アーカイブ

2006年09月

カテゴリ:
私の中で、変なジンクス(?)みたいなのがあって。

9月の終わりまで半袖で過ごせたら、その年の冬は風邪をひかない、というのがある。今までの統計をとってみると、そうだったのね。

それで9月一杯は、夏服でいるよう、無意識に心がけたりしている。

レイキを習ってからは、あまり関係なくなっちゃったかもしれないけれど、以前の私は本当に体が弱くて、しょっちゅう寝込んでいる人だったので、そんなジンクスも大切にしていた。極度の寒がりだったので、9月いっぱい半袖でいるのも大変だったのだ。

だけど今年は、もう9月の終わりなのに、暑いと感じる。実際に気温が高いのかもしれないけれど、無理せず半袖でいられるので、体質って変わるんだなぁと改めて実感した。

カテゴリ:
休みの日くらいは自炊しようと思い、サンマとか、色々買って来て調理した。

調理といっても、たいしたことはしないんだけれど、自分の中で「いかに手際よくやれるか?」がテーマなようで、普段はボケーっとしている私も、お料理している時は、チャッチャと動いている(つもり)。

だけど隣で手伝っている彼氏は、手際よくやることが、あまり関係ないようで、塩水につけて砂抜きしているアサリに、呑気にレイキかけたりしている。

「すごく反応して面白い」とか言っている。

暇人だなぁ〜(笑)と思って見ていたが、そういえばアサリにレイキかけたことってないなぁと思って、私もやってみたら、殻から顔を出し、ブクブクいってる。勢いよく砂を吐いているようにも見える。

これは、短時間で砂抜きしたい時には、いいかもしれないぞ。

ただ、レイキかけると、情が沸いてくるので困る。今の今まで生きていたのに、これ、食べちゃうんだよねぇ・・・と思うと、少しシュンとしたけれど、思い切って、煮えたぎる鍋の中へ。そして、味噌汁へ・・・。

旨かったです。

カテゴリ:
朝、目覚めたら、アチコチ痛い。やっぱり打撲しているようだ。

一番痛いのが、お尻で、椅子や床に座れない。恐る恐る鏡を見たら、お尻は、真っ黒なアザになっていた。

これは・・・、ヒーリングの、いい練習台になれる!と思い、自分では何もケアせずにいた。

そして講習中に、私の体にある病腺を探す実習をしたら、受講生さんは、打撲した箇所のほとんどを言い当ててくれたので驚いた。打撲だと思っていたけれど、左足は捻挫していることにも気が付いた。

その後ヒーリングして貰ったので、楽になった。

カテゴリ:
お仕事が終わった後、知人とヒーリングの練習をしあった。それから食事をしに行こうと、自分の家の階段を降りていて、すっ転んだ。

一瞬、何が起こったのか、分からなかった。気付いたら、階段の上に、座り込んでいた。

どうして、こんなところで、転ぶのか・・・。ヒーリング後でフラフラしてたのかもしれないけれど、ショックだった。

お尻が痛い。強く、ぶつけたみたい。しばらく動けないかも?と思ったけれど、数秒、手を当てていたら立ち上がれたので、そのまま何事もなかったかのように、御飯を食べに行った。

帰宅してから、アチコチ痛い感じがした。打撲とかは、すぐに手を当てた方がいいのは、重々承知なんだけれど、睡魔に勝てず、何もケアせず寝てしまった。

第31回レイキ交流会

カテゴリ:
今回は、レイキ未経験の方からティーチャーの方まで、21名の方に、ご参加頂きました。

はじめ皆さんに、自己紹介をして貰いながら、レイキとの出会いや、レイキを活用して得られたことなどを、お話して頂きました。色んな角度からのレイキを知ることができ、とても興味深かったです。

レイキサークルそれから、レイキサークルを行いました。

最初、全員で行ってレイキをする感覚を掴んで頂いてから、4人位ずつのグループに分かれて、やってみました。

人数を変えたり、組み合わせを変えたりして、変化をつけた方が、違いが分かってきて面白いと思います。

それから、レイキマラソンを行いました。私やスタッフさんを含めると24人いますので、1対1で行うヒーリングの、576倍エネルギーが流れると想定されます。2つのグループに分かれて、お1人8分ずつ受けて頂きました。

前回が4分ずつでしたので、8分ずつ行うと、落ち着いてヒーリングできるように感じました。私は、なるべく今までヒーリングさせて頂いたことのない方に、手を当てられるようにと、2つのグループの間を、ウロウロしていました。

皆さんが抱えられているお悩みは、本当に様々で、このレイキマラソンが少しでも助けになれれば・・・と思いました。

最初の自己紹介の時に「今日、60億分の1の確立で出会えて、ヒーリングさせて頂けることに感謝します」と、お話して下さった方が、いました。

地球の人口・60億人の中から出会えるというだけでもスゴイ確立だ、というお話だったのですが、何年か前に、私も同じようなことを考え、そういう内容の歌を作って歌ったことがあるので、お話を聞いて「同じ内容だ!」と、ビックリしたんです。

レイキマラソンでも本当に、交流会は毎月開催していますけれど、今日参加して頂いている、このメンバーでヒーリングしあえるのは、きっと一生に一度のことですよね。

と考えたら、何だか、しみじみいたしました。ありがたいことです。

私も最後に、レイキマラソンを受けました。ヒーリングで改善したいことは「内緒」です。「何を改善したいのか当てて下さい。後からでも、分かったらメール下さい」と、皆さんにお伝えしたのですが、まだ、どなたからも、そのメールが来ないので、分からなかったかな?

