アーカイブ

2007年06月

カテゴリ:
ひとめぼれして、衝動買いしました。さっそく足首につけてみる。

その時、隣にいた友人は「アンクレットって、色っぽいよね〜」と言ってましたが、私の足首は、いつの間にか、蚊に食われまくっていて、かきむしって、かさぶただらけのボロボロで。

色っぽいどころじゃない。

うーん、レイキしなくちゃな。

でも、かきむしったのは、なかなか治らないんだよなぁ。。。


何もつけてないと「あぁ、蚊に食われたのね」って感じで、素通りできるのに、アンクレット1つ、つけただけで、蚊に食われたところが、妙に目立ち、アンクレットが引き立たないのが、気になって仕方ない。

面白いね。同じ足なのに。

カテゴリ:
昨日、久しぶりに楽器屋さんに行き、楽譜や教則本をパラパラ見ていました。

そのお店は本が充実していて、ものすごーく、たくさんあるのですが、アコーディオンの楽譜と教則本は、たった3冊しかありませんでした。

しかも楽譜にある曲は、たいてい昭和歌謡か童謡です。

私はアコーディオンで、ジャズとかタンゴとか、弾きたいんですよ。そういうの、パラララ〜って弾けたら、優雅でカッコイイじゃないですか。

いかに勉強しにくい楽器か、思い知らされます。楽譜が豊富にある、ピアノやギターが羨ましいですな。

それからギターのコーナーを見ていたら「スピリチュアル・ジャズ」とか「ヒーリング・ブルース」という題名の教則本があり、なんかレイキの仕事してるみたい!と、思わずニヤニヤしちゃいました。

楽器の教則本に、そういうワードが使われるとは、これも時代の流れでしょうか?

でも、もともと音楽って、そういうものですよね。ソースはスピリチュアルから来てるでしょうし、演奏していても聞いていても、ヒーリングは起こりますしね。

んで、楽器見たりとかしてたら、ムラムラきて、ギターもアコーディオンもだけど、一番、弾きたいのは、やっぱりピアノなもんで、友達に電話して、友達の家に何年も置いてもらってるピアノを、そのうち、ウチに持ってきてもらうことになりました。

そうしたら、その友達は、一人目の、私のピアノ生徒になってくれるそうです(笑)

そういうのも、いいかもね〜。小さい時の夢は「ピアノの先生になりたい!」だったし。これでまた夢がひとつ、叶うかなぁと思うと、ワクワク。

今度は、バレルハウス・ピアノをマスターするぞ!と思うと、さらにワクワク。

バラバラになってた私が、続々と、帰って来てます。

カテゴリ:
数日前に、何か変じゃない?と書いたけど、調子狂ってる感じが続いていたのね。でも、何をどうすりゃいいのか分からない。

後ろの人たちにお伺い立てても、例によってシーンとしているので、モヤモヤし続けていたのだが、今日、答えが得られた。

図書館で借りてきて、明日、返さなきゃいけないんだけど、まだ1/3も読めていない本があって。今日中に全部、読むのは無理なので、パラパラっと読んでたら、ある文章が、目に飛び込んできた。

「ひとたび人間の身体を得たからには
 心を乱すような道にとどまっている時間などあろうか」


はい、仰るとおりです。

たった一度の人生、モヤモヤ過ごしていたら、時間が勿体ないです。

それを読んだ途端、モヤモヤしているのがバカらしくなり、どうでも良くなった。何も解決策らしきものは無いんだけど、調子狂おうがなんだろうが、自分の、やりたいようにやりゃいいかな、と。

だって、それでも全ては、上手くいってるし。

スコーンと気持ちが晴れたのだ。

んで、ちょいとミクシーでもチェックするかと見たら、上々颱風・花園神社、行けなくなったのでチケット1枚譲ります!という、書き込まれたばかりのトピックを発見。

え?え?え?これ欲しい!今年まだ上々颱風、見てないからストレス溜まってるもん。

でも知らない人にメール送るとか、ドキドキするし、え〜?どうしよう〜??でも、えいや〜!とメール送って、商談成立。前売り券1枚を、500円安く、譲ってもらうことになりました。

わーい、ラッキー!

