アーカイブ

2009年06月

カテゴリ:
ホームページに、お客様の声を載せて。

ホームページの、直したいところを、直して。

7月に開催するキャンペーンの情報を、ホームページに載せて。

それから、そのキャンペーンのことを、メルマガに書いて、発行したら、今日の仕事は終わり!

と思っていた。

しかし、これが、意外に、ボリュームあって。2時間くらいで終わればいいな、と思ったんだけど、とんでもない。

かなり集中して、かなりハイペースで、ガーーーーッ!!!っと仕事したにも関わらず、5時間くらい、かかった。

明日から「まぐまぐ」がメンテナンスに入って、数日間、メルマガが発行できなくなってしまう。

それで、なんとしてでも今日中に、メルマガ発行をしたかったので、ガーーーーッ!!!っと仕事をしたんだよ。いまいきダッシュのように。

メルマガの原稿が出来上がったのが、22時40分。

良かった、今日中に間に合った!と、ホッとしたのも、つかの間。

発行しようとしたら、発行できない!

オカシイ!


よーく見ると、発行者ログイン画面に「発行受付は、22時まで」と、書いてある。


ギャー。


まぐまぐからの、お知らせのメールには「7月1日0時より7月3日24時の間、配信機能を停止させていただきます。」って、書いてあったのに。その前に、停止してんじゃん。嘘つき。


ということで、今日中にメルマガ、発行できなかった。

まぁ、しょうがないけどさ。


あれだけ、ガーーーーッ!!!っとやったのに、「やりとげた!」という達成感が得られず、まっしろになっていく。

灰になるって、こんな感じ?

いまいきダッシュ!

カテゴリ:
人間関係や、スケジュールが

二転三転、当たり前!

調整につぐ調整で、せわしない。

レイキを習う前は、毎日が同じことの繰り返しで、変化なんて滅多にないものだと思っていたけれど。

今は、まったく逆で、変化は常にあるものだと思う。

ギリギリまで、いや、フタ開けてみるまで、何がどうなるかなんて、分からない。

去年の12月にやったライブが、その主たる例だろう。ステージに上がる本番直前1分前に、そのステージで一緒に演奏してくれるベーシストが決まるなんて、ありえないよな。結果オーライだったから、良かったけど。

そんな波乱万丈な時でも、心や振る舞いは“雅”でいたいものだが、どうしてもハラハラと、せわしなくなり、息つぐ暇がない。

そんな私の心の中を表すような、動画を見つけた。

何年か前のライブで、『今を生きよう/ミック入来 & The Bonsaw』。

ギターソロになると、ギタリストは、ステージの中央辺りに行って、客席に向かってソロを弾くというのが、通常だ。

しかし、この曲では、ギターソロになったら、ギタリストは、端に、どかなければいけない。

なぜなら、ステージの中央辺りに、お客さんが飛び込んでくるからだ!



右端でギターを弾いてるのが私。

この時は人数少なめだけど、多い時は、10人くらい、飛び込んできて、本当にステージに居場所がなくなるし、足は踏まれるし、振り回してる手は当たるし、モミクチャになるんだけど、10人くらい並んで、ダッシュしてる姿は、圧巻だ。

これを「いまいきダッシュ」という。

この、ダッシュしている姿が、私の心の中を表しているようでもある・・・と思ったのだが、それは、今を生きてるってことで、いいんでしょうかね。

カテゴリ:
ウチから、300メートル南南西に、明治神宮の本殿がある。

近いので、ウチに来られるお客さんに「お参りしに行くといいよ」と勧めてる割に、自分は全然、行ってない。近いと、なかなか行かないもんだが、たしか初詣以降、一度も行ってないと思うので、ガイドになったことだし、その報告と御礼をしに、久しぶりに、お参りしに行った。

神宮では毎日、多くのカップルが、結婚式を挙げている。お参りに行くと、新郎新婦と親戚一同が、列をなして歩いてるところや、記念撮影をしているのを、よく見かけるものだが。

