アーカイブ

2010年01月

カテゴリ:
2/3(水)20時から、高円寺にある稲生座というお店で、青木ケンのバックで、アコーディオン弾きます。

ライブチャージ:1,570円
さらに、ワンドリンクオーダー(500円〜)して下さい。

演奏は、50分位。

アコースティックなので、聞きやすい音楽です。

ゆったり椅子に座って、落ち着いた感じで過ごせます。

お時間ある方は、ぜひ、聞きにいらして下さいませ。

カテゴリ:
先週のアデプト・プログラムの時に、受講生さんが「最近、222ばかり目に付くんですよ」と仰ったので、驚いた。

なぜなら、私もその時は、やたらと「222」ばかり目に付いていたからだ。

数字のゾロ目は、このブログで前にも紹介したけれど、天使からのメッセージだと言われている。

数字によって意味が違うので「222って、どんな意味だっけ?」と訊ねたら、「奇跡が起こる5分前らしいですよ」と受講生さんは教えてくれた。

奇跡が起こる5分前?

一体、何が起こるというのか?


この時、私は、ブログに書いたとおり、変革すべきか、否か、とても悩んでいた。

具体的には、引越すべきか、否か、考えていた。

私は引越魔で、今の部屋で、15件目だ。ここにきて、もう4年もたつ。私にしては、一箇所に長く住んだほうで、そろそろ動きたくて、ムズムズしてくる。

3月末に部屋の契約更新があるので、更新料を払うなら、引越したほうがいいかな?と考えていた。

色んなところに住んでみたいので、代々木からは出るつもりでいた。

でも、他に住みたいと思う土地が、ない。

引越をして環境は変えたいけれど、どこに行けばいいのか、自分から欲求が出てこない。

行く先が見つからないなら、引っ越さないほうが、いいのかな?

それとも、奇跡が起こって、いい土地および物件と出会えるのだろうか?

こういうのは、考えていても答えが出ない。

転がしてみないと。

ということで、とりあえず、引っ越すなら、いい方位じゃないとイヤなので、今月の祐気方位で物件を探して、昨日と一昨日は、内覧に行った。実際に引越しなくても、内覧することが祐気とりにはなるしね。

いい方角で、2日間、4件の不動産屋に行き、物件を見た。

これが、ことごとく、すごかった。

図面上の家相では、ダメージが極力少ない物件を選んで、内覧しに行ったのだが(ダメージが無い物件は、マンションには、ほとんど無い)、どの物件も、行ってみないと分からないダメージが大きかった。

物件の真南に井戸があったり。1階が全て駐車場だったり。本命方位にだけ地下室があったり。物件の目の前がソープランドだったり。

こういうのも図面に書いておいてくれたら、いいのになぁ。そうしたら絶対、内覧しに行かないよ。

これだ!という物件には出会えず。奇跡も起こらず。

内覧して帰ってくるたびに「いまの部屋って、いいんだなー」とか、「代々木って電車5線利用できるし、新宿まで歩けるし、便利だよな」と、今の良さを噛み締めて。

悩みに悩み、考えに考えて、結局、引越は止めることにした。

グルっと一周回って、帰ってきちゃったような感じでもあるが「もう少しこのまま、代々木で活動するぞー!」と心に決め、今の部屋を、より快適にするために、昨晩から部屋の模様替えを始めた。

そして今日、すてきな情報を聞いた。

あれが、代々木に引っ越してくるというではないか!

それを知っていたら、私、引越しないよ(笑)

引越しをやめて、代々木に留まると決めたタイミングで、この情報を聞くというのが、なんともイジワルな試されている感じもするが、奇跡が起こる5分前は、本当だった。

ここ数日の変革の嵐、グルっと一周回って帰ってきた意味が分かり、気持ちが、やっと着地した。

新たな展開に向けて、模様替え、がんばるぞ。

カテゴリ:
もうすぐ節分。

この時期の、オススメは、気学鑑定です!

