アーカイブ

2009年04月

カテゴリ:
アコーディオンで、スタジオ練習に入った。

ようやく、アコーディオンを弾くことに慣れてきた。コード譜から離せなかった目も、少しずつ、アオケン(ボーカルギターのお兄さん)を見ることが出来るようになってきた。

すっかりコード譜を見ながらやる癖がついてしまって、見ないと、演奏出来ない。これがネックだ。

最近、読んでる本には、暗記するには「シータ波がよい」と書いてあるので、いい機会なので、本当に覚えられるか、試してみようと思ってる。

それとは別に。「こういう風に弾いて」という指示は、ほとんど無いので、自由に弾いてるんだけど、どうも、私が出している音は、アオケンが望んでいる音じゃないような気がする。

なんか、いまいち。私に何を望んでいるのか、どういう世界を表現したいのか、掴めない。

練習が終わってから、ふと世間話で「旅行って、どんなところ行った事ある?」と聞いてみたら、色々行ってて、一番気に入ってるのがアイルランドで、それっぽい音楽をやりたくて、今回はアコーディオンとバイオリン(正確にはフィドル)を誘ったと言う。

なーんだ。アイルランドの風を吹かせれば良かったのか!

ひょうたんから駒だった。これで感じが掴めた。

だけど。

私は、アイルランドの風を、吹かせられない(涙)

これから研究するナリ。

カテゴリ:
気分転換&祐気とりしに、近所の銭湯に行った。

広いお風呂に、ゆっくりつかって、ノンビリしたいところだが。ここのお風呂は、いつ来ても、熱いのだ。

45度。

私は、38度くらいの、ぬる湯が好きだ。40度だと熱い。45度だと、血の池地獄に感じる。

温度計を見た時点で、無理なのは分かってるけれど、せっかくなので、浴槽に入ってみた。

ギャー、熱いー、痛いー。皮膚がヒリヒリする。

つかるのは、20秒が限界だ。出たら、肩から下が、全身真っ赤になっていた。

これ、火傷じゃないのか?こういう場合、どうやってレイキかけたらいいんだ?

と考えているうちに、赤味はみるみる引いたけど。

おそろしかった。

カテゴリ:
昨晩、ワウとフェイザーを買った。

と言っても、何のことやら、分からない人のほうが多いのかもしれないけれど。ギターで使う道具です。

どっちも持ってはいるんだけど、物足りなく感じていたのが、ついに爆発した。

ワウは、16歳の時に買ったJEN の CryBaby を、ずっと使ってきた。

しかしワウの「ワ」が、もうちょっと、口を大きく開けて「ワ」と言って欲しいのだが、踏み込みとかかり具合を調整しても、ピークの「ワ」が、私が欲しい「ワ」まで届かない。

ポットを好みのものに交換すれば解決するのかもしれない。だが私は、分解は好きなくせに、仕組みは、よく分からなくて、改造は出来ないので、JIM DUNLOP のを買った。

思いっきり「ワ」と言ってくれて、今まで感じていた、もどかしさが無くなった。

フェイザーは、ACアダプターが使えないのと、ビブラートが一緒についていて、フェイザーのペダルを踏んだ拍子に、隣にあるビブラートのペダルも一緒に踏んでしまったりするので、イライラするので、フェイザー単体にしようと思った。