今日、見かけた新郎新婦は、なんと、グッドニーさんと、映子さんだった。羽織袴に白無垢、素敵だった。参列されていた方々も、素敵な装いで、ウットリだ。

写真撮影している新郎新婦に「おめでとう」と、声をかけることが出来た。良かった。

カテゴリ:
去年一緒にチャネリングを習って、先日一緒にガイドになった仲間が、急遽、遊びに来てくれた。

自分の部屋に、私を含めガイドが3人いるってことだけでも、なんか、凄かったが。

「お互いにチャネリングをしあおう」ということで集まり、チャネリングしあったので、当然ながら、それぞれの、チャネコンのエネルギーが降りてくる。

私は、サラスヴァティだけど。

お友達のチャネコン、1人は阿弥陀で、1人はゼウス。

東洋と西洋のコラボ!自分の家に、鎌倉の大仏と、ギリシャ神話の最高神が、いっぺんに来ちゃったんだから、大変だ。

エネルギーすごかったー。昨日に増して、目、グルグル回したね、あたしゃ。

2人から、チャネリングしてもらった。2人とも、すばらしいセッションだった。すごい気付きと、発見があった。エネルギー調整もしてもらった。

逆に、私がチャネリングさせてもらったことで、サラスヴァティは、非常に陽気な姉さんだというのが分かったりもした。

得られるものが多かった。感謝感謝。

お2人が帰ってから、夜は、気学をした。

そこで面白かったのは、本に二黒土性の説明で「南無阿弥陀仏」という言葉が出てきて、三碧木性の説明では「雷」が出てきたこと。

阿弥陀の、名前がそのまま出てきてるし。雷といえば、ゼウスだ。

これって、偶然??

いや、違うよね。きっと、このタイミングで、こうなるように、仕組まれてるよね。

帰った後も、こんな形で、アプローチしてくるとは・・・。阿弥陀さん、ゼウスさん、ありがとうございました。

カテゴリ:
祐気とりしに行って、勉強に没頭した。

学びのスピードが、えらい勢いで加速している。

人間関係も、えらい勢いで変化している。

目が回りそうに、フラフラするのは、エネルギーによるものなのか、はたまた貧血なのか。

この、ヘロヘロな感覚が、楽しくもある。

カテゴリ:
楽しかった、お箏の講座も、今日で最終回。

今日の内容は、成果を見せる、発表会!

下に、YouTubeの動画を貼り付けます。携帯から、どう見えるか分かりませんが(表示されないかな)

旋律を弾いている左3名が受講生、一番、左端が、私。
伴奏を弾いている右3名は先生です。










今までの、2時間×6回の講座(しかも無料)で、ここまで弾けるようになれたのは、素晴らしい先生に指導してもらえたお陰。

「仰げば尊し」を演奏中、ちょっと、グっときた。この曲は、講座の中で一度も弾かなかったし、指導も受けなかった。だけど先生に、感謝の気持ちを伝えたいということで、この曲を演奏しようと、一緒に演奏した人達と決めた。

それで先週、講座の後に居残りして、今日も発表会の前に早くきて、弾けるように猛練習した。

感謝を表すのに「ありがとう」という言葉も大切だけど。こういう場合は、してもらったことに対する結果や成果を出して、見せてあげることが、一番、伝わると思うしね。

発表会の最後に、先生の、ものすごい演奏を聞かせてもらった。今までに、教えてもらっていない、すごい技が、盛りだくさんだった。

先生、かっこいい。私も、極めたい。

講座が終わったからといって、ここで、箏を、やめる訳には、いかなそう(笑)

母が、ひいおばあちゃんの写真を持って、発表会を見に来たのも、偶然ではないのだろう。

母から「お箏の発表会なのに、なんで、あなた達のグループだけ、歌も入ってるの?」と質問された。それは、お箏が弾けなかった時に「歌って、ごまかす」という裏技なんだってば。