何故なら、旧暦で暦を見る気学では、節分が1年の境目になります。

つまり、旧暦では、もうすぐ新年なんです。

新しい年を迎える前に、または迎えてすぐに、今年1年間の運勢や、気をつけたほうがいいことなどを知っておくと、1年間が過ごしやすくなりますよ。

さらに気学では「祐気とり」という開運法があります。このブログにも、ちょくちょく登場する言葉ですが、これは、いい方角へ出かけて、いい気を吸ってくる方法です。

気というのは、常に動いています。

いい方角は、人によって違いますし、毎月変わりますが、旅行に出かけたり、ちょろっと遊びに行ったりする時に、「いい方角」に行くようにするのが、祐気とりなんです。

私は2003年から、毎月少なくても1回は、祐気とりを実践しています。

と言うと、仰々しい感じがしますが、休みの日に、旅行や遊びに行くだけです。それで開運できるので、一石二鳥です。

気学鑑定では、この祐気とりの方法も教えています。

<気学鑑定の料金>
30分・ 5,000円
60分・10,000円
90分・15,000円

個人の方ですと、今年1年間の運勢と、1年間の祐気とりの方法をお伝えして、30分で終わります。

適職を知りたい、結婚や転職に適した時期などを知りたいなど、他にご質問があっても、だいたい、60分で終わります。

1/29(金)〜2/26(金)まで、気学鑑定を受けて下さった方には、ささやかですが、岩塩をプレゼントします。

運勢を知りたい人、開運したい人は、この機会に、ぜひ気学鑑定を受けてみて下さい。

天の時・地の理・人の和を得て、人生に、よりよい流れを作りましょう。

山手線一周ゴミ拾い★その15・御徒町→秋葉原

カテゴリ:
本日の参加者2名。ありがとうございます。

御徒町駅北口から、秋葉原に向かって、ゴミ拾いをしていった。

参加者2名のうち、1人はガム取りが専門で、1人は始発で来ても到着するのが6時40分。

つまり、6時40分まで、ゴミ拾い隊員は、私1人。

御徒町駅の改札を出てから、道路に出るまでの、ほんの数メートルの間が、吸殻だらけだった。

いつもは改札出てすぐの、こうしたゴミも拾っているんだけど、きっちり拾っていたら予定時間に終われないと判断し、この駅構内は、駅の人がお掃除するのに任せることにして、道路からゴミ拾いを始めた。

線路沿いの道路を進んでいった。たいして広くない道だが、道路の両側に吸殻が捨ててあるので、まっすぐ前に進めない。ジグザグに進んでいく。

うーん。このペースで進んだら、いつ秋葉原に辿り着くか分からない。

なので道路にある全てのゴミを拾うのは諦め、まっすぐ進みながら、時折ジグザグに、量が多いところを拾うようにしていった。

駅前を抜けたら、かなりゴミがなくなった。大きな通りに出るまでは、ほとんど無かった。

そして通りの信号を渡り、秋葉原の駅前にきたところで、植え込みのゴミが増えていった。道路はキレイなんだけどね。

この辺りで、途中から参加された人と合流した。

駅に近づけば、近づくほど、ゴミが増えていく。

歩道側から捨てているゴミも多いが、車道側から、つまり車から捨てられているゴミも多い。

「時間、あと10分ですよ。」と、参加者さんが声をかけてくれた。

秋葉原駅が、目の前に見えているから、もうすぐ終わり。楽勝でしょう・・・。と思ったら、またまた甘かった。

セブンイレブンの前にある植え込みは、セブンイレブンのセロテープが貼られた食べ物・飲み物の空き容器、たまに中身が入った容器、包み紙だらけだった。

セブンイレブンの前に、ゴミ箱が無かったので、ここで買ったものを、すぐ飲み食いして、植え込みに捨てていくのだろう。

蓋が開いていて、ほとんど中身が残っているカニ缶が、捨てられていた。これを捨てた人は、なんのために、これを買ったのだろう?

この辺りの、植え込みのゴミを拾うのに、思った以上に時間がかかり、7時半になってしまったので、駅前ロータリーのゴミは、きっちり拾えなかった。

サクサク歩きながら、パっと目に付いたのだけ拾うようにして、秋葉原駅に到着。

御徒町〜秋葉原ゴミ拾い3人で拾って、燃えるゴミは、30リットル3袋。

缶・瓶・ペットボトルは、30リットル1袋。

これにて、山手線ゴミ拾い、半周達成!

参加された皆様、おつかれ&ありがとうございました。

カテゴリ:
お客様からのプレゼント。巻くだけダイエットの、chihiroバンドを頂いた。

バンドの使い方が詳しく書かれた本も、一緒に頂きました。ありがとうございます。

これで痩せられたら嬉しいな。

ザっと本を読んだところ、体の歪みを整える方法らしく、痩せること以外にもメリット多そう。実践するのが楽しみだ。

カテゴリ:
昨日今日は、アデプト・プログラムを開催した。

新たにアデプトのイニシエートになられた方には、おめでとうございます。光が今までの10倍になるので、これから、どういう変化が現れるのか楽しみですね。

ここのところ続いている改革の波が、このプログラム中にも、随所に現れて面白かった。私も、たくさん学ばせて頂きました。

そして、もっともっと、自分らしさを表現していこうと思ったよ。

自分の今後も、楽しみ。

カテゴリ:
私が希望する現状生活の大きな変革は、とりあえず悩み中のまま置いといて、すぐに出来る細かい改革に手を付け出した。

すると、改革したいことは、自分が思った以上に、たくさんあることに気付いた。なんだか、やること一杯、出てきた。

右に行こうか?左に行こうか?大きく悩んだ時に、以前は割と、シンクロがあったり、導かれるような強烈なサポートがあったりなどして、見えない存在たちから方向が指し示されているのを感じたものだが、ここ数年は、そういう感覚が、あまり無い。

どちらかというと「自分のことは自分で考えろ」って感じで、依存したり頼ったりすればするほど、ドーンと突き落とされる。そして谷底に落ち、モヤの中をさまよいながらも、なんとか自力で答えをみつけ、這い上がっていった時に「おめでとう」と言われるような感じ。

碇シンジが、色んな人から「何を願うの?責め」されて、自問自答して、自分から答えを出した時に「おめでとう」って言われたのに似てる。まぁ、たしかに、答えは自分の中にしかないもんね。