たまには、こういうお遊びもいいかな〜と思うので、このまま「内緒」にしておきます。また次回も楽しみながら、皆さんと癒しあえれば幸いです。

カテゴリ:
ここ数日、ずっとモヤモヤと、悩んでいる。「こうしよう!」と思うんだけど「でも・・・」の繰り返し、気持ちの整理が、つかないのだ。

詳細は省くけれど、自分が進む道、2つあるうち、どっちをとるか?選択を迫られているような感じでいる。

考えて、考えて、次第に、頭にきた。私は二者択一ではなく、両方欲しいのだ。

「それ(どちらかを選択をすること)が神や光の道ならば、私は、神や光を信じない!」頭にきて、思いっきり叫んだ。

そして仕事へ。

いつも通り、まずは場のセッティングをしようとしたら、いつもやっている事が出来ない。体は、いつも通り動くんだけれど、それに必要な言葉が、出てこない。

あれ?おかしいな?私、急にボケちゃったのかな??

もう何年も何回もやって、身についている筈のことが出来ない。そこだけスッポリ、記憶を消されてしまっているような感じだ。

しどろもどろになりながら、何とか記憶を掘り出して、言葉を唱えてみるが、エネルギーが、まるで降りてこない。場のセッティングすら、出来ない。

何だコレは?朝、変な言葉を、叫んだからか??

焦った。これじゃ仕事にならないので「すみませんでした」と言ったら、記憶はスーっと蘇り、エネルギーも降りてきた。

なんとも不思議な経験をした。

強烈なネガティブ・アファメーションを、しちゃったんだろうか。これ、一度目だったから許して貰えたのかもしれないけれど、この次やったら・・・と考えると、ゾッとする。

どんなに悩み苦しんでいても、ヤケで出た言葉は、叫ぶもんじゃない。

カテゴリ:
今日はスキルアップ会を開催しました。ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。

レイキサークルを始めたら、かけていた音楽に徐々に雑音が入り出し、そのうち音が、途切れ途切れで消えそうになっていった。

スピーカーの配線の接触が悪いのかな?という感じだったけれど、レイキサークルを終えたら元通り、キレイな音が出て、その後は、ずっと問題なかった。

この会場を使用して、こういう現象は始めて。レイキは磁気に影響するのだろうか?
参加者さんが全員サード以上だったから、パワフルなレイキが流れていたのかもしれないね。

レイキ瞑想したり、ディスカッションしたりもして面白かった。

次回は、11月に開催します。当方で受講された皆様、ぜひスキルアップしに、いらして下さいませ。

カテゴリ:
今日は「宇宙の日」だそうです。

が、それとは全く関係なく、私にとって今日は「私が私じゃなくなる日」逆を言えば「私がより私になった日」でした。

とても軽い気持ちで、もっと、自分を知ろうとした。そして今までの自分が、ガラガラと音を立てて、崩れていくような感じになった。

今までの自分は「七実」という狭い枠の中に、押し込められていたような感じがした。

思い出したことは、とても、私らしかった。あぁ、まさしく、それは、私だよ。そのエネルギーを感じている時は、とてもイキイキとした感じがした。

とても素晴らしかった。

しかし同時に、今まで自分だと思っていたものが、自分ではないと受け入れるのは、苦痛も伴う。

自分を知るということは、時に残酷なことでもあると知った日であった。

カテゴリ:
1日中、レイキ講習した。

レイキをバトンタッチしていけるのは、本当に楽しく、ついつい、時間が経つのを忘れちゃう。

毎日「え?もう1日、終わりなの?」という感じで、このペースじゃ、あっという間に、年をとってしまうなぁとも思うんだけど、とても幸せなことだとも思う。

と、この日の時点では思って、満足していたんだけどね。そうじゃないことに、翌日、気付くのでした。

カテゴリ:
初恋の人。というのは正確には違うかもしれないけれど、未だに、よく夢に出てくる中学時代の同級生がいる。その時のまま、出てくる。そして私も、その時のまま。つまり、お互いに中学生のまま、夢に出てくるのね。

その人と何があった訳でもないし、私自身、そのうち学校には、ほとんど行かなくなっちゃったので、別に「どうでもいい」と言ったら、どうでもいいんだけれど、でも「未だに夢に出てくるって、何か私の中に、シコリになっているのかな?」と思い始めた。

ヒーリングした方が、いいのかなぁ?でも別に、何かあった訳でも、ないしなぁ。

自分で、何がシコリになっているのかも、分からない。でも、スッキリしないのも確かだ。

ふと「その人って、今、どこで何しているのかな?」と思った。中学時代の名簿を引っ張りだしてきて、電話をかければ、すぐ済むことなんだけれど、さすがに、そこまでの勇気はない。

「ネットで調べればいいんだ!」と閃いた。珍しい名前なので、同姓同名の人が、検索で出てくることは無いだろう。

そして検索したら、出たー!!1件だけ。職場らしきサイトに、しっかり名前と写真が載っていた。

うわぁ、全然、変わってないなぁ。。。生え際が、ちょっと後退しちゃってるけど(笑)

顔を見たら、気持ちがスーっと楽になった。きっと、もう結婚して、女の子が2人いたりするんだろうな。なんて勝手に思った。幸せそうに写ってる写真を見て、嬉しくなった。

それでかなり楽になっていたんだけれど、シコリが何なのか、分からなかった。

「何もなかった(何もしなかった)から、シコリになっているのかな?」とも思ったけれど、この日記、書いてて、思い出した!

私、中学生の時、その人の家に、1回、無言電話かけました!

どうやら、これがシコリになっていて、でもシコリの原因が何なのか忘れたまま、私の中で20年近く、引っかかっていたらしい。

そんなことも、あるんだねぇ。

無言電話しようと思って、かけたんじゃないんだけどね。普通に電話して、普通に話したかったんだけど、いざとなったら言葉が出ずに固まってしまった。すんません。

このページのトップヘ

見出し画像
×