アーカイブ

2006年10月

カテゴリ:
肌寒くなってきたので、ヒーリングルームに、厚手のカーテンをつけました。

大変だったんだよ。

カーテンレールを分解して、不足しているレールを足したり。実際に吊るしてみると、カーテンの裾が引きずったので、裾を全部、手縫いしたり。

奮発して、遮光・遮音・断熱カーテンにした。ここは一日中、周囲のビルからの明かりが眩しく、高速道路を走る車の音がウルサイからね。

ヒーリングを受けられる方は、そんな気にならないのかもしれないけれど、私が、気になっちゃって、どうしようもなくなってきたのだ。昼間は、いいんだけれどね。部屋の中に、暗闇と静寂があるって、それだけで、すごいギフトだと思うよ。

カーテンの威力を試すため、まずは私がヒーリングベッドに横たわり、セルフヒーリングしてみた。遮光・遮音には、それなりに限界はあるものの、前に比べたら、とっても快適だ。

もちろん夜は、お部屋の照明を点けているんだけれど、そこに窓から入ってきちゃう光が、あるのと無いのとでは、全然、感じが変わる。

私が求めていたのは、この静けさだったのよ〜。あー、嬉しい。

カテゴリ:
疳の虫封じって、知っています?

私は経験ないんだけれど、疳の虫を封じるためには、お寺に行って、お坊さんに、手の平に筆で、何か書いてもらうんですって。そうすると、手からミューっと、長い虫が出てくるんですって。

不思議だなぁと思うんだけど、その時、手に書いてもらったのが、第1シンボルにそっくりだった!と受講生さんが仰るので驚いた。

興味を持って、ネットで調べてみたら、手の平に書かれるのは梵字らしい。だったら「第2シンボルの方が、近いんじゃないかな?」とも思うんだけどね。

ライブ

カテゴリ:
ライブでギター弾いた。

ライブ

受講生さんが、ピアノでゲスト参加してくれて楽しく演奏できた。

今日の発見としては、ヒーリングやアチューンメントや瞑想している時と、ライブ演奏している時の感覚が、とても近くなってきているように感じた。

いずれにも共通しているのが、それをしている時は、リラックスしていて、時間が経つのがあっという間で、気持ち良くて、私らしいと感じること、だろうか。他にも共通項はあるけれど、仕事も趣味も、そんな風に過ごしていられるなんて、あたしゃ幸せ者なのかもね。

深夜2時頃、帰宅してラーメンを食べていたら、友達から電話がかかってきた。

「こんな時間に何事?」と思って出たら、緊急ヒーリング依頼だった。うーん、さすがに今日は、もう仕事したくないんだけれど、内容が内容だったので、ヒーリングしました。

カテゴリ:
今年も残り、僅かなんだね〜。年内に達成したいことが幾つもあるので、頭が痛いところだが、少しずつでも進めようと、まずは、しばらく作業ストップしていた、データベース作成に再着手してみた。

どこまで作ったのか忘れちゃってるし、こういう作業するの久しぶりだから、感が鈍っているかなぁと思いきや、予想以上に進んだので嬉しい。完成までは、まだ程遠いけれど、かなり便利になってきた。

そして今日、講習でヒーリングしてもらったら、肩の辺りが、やけにスースーした。自覚はなかったけれど、根詰めて何日か、ぶっ続けで作業してたからか、意外に肩、凝っていたのかなぁ。

すまない!と思う反面、いい練習台になれたかな?と、思ったりもして。あんまり健康だと、ヒーリングの練習にはならないようなので、その辺、いつも微妙な感じなのでした。

カテゴリ:
当方のサード・ディグリー講習でテキスト「療法指針」を渡されている方に、お知らせです。

「膀胱炎」の欄が、「4f:背骨」となっていますが、正しくは「4f:子宮」でした!すみませんが、訂正お願いしま〜す。

カテゴリ:
新月の願い事テクニックと、レイキ願望成就のテクニックを使って、来年の祈願書を作成し、神宮にお願いしてきた。

同行者に「神宮に着く前に、きっと禊の雨が降るよ」なんて言ってたんだけど、本当にパラパラ降ってきた。

何となく、おみくじ、ひいたら、22番だった。今日は、22日なので、何となくシンクロ?