今日、来られたお客様は「東京の人に親切にすると、舌打ちされる」と仰っていた。

お年寄りに、手を貸そうとしたり、電車の中で席をゆずろうとして声をかけると「チッ」って、迷惑そうに舌打ちされて、親切を受け取ってくれないんだって。

私は驚いた。何故なら私は、同じ東京の人に親切にして、感謝されたことはあっても、舌打ちされたことはないからだ。

親切にしようとして、舌打ちされるなんて、可哀想。きっと私だったら、傷ついて、へこんじゃって、「二度と親切にするものか!」って思うだろうな。

お客様は「人に親切にしたくて、親切にしているので、舌打ちされても、メゲずにやり続けている」と仰っていたが、その心意気、あっぱれです。

これもまさに、自分が「何を願うか?」だね。

カテゴリ:
今月は、ゴミ拾いで艮の祐気をとりまくったからか、はたまた、キャッシュフローゲームで自分を見つめ直したからか、現状を改善しようとする波が、ドワッとやってきた。

自分では満足しているつもりだったことが、よくよく見直すと、不満を感じていることに気付く。日々の生活に追われているうちに、不満に対して、麻痺しちゃうんだろうな、きっと。

しかし、変革すべきか、否か、悩む。なぜなら、大きな変革になるからだ。

こんなに悩んだのは久しぶり。考えが、堂々巡りで、止まらない。

カテゴリ:
ゴミ拾いメンバーから、お土産で、芸事上達!弁財天の携帯ストラップ御守を頂いた。

ちょうど、去年つけてた携帯ストラップ御守を、初詣の時に神社に返して、次につけるのが欲しいと思って、探していたところなんだよね。

今年は、音楽活動を充実させようと思っている私に、ピッタリの御守だ。ありがとう。

ゴミ拾いから帰ってきて、軽く仕事してから、ジムに行った。

太極拳をやるつもりで行ったのだが、微妙に遅刻してしまい、スタジオに入りそびれたので、別のスタジオで、ベリーダンスのクラスを受けた。

初めてやってみたが、細かい動きが多くて、難しい!

一緒に受けた人が「私は2年位やってるんだけど、最初は全然、細かい動きが出来なくて、でも2年くらいやると出来るようになってくる。」と言っていた。

2年かかるのかー。結構、面白かったので、時間が合えば、また受けてみようと思う。

それから一度、帰宅して、家中を掃除してから、アコーディオンをかついでスタジオに出かけ、バンドリハーサルをした。

なんだか今日は、芸事満載だねぇ。さっそく、御守の効果かな?

山手線一周ゴミ拾い★その14・上野→御徒町

カテゴリ:
本日の参加者4名。ありがとうございます。

上野駅入谷口から、御徒町に向かって、ゴミ拾いをしていった。

上野−御徒町の区間は「ゴミが多くて大変だ」と、前々から聞いていた。

特にアメ横は「ゴミ拾いしに入ったら、出られない」と聞いていたので、なるべく負担の少なそうなルートを選んだつもりだったが、まず上野の駅周辺が、吸殻だらけで大変だった。

普通にポイ捨てされているのに加え、上野から御徒町までは、道路がタイルになっていて、そのタイルとタイルの間の溝のところに、吸殻や爪楊枝や、入り込んでいる。これをトングで、ほじくって出して取るのに、時間がかかった。

割と丁寧に拾い進めていたら、上野駅の入谷口から正面玄関口に辿り着いた時には、6時半だったか?7時だったか?忘れちゃったけど、とにかく「え?もう、こんな時間?!まだ上野駅から出ていないのに!」という状態だった。

このペースで拾っていたら、上野駅だけで終了時間になってしまう。

ガッツリ取って、終了時間オーバーするか。
サックリ取って、終了時間を守るか。

悩むが、ゴミ拾いの後に仕事に出る人も多いので、時間を守ることにし、そこからはピッチをあげ、細かいゴミは目をつむるようにして進んだ。

通り沿いの植え込みには、結構ゴミが捨てられていたが、大きいのだけ取るようにした。ゴミを取りきれなくて残念だが、この少ない人数で、これだけのゴミを、よく拾ったと思う。

上野〜御徒町ゴミ拾い御徒町に、7時半に到着。

5人で拾って、燃えるゴミは、70リットル1袋と、30リットル1袋。

ゴミをまとめている時、私が持っていたゴミ袋から、煙が出て、袋に穴が開いた。火が点いてる吸殻を、うっかり入れてしまったようだ。

缶・瓶・ペットボトルは、30リットル2袋。

缶・瓶・ペットボトルと、吸殻、爪楊枝が多かった。

参加された皆様、おつかれ&ありがとうございました。


朗報。

NPO法人環境まちづくりネットのサイトに、この山手線一周ゴミ拾いウォークラリーが、カテゴリとして採用されたそうです。

ゴミ拾い活動をしている色々な団体に参加して、ガム取りをされている人が、活動記録を書いてらっしゃるサイトなんですけど、カテゴリとして採用する団体さんは、そうそうないとのことで嬉しいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×