発表会が終わって、最後に、修了書を頂いて、講座は終わった。

箏を弾くのは、本当に楽しいので、今後も弾き続けて、日本の伝統を、引き継いでいきたいと思う。

カテゴリ:
本日、私は、ロッキーマウンテン・ミステリースクールのガイドになりました。

すっごい、嬉しい。自分がなれたことも。去年、カバラやチャネスクで共に学んで泣いた仲間達と、一緒になれたことも。

これからますます、たくさんの光が、降ろされていくことでしょう。

個人的には、新たな旅が始まった、という感じ。

新たな旅路が、どうなるか?なんて全く分からない。だけどゴールを目指し、道程を楽しんで進みます。

今後とも皆様、宜しくお願いします。

カテゴリ:
レイキの受講生さんの、英会話の先生(カナダ人)が、レイキを習得されているそうだ。

それで、レイキ発祥の地・日本にやってきて、英会話教室で、日本人の生徒さんに「俺はレイキを習得している」と言ったけれど、皆、きょとんとしている。

期待してた反応が、ない。おかしい。

もしかしたら日本では、レイキのことを、レイキって、言わないのかもしれない。

そう思ったらしく、受講生さんに「レイキって、日本語では何て言うんだ?」と訊ねてきたそうだ。

「レイキは、日本語では、レイキだ」と答えたそうだけど。ビックリしただろうな。

イギリス人も、こういうことが多い。日本人は、全員レイキを習得していると思っているか、または習得していなくても「日本人なら、レイキを知っていて当たり前」と思っている人が多い。でも日本に来てみると、多くの日本人が、レイキという単語自体知らない、ということを知ってビックリする。

どこの国の人か分からないけれど、外国人ばっかり集まるバーで「私はヒーラーをしている」と言うと「レイキか?」と聞かれることが多い。

ホテルから「外国人の宿泊客が、レイキを出来る人を探していまして・・・」と電話が、かかってくることも、しょっちゅうある。

海外の人たちに、レイキは、こんなに知られていて、求められているのに、発祥の地である日本では、逆輸入されてから15年以上経っても、いまだ、あまり知られていなくて、一般的でないのは、不思議なものだと思う。

カテゴリ:
チャネリング・セッションの時、サラスヴァティは、クライアントさんに対して、優しく親切だと思う。割と細かいところまで話をする。

だけど私に対しては、そうじゃない。あんなに、おしゃべりなのに、私に対しては端的に、メッセージがあったとしても、一言だけってことが多い。

ここ数ヶ月、自分が停滞しているのを感じていて、解決策が見つからず、今月のアタマに、チャネリングをして、それがどうしてなのか?どうしたら脱却できるのか?サラスヴァティに相談してみた。

そうしたら、たった一言、ボソっと

「詰まってるから・・・」

オーケイ、オーライ。その一言で、よ〜く分かった。

私には「やらなきゃな」とか「やりたいな」と思っている作業が、手付かずのまま、または手は付けたけど中途半端な状態のまま、いくつか溜まっている。

これらを片付けないと、次にいけない、と彼女は言いたいのだろう。

それで奮起&観念して、出来るところから、作業して、その、いくつか完了させたところで、私の中で何かが弾け、停滞していたのが動き出し、流れが変わった。

チャネリングって、言葉を伝えるだけじゃなくて、エネルギーを伝えて変容をもたらすものなんだなって、改めて思った。

モッフル・チーズ乗せ

カテゴリ:
1日中、講座をした。すっごく深い話もして、終わったら、久しぶりに、魂抜けたー。

モッフルそんな私を癒してくれたのが、これ。休憩中に、受講生さんが作ってくれた、モッフル。

ワッフルメーカーに、餅をいれて、焼く。

餅好きの私には、たまらない。


モッフル・チーズ乗せ焼けた餅に、とろけるチーズを乗せて、とろけたところで、頂く。

これは旨い!!

しかし、食べ終わる頃、餅にくっついて、歯に詰めてた銀が、とれちまった。

九紫の尅気が出たのかな。

どこが悪いわけじゃないけど、祐気とりのため、年に1回は行ってる歯医者に「行きたいな」と思っていたところなので、ちょうど良かったのかもしれない。

どこか悪くなきゃ、なかなか行かないもんね。

このページのトップヘ

見出し画像
×