きっと祝福してくれているんだろうねと解釈して、ちょっとしたことにもワクワクした。さーて来年は、どんな年になるのかな。

UFOかと思った

カテゴリ:
お仕事終わってから、バンドの練習に出かけた。ギターを担ぎ、駅まで歩いていたら、なんか上空が騒がしい。明るい。

曇っているし新月近いのに、この明るさはオカシイと、空を見上げてみたら

UFOかと思った
なんじゃこりゃ!白い光が、いくつかグルグルと、空を飛び回っている。

グルグル飛び回っていたと思ったら、1箇所に集まって、パっと消えた。

UFOか?昼間、講習中に、宇宙とかUFOとか古代文明を作った宇宙人とか、そんな話ばっかりしてたしなぁ・・・。

と思ったけど、よく見たらドコモビルの向こう側に、光線を発しているところがあるだ。なーんだ。でも、こんなの始めて見たぞ。

今、1時過ぎなんだけど、まだ光は、上空を飛びまわっている。こんなに長い時間、何の為に?何をしているのか分からないけれど、空を光が、かけまわっているのは面白い。

第32回レイキ交流会

カテゴリ:
レイキ未経験の方からティーチャーの方まで、10名の方に、ご参加頂きました。ありがとうございました。

はじめは皆さんに、自己紹介をして頂きながら、レイキに興味をもたれた、きっかけや、レイキを活用して面白かったことなどを、お話して頂きました。

私が体験したことのないお話が聞けるので、ここでのお話、最近、好きなんです。

結婚式の二次会で、お酒飲んで酔い潰れちゃった人に、レイキヒーリングをしていたら、その人が起きだして、またビールを飲み始めたなんて、お話もありました。すごい回復力ですね〜。

レイキサークル自己紹介の後は、レイキサークルを行いました。この時「エネルギーが強い」と感じる人が多かったようです。

参加人数が、いつもより少なめなのに「どうして強く感じるのだろう?」と思われるかもしれませんが、お互いに顔馴染みの方が多かったので、緊張が少なく、安心してレイキを流せたという面から、強く感じられたのではないかと思います。

レイキマラソンそれから、ひたすらレイキマラソンを行いました。私やスタッフさんを含めると、13人いますので、1対1で行うヒーリングの、169倍エネルギーが流れると想定されます。

今日は「徹底的にヒーリングしよう!」と考え、参加者全員で1人の人に手を当てるスタイルで、仰向けで4分、うつぶせで4分、合計8分ずつ、交代で受けて頂きました。

かなり満足度、高かったのではないか?と思います。時間の関係で、私は受けられなかったのですが(涙)気持ち良さそうでした。

初の試みとしては、ヒーリングの始めに、アファメーションを皆で一緒に、口に出して唱えてみました。お悩みを共有しあえるような感じもあって、これはいいですね。今後も使っていきたいと思います。

色んな話ができて、たくさん笑って、アットホームな会でした。

今回レイキ初体験の整体師さんが「慢性的な腰痛が、ヒーリング受けたら、なくなりました!」と仰っていたのが、とても嬉しかったです。翌日お仕事されたら、腰痛は復活しちゃったそうですが(残念)。

レイキは魔法ではないので、1回のヒーリングで劇的に改善されるということは少なく、慢性的なものになればなるほど、それなりに継続してヒーリングを受けて頂いた方が、いいんですよね。でも一時的にでも、楽になられたのなら、良かったと思います。

次回も皆で、楽しくレイキしましょうね〜。

カテゴリ:
昨晩、友人とのセッション(音楽じゃなくヒーリングね)が終わったら、なんかメチャ元気はつらつモードになってしまい、22時位からメルマガを書き始めて、10時頃に書き終えた。

12時間もかかったのか。読み返してみると、そんなに時間かけて書いているようにみえる内容&量ではないので、私ってほんと執筆能力ないんだなと思うし、メルマガ1通に12時間は時間かけ過ぎとも思うんだけど、でも、そんな自分も大好きだ。

さて。メルマガ発行してから、気分転換にマンガを読んでたら、突然、大きな気付きがやってきて、涙が溢れ出てきた。目が疲れたのも、あるんだろうけれど。

9月半ばから、モヤモヤ試行錯誤してスッキリしなかった、パズルの最後の1ピースが、カチっとハマったんだよね。

私が選択したことは正しかったんだ!って感じ。まぁ何をどう選んでも、間違いは無いのかもしれないけどさ。

今回のテーマは、なんか随分と色んなことに、今まで持っていた概念とか、人から言われたこととかに振り回されて、混乱した。

そうした概念とかが崩れていって、新しいパズルが組み立った途端「あれ?私ってば、また試されてたの?」ということにも気付いた。まったくもう、毎回巧みに仕組んでくるよな、悔しいな。

もう充分、分かっているつもりだったのに、改めて、私のことは私が決めていいんだ、ということが分かった。

もしも苦しいことや辛いことがあるなら、喜びに変えていく。これが私の中での、錬金術。そして、自分の人生は自分で決める。これが私の生きる道!

あぁ、お帰りなさい、私。


と、読んでも訳分からない人もいるであろう、この文章を書くのに、1時間半、かかってたりする。ま、そんな自分も、大好きだけどさ。

光に向かって

カテゴリ:
YouTube 見るのに夢中なって、夜通し、遊んだ。ふ〜、朝だ。

いい加減、寝ようと思い、パソコンから目を逸らし、脇の棚に置いてある花を見た。

昨日、買って来て花瓶に入れたお花が、一斉に、光の方向に向いて、咲いているのに気が付いた。光と言っても、天井で点いている照明なんだけど。

光に向かって
太陽の光を浴びせられなくて、ゴメンよぉって感じだけど、光に向かっていこうとしている姿が、けなげであり、ひたむきであり、美しくもある。

きっと人間も、同じだよね。苦しい辛いと感じることが、あったとしてもさ。

このページのトップヘ

見出し画像
×