と、ようやく、いつものノリを掴んで安心した。単純に、エネルギーが停滞してただけかなぁ。。。

第40回レイキ交流会

カテゴリ:
レイキ未経験の方からティーチャーさんまで、20名の方に、ご参加頂きました。ありがとうございました。

交流会は今回で、40回目の開催となります。まさか、こんなに続くとは思ってもいませんでしたが、ご参加頂いている皆様のお陰ですね。本当に、ありがとうございます。

レイキサークル40回目だからといっても、特別なことは何もなく、会の流れは、いつも通りです。まず皆さんに自己紹介して頂いてから、レイキサークルで、ウォーミングアップしました。

それからレイキマラソンをしました。3組に分かれて、お1人18分ずつ、交代でヒーリングを受けていきました。

記録を見る限りでは、18分って、今まで開催してきた中で最長時間です!落ち着いてヒーリングできますし、受けていても、かなり手ごたえがありました。

いつも、この位、時間が取れるといいんですけれどね。

今回のように、ベッドの数を増やして、ヒーリングの時間を長く取るか。

はたまたベッドの数を減らして、短時間だけど、多人数の人から一斉にヒーリングして貰うか。

毎回、悩むところですけれど、まぁ交互に、やっていきます。

レイキマラソンふと思いついて私は、レイキマラソンを受けている時に、すべてのチャクラに手を当ててもらうよう、お願いしました。

これ、今までにやっているようで、やったこと無いんです。

チャクラの脇に手が当たることはあっても、チャクラそのものに当ててもらうことは少なく、全てのチャクラに一斉に手を当ててもらったことも、無かったなぁと思って。

それでやってもらったのですが、エネルギーがグイグイ入って来て、まさにチャクラ全開!メチャ気持ち良かったですよ。

後日談になりますけど、その後しばらくは、欲しかったものを貰ったり、未整理の事柄を整理しおえたりなど、無理せず自然にパワーが沸いて、いい状態が続きました。

レイキマラソンで、下の方のチャクラも活性化したからか、思い描いたことが現実になるのが早いみたいです。やってみると、今まで、こうして貰わなかったのが不思議です。

これからは、これだ!チャクラ全開だ!と思いました。機会ありましたら、ぜひ皆さんも、試してみて下さいね。

なんか変じゃない?

カテゴリ:
花菖蒲明治神宮:御苑の花菖蒲です。昨日、行って来ました。清正のお水も汲んできたので、使ってみようと思います。

受付の人が、今年は睡蓮の花が咲かない、芽も出ていないと言っていました。どうしたんでしょうね。

光あれ

カテゴリ:
カラスめ!とか、虫め!とか。私の野菜を荒らして、頭にくるし、ムカつくんだけれども「でもなぁ」と考える。

カラスも虫も、そこに野菜があるから、食べてるだけだもんなぁ。私も目の前にあったら食べるしな。と思うと、ムカつく気持ちは一気に萎えて、自然の厳しさというか、なんというか、やるせない感じだけが残る。

光楽しみに、ココロを潤わせるために再開した家庭菜園なのに、次から次へと色んなことが起こって、いー加減メゲそうだ。

どんな状況にあろうと光を保つというのは、私の大きなテーマでもあるのだが。。。

なかなか難しい。

カテゴリ:
明け方「グェグェ」という異様な声で目が覚めて、声がする場所、テラスに行った。するとナスの前にカラスが3羽いた。私が近づくと逃げていったので、その時は、ただそれで済んだんだけど。

あとで目が覚めてから、野菜に水をやりにいったら、なんか、いつもと違う。実が大きくなってきていたナスが、ないのだ。

やられた!朝方、来ていたカラスに取られたみたいだ。

土曜日に、うどんこ病と、べと病で、葉っぱの手入れして。
日曜日に、泣く泣く農薬まいて。
月曜日に、エカキムシによる被害が出て。

前に野菜育てていた時は、病気になったこと無かったので困惑し、次から次へと、手がかかるなぁ〜と思いながら、昨日ようやく落ち着いて「あと2〜3日で初の収穫、ナスが食べれる」と思っていたところに、ヒドイ。

カラスに食べさせるために育ててるんじゃないぞ。あまりのショックに、泣いた。大切に育ててきたのに、ヒドすぎる。

夕方には、1本育ち始めていたキュウリも食べられていた。まだ私の、小指より小さい大きさだというのに。どうやって、こんな小さいのまで見つけて、食うのだ?どういう根性してる?

