた状態なんだって。

薬そのものは体に合っているみたいなので、これからは量を減らして、トロ火にして、ぐつぐつ煮込んでいくのだそうだ。

悪いもの、どんどん煮出していけるといいな。

難問の歌詞作り

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

スタジオで、私がギター&ボーカルを担当しているロックバンド・クイクイGのリハーサルをした。

相変わらず好転反応で、咳は出るけど声が出ないので、歌うのは無理。

だから曲作りをした。

桃井七実★クイクイG20140429クイクイGには珍しく、3時間のリハーサルを、1曲作ることだけに集中した。

それで曲は、ほとんど完成した。

次は、歌詞を作らなくてはいけない。

今回は私が担当になりそうだ。


クイクイGを結成して5年が経つが、、実は私、この間に、1曲も歌詞を書いていない。

作っても、なんか、イマイチなんだよね。

昔は、こぼれるように次々と出来たのにな〜、スランプだわ〜。

1週間薬を止めた効果

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

昨日、喋りすぎたからか、鼻づまりはなくなったけど、喉の痛み、咳、痰に症状が変わった。

う〜、キツイ。

20140428なかなかスッキリ抜けないので、美世子さんにペンデュラムを使ったヒーリングと、直伝霊気、DNAアクティベーションをして貰った。

そして、その後は鍼を受けに行った。

一気に色々、受けすぎ!?

でも受けられる時に受けておかないとね。


鍼では、前回受けてから好転反応が強烈に出たことと、体の具合(特に腰)が、1週間前と比べると見違えるようによくなっていることを誉められた。

自分でも、好転反応は出ているけれど、それが悪いものを出していて、この1週間で体が劇的に改善されたのが分かる。

このまま鍼と漢方薬を続けていく方向で、進めていこう。

ハイヤーセルフと繋がろう

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

ギフト・オブ・スピリットのセミナーを開催しました。

受講された方には、ありがとうございました。


20140427ギフト・オブ・スピリットは、チャネリングの入門クラス。

色々なエクササイズをやりながら、チャネリングの回路を開いていって、ハイヤーセルフと繋がるという内容だ。

さらにハイヤーセルフと一緒に、次元を旅したりもする。

そこで色んな存在に会って、お話したりもして、とても不思議で面白いクラス。


セミナー中、はじめてハイヤーセルフと受講生さんが繋がる時は、いつも感動がある。

はじめのうちは「出来ない」「よく分からない」と言っていた人も、何回かやるうちに、段々と感覚を掴んでいって、出来るようになっていくので、このクラスは何回セミナーしても、いいものだな〜と思う。


ハイヤーセルフは自分の全てを知っているような存在であり、自分の答えは、たいていそこにある。

チャネリングにあまり興味なかったとしても、自分の人生を最高のものにしたかったら、このクラスは学んでおいたほうがいいんじゃないかと思う。

ハイヤーセルフと繋がって得られるものは、とても大きいです。


★受講生さんのご感想

「長丁場で色々やりましたが、それだけに、色々な次元に旅して色々なものが見られました。結構疲れました。楽しくて幸せなのですが。ハイヤーセルフとのつながり方がわかり、これからそのつながりを強めていきたいと思っています。ありがとうございました。」

「ギフトオブスピリットを受講し、様々な次元を体験すると共に、場を安定させる事の大切さを改めて学びました。また、瞑想前のサイクルブリージングの色々な活用法なども知る事が出来、とても心地よく、勉強になるひとときでした。ありがとうございました。」

★ギフト・オブ・スピリットの詳細と受講については、オフィスナナミのサイトをご覧ください。
 オフィスナナミPC用サイトはコチラ
 オフィスナナミ携帯用サイトはコチラ

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

昨日に引き続き、微熱と鼻づまりが続く。

なかなか抜けてくれない。


明日はちょっと大変な仕事があるので、観念して、病院に行って、薬を貰ってきた。

薬は飲みたくないけど、少しでも、ベストコンディションで仕事したいからね。


そして、具合悪いから、どうしようか悩んだけど、思い切って行って、カバラ3のアセンションを受けて来た。

道が見えたなら、前に進むしかない。

新たなテーマに突入だ。


行って良かったみたいで、アセンション受けたら、スッキリした。

その後、お友達とお茶して、お喋りして、これでもスッキリした。


そこでタロットもやって貰ったら、私が進むべき新たな道が見えてきた!