それで、MXR の PHASE100 を買った。当たり前だが、MXRは、MXRっていう音がするから好きだ。

これで、だいぶ、エフェクター快適環境が整った。自分が表現したい音を、ストレスなく表現できるのは、非常に嬉しいものだ。

カテゴリ:
スキルアップ会を開催した。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

スキルアップ会では、何をやるのか、毎回決めていない。参加した人達に合わせた内容になるんだけど、回を追うごとに、内容が濃厚細密になっているので嬉しい。

今日は比較的、色んなテーマについてやった。その中でも、あまり話す機会のない、波動変換装置と、意志力と、シータ波について、詳しくやれたのが良かった。

あっという間の、3時間だった。

カテゴリ:
今日も充実したなーと思った、1日の終わり。

急に、ものすごい寒気がしてきたので、風呂に入って温まったら、今度はフラフラして、どうにも動けなくなってきた。

布団に入って、熱をはかったら、38.4度。

さっきまで何ともなく元気一杯だったのに、いきなり、どうしたんでしょ。

一昨日、祐気とりしに行ったから、なにか尅気が出ているのかもしれない。

布団に入ったけど、体が熱くて、眠れない。そのうち体のコリがキツクなってきたので、マッサージ機で、モミモミした。それで楽になって、うとうとすることは出来た。

うとうとしながらも、明日の仕事が気になる。このまま熱が下がらなかったら、仕事するの厳しいので、仕事が始まるまでに、熱を下げると決意する。

それで、うとうとしながらレイキしてたら、翌朝、36度台まで下がった。

あー、良かった。

カテゴリ:
お天気がいい、休日の昼下がり。ふいごを操り、アコーディオンを奏でる。

なんて書くと優雅な午後に見えるかもしれないけれど、現実は、10キロ近いアコーディオンを担いで、スタジオに到着するまで、一苦労。

さらに、毎度ながら、約束の時間に遅れ気味なので、駅からスタジオまで、ダァァァァッシューゥ!!

米俵かついで徒競走してるようなもんだ。

エレキギターとエフェクターよりは軽いから、楽勝だけどね。

そんなこんなで足腰を鍛えてから、ライブに向けて、初練習した。

3月、人間椅子のライブで、和嶋さんが12弦ギターを弾いて、リバプールの風や、ウエストコーストの風を吹かせていたので。

私もアコーディオンで、ベネチアの風を吹かすぞー。

と思って、気分はベネチアの川を舟でユラユラしながら弾いてるつもりなんだけど、どうも私がやると、戦後昭和の風が吹くなぁ。

まぁ、ベネチアのカフェでやってるのとは、ジャンルも違うしね。

何曲か、バイオリンも参加するそうなので、ライブ楽しみだ。

カテゴリ:
締め切り日が近づいてきたので、今日はサイトのリニューアル作業に没頭したい〜ところだが、それが“邪魔”であることも分かっているので、適当なところで仕事を断ち切り、祐気とりしに行った。

行った先では、勉強をしたり、アコーディオンでやる曲のコード譜を整理したり、音源に耳を通してフレーズを考えたりなど、パソコンを使わない作業をした。

別に、そこで、やらなくても、いいんだけど。外でやると、集中できるんだよねぇ。

作業がはかどって、少しスッキリ。煮詰まってた気分も、少しアップした。さすが、祐気とり。

カテゴリ:
昨晩、帰宅してから、動けなくなった。

眠くて眠くて、たまらない。

それでも「リニューアル作業をしなくては・・・」と思って、パソコン画面を見たら、頭痛がする。

こういう、どうにも体が動かない時は、寝ることで調整をしたがっているようなので、体の欲求に、逆らわないほうがいい。

おとなしく寝るに限る。

ものすごく、たくさん夢を見た。朝になっても、夢を見足りなくて、眠いし、起きれないし、動けない。

宮下文書、そんなに強烈だったのかなぁ。

「えいやっ」と起きた。

美味しいものが食べたくて、インドカレー屋に行ったら、ベジタブルカレーに、葡萄が入っていて、美味しくて感激した。

これは好みが分かれそうだけど、ピザにパイナップルが乗っているのが好きな人なら、好きだと思うよ。

何度も通ってる店で、今日初めて食べたので、たまたま気まぐれで、作ったものかもしれないが、私は、かなり気に入った。レギュラーメニューになったらいいな。

カテゴリ:
ワークショップに参加し、宮下文書について教えてもらった。

参加するまで、それが何なのか、全く知らなかったけれど、なかなか興味深い内容だった。

今月アタマに、富士山の近くまで行ったのは、コレとの関係もあったのかな。古代好きとしては、もうちょっと突っ込んで知りたいので、本を読んでみようと思った。

カテゴリ:
昔から仲良くやってるバンド関係友達で、久しぶりに集まって飲んだ。

自分では、昔から何も変わっていないつもりだけど、煙草と酒がある場所に行くと、ダメージを受けるようになり、飲み会の席にいるのは、結構キツくなってきた。

ライブハウスや、パチンコ屋にいても、キツイと感じることが増えてきたので、いつの間にか、体は変化しているもんだね。

このページのトップヘ

見出し画像
×