私の大切で神聖な場を、土足で踏みこみ、食い荒らしていくなんて許せない!と思いつつ、そういやテラスには、場を守るようなこと何もしていなかったので、レイキシャワーかけたけど、カラスにゃ効かないだろうなぁ。

習慣その5

カテゴリ:
ゴージャズな間母から注釈が入りました。16日から今日までの写真は、フォンテンヌブロー宮殿だそうです。ここを見て、ルイ14世が、ベルサイユ宮殿を造らせたそうです。

さて。表参道に通い続けたことで、浮上してきたトラウマを、癒す機会ができたわけですが、今回は、その嫌な思いした場所の前や近くを通ると、無意識に全身に力が入って硬直するということがなくなってきた。

この体が硬直するのも、気付かないうちに、習慣になっていたってことだよね。習慣って恐ろしいねぇ。それに慣れちゃうから。

ザっと自分を見返すと、習慣になっていて、でも癒した方がよさそうなことって、まだまだ他にも、たくさんあってウンザリする。とりあえず表参道ツアーは明日で終わり。通うのが習慣になりかけていたから、ちょっと寂しいものです。

習慣その4

カテゴリ:
ゴージャスな椅子こんなところで暮らしていたら、贅沢が当り前になってしまうだろうなぁ。

さて。前置きが長くなったけど、濡れ衣で補導された中学生の時の私が、傷つき、ショックを受け、そして腹を立てたまま、いまだ私の中に居座っている訳ですな。

はしょって書いているけど、ほんと、ヒドイ話なんだよ、これ。だから、その場所も嫌いだし、それに関わった全ての人が嫌いなままでいる。

ここで、それらが浮上してきたってことは、クリアにした方がいいのかな、やらなきゃアカンかなぁと思って、ようやく我らがレイキの出番。時間を超えて、この時の私にヒーリングをした。

すると、出るわ出るわ。自分でも忘れていたんだけど、その当時の遊び場:原宿〜竹下に関する嫌なことや、主犯の子に関する嫌なことが。

万引き濡れ衣事件は、それらの一端にしか過ぎないというか。その一端を引っ張りあげることで、自分の中から、こんなにたくさん未浄化なものが出てくるのかと驚いた。

中学生じゃね、癒すなんてテクニック知らなかったし。どう対処していいか分からなかったから、心にフタをして、押さえ込むことしか出来なかったし、もしかしたら、それが習慣になっていたのかもしれない。

普段は気付かないけれど、癒しを必要としている過去の自分って、いるんだね。5年間セルフヒーリングし続けてるのにね。

習慣その3

カテゴリ:
ゴージャズな間こちらもゴージャスですね。

さて。私が、原宿〜竹下通り〜表参道が嫌いな理由を、バッチリ思い出せた。

今から遡ること20年以上前、当時、中学生だった私は、誘われるがままに、友達何人かと一緒に、竹下通りに来てた。

当時は、そうすることが流行ってたというか「カッコイイ」みたいな感じだったんだよね。でも自分は、あんまり興味なくて。ヒマだったから友達に付いて行った感じだった。

竹下通りに入る前に、友達が「紙袋を買わなきゃ」と言い出した。何で?入れる荷物もないのに?疑問だったし、空の紙袋を提げて歩いている友達は妙だったけど、あまり深く考えずにいた。

その辺から記憶が曖昧になってくるのだが、その友達たちは万引きをした。

「キャー!カワイイー!」とかワザとらしい話をしながら、主犯の子が店内をうろつき、空の紙袋にゴゾっと、ほんとビックリするくらい大量にゴソっと、アクセサリーを入れてる場面だけ、鮮明に覚えている。

主犯とその連れ2人が、ガンガン万引きしていて、あと私と、もう1人か2人いたような気もするけれど覚えていない。

まさか万引きをするとは思っていなかったので、ビックリしたけど、でも「こいつなら、やりかねん」とも思ったかな。今から思えば、止めれば良かったのだろうけれど、見て見ぬふりしか出来なかった。

そして店を出た時に、友達は捕まった。一緒に店を出た私も、仲間だと思われたのか捕まった。

私は何もやっていないのに!

このページのトップヘ

見出し画像
×