まったく想像もしていなかった世界だけど、切り開いていきますよ〜。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

一晩中、レイキしたからか、喉の腫れと痛みは、ほとんど引いた。

やっぱりすごいなー、レイキ。


しかし症状が変わってきて、今度は、ものすごい鼻づまりになった。

鼻をかむと、膿みたいな鼻が出る。

熱は相変わらず、37度〜38度を行ったり来たり。


体から悪いものが出ているのが、よく分かる。

これは典型的な浄化だ。


夜になって、急に元気が出たので、衣替えをした。

何もこんな具合が悪い時に、やらなくてもよさそうだけど。。。

洋服は、要らないのを処分して、スッキリ。

体も早く、スッキリしたいわ。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

好転反応が、だいぶ落ち着いてきた。ふ〜。

セッションしたりなど、お仕事をして、これでいつもの生活に戻れるかと思いきや!


昼間に「ん?なんかちょっと喉が痛いな」と思った。

夜には、喉が腫れて、痛くなった。

そして発熱した。


これって風邪?なんで??


後から分かったことだけど、これは漢方薬を飲み始めたことによる好転反応だそうだ。

体の中から熱を発して、悪いものを出そうとしているらしい。


とにかく喉が痛いので、レイキでセルフヒーリングしながら寝た。

一難去って、また一難だわ〜。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

昨日に引き続き、好転反応中で、体の中から要らないものが出ていく。

これが、めちゃめちゃ痛いのだが、薬を飲まずに耐える。

出し切れば、楽になるはずだ。


でも耐えきれないので、お友達に、レイキで遠隔ヒーリングして貰った。

その間は痛みを忘れて、ぐっすり寝ることが出来た。

やっぱりレイキは素晴らしい!

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

昨日受けた鍼の好転反応が、さっそく出てきた。

体の中から、要らないものが出ていく。

言葉にするとサラッとしたものだが、実際に出すのは、辛く苦しく痛いものだ。


内科では「鎮痛剤を飲まないように」言われた。

鎮痛剤を飲むと、体から出すべきものを、出し切れないまま、残してしまうのだそうだ。

それが、もう長い年月続いて、かなり溜まっているので、どこかで出す必要があるという。

だから痛いのをこらえて、薬を飲まずに耐えた。


今まで飲んでいた薬をすべて、飲むのをやめたことを、体が喜んでいるのが分かる。

だけど、たまに腰が痛くなるので、これは今まで、だいぶ薬で抑えていたようだ。

でもそれでは根本的に解決していかないと思うので、痛みを抑えるのではなく、根本から治していく方向に切り替えていこうと思う。

カテゴリ:
ヒーラー&ロックギタリストの桃井七実です♪

お客さんの紹介で、鍼灸院に行き、鍼を打って貰った。

そして、恐るべきことが発覚した。

それは、昨年入院してからずっと飲み続けている薬が、別の病気を悪化させているということ。

多分そうじゃないかな〜?と、薄々は思っていたんだけど、他人からハッキリ言われるとショックなものだ。


このまま飲み続けていたら、薬に殺される。

そう判断したので、今まで飲んでいた薬を飲むのは、止めることにした。


自己判断で薬を止めて、大丈夫かどうか分からないけど、手術して退院してから半年近く経つのに、それから一度も検査などはせず、ただ薬だけが大量に処方されることには疑問を感じる。

前回の診察で「もう痺れは無いから、痺れ止めの薬は要らないです」と言ったのに、処方されていた。

症状が無いのに、なぜ薬を飲む必要があるのだろう?

いつまでも変わらず、こんな大量の薬を飲んでいるのはオカシイと思うのだ。


鍼灸院では「それは、いつまで腎臓が持つか、人体実験されているんだよ」と言われた。

胃と腎臓に相当、負担がかかっているらしい。

私の体、大丈夫かな〜?


鍼灸院で、漢方薬を処方してくれる内科を紹介して貰ったので、そちらも受診して、いい機会だから思い切って、東洋医学に切り替えてみることにした。

今までかかっていた病院は、来週受診するので、とりあえず1週間、今までの薬を止めてみて、その結果をみて相談してみよう。

このページのトップヘ

見出し画像
×