アーカイブ

2006年04月

第20回東京すぴこん2日目

カテゴリ:
昨日に引き続き、すぴこんに、出展させて頂きました。ヒーリングを受けに来てくれた皆様、どうもありがとうございました。

何回かヒーリングをしてから、オーラ写真を撮った。

オーラ写真


昨日とは別人のようだ。

私は初めて知ったんだけど、写真に写っているオーラの淵に、青黒い膜のようなものがある。これはヒーリングをしている時に、その影響を自分が受けないようにブロックしているものだと教えて貰った。

「何も言うことない、ガードもしっかりしてるし、素晴らしいです」と。そして、「いつも、こんなオーラだと、いいですね」とも言われた(笑)

いや、ほんとにそうだなぁって思うけど、昨日のオーラ写真は、仕事に入る前に撮ったので、多分、素の今の私なんだと思う。そして今日のは、お仕事している時の私なのだろうな。

終わった後、打ち上げをした。お友達出展者に声かけて、5ブースでの打ち上げになったんだけど、メンツは、いつもの交流会アフターと、あまり変わらなかったりする。色んな話して、購入したグッズを見せ合ったり、バカ話も一杯して、いっぱい笑って、楽しかった〜。

ピラミッドパワー


お友達が購入した、ピラミッドパワーの台の上に、飲み物を置いたり、食べ物を置いたりもしたんだけど、いや、これスゴイわ。

揚げ物はサクサクになるし、お刺身は濃厚になるし、私も買えば良かったな。

皆でワイワイ、楽しく締めることが出来て、良かった良かった。大きな気付きもあって、実り豊かな2日間でした。

第20回東京すぴこん初日

カテゴリ:
すぴこんに、出展させて頂きました。ヒーリングを受けに来てくれた皆様、どうもありがとうございました。

オーラ写真


アサイチで、オーラ写真を撮った。

黄色と緑だね。これから「ヒーリングするぞぉ〜」のワクワク黄色と、癒しの緑が、現れているのだろうか。

お手伝いさんが来てくれて、適度に休憩が取れたので、ブースを見てまわったりも出来た。出展だけじゃなく、やっぱり、行ったからには私も遊びたいのだ。

ブラブラしてたら、声でチャクラを測定するのがあって「受けていきませんか?」と声をかけられたので、面白そうなので受けてみた。マイクに向かって、何秒間か喋ると、パソコンの画面に、チャクラの状態が表示される、らしい。

声で分かるっていうのは、面白いな。何秒間か喋った後、画面に升目とグラフみたいのが出てきた。

画面の見方を、あまり詳しくは説明してもらえなかったので、何がどうなっているのか?よく分からなかったけど、測定結果が出てすぐに「何か、やってるんですか?」と聞かれた。

特別、何かをしているつもりは無いので「特に何も」と答えた。

「じゃあ、いま、毎日楽しくて、嫌なこともなくて、全てが思い通りで、充実してるでしょ?」と聞かれたので、「そうですね、何も問題ありません」と答えたら、お店の人は、納得していたようだ。

「そうですよね〜、全部、出てますもんね。滅多にない、スゴイです。何も言うこと無いです」と画面を見ながら言われたんだけど、何が全部出てて、何がスゴイのか、私には分からなかった。

「よく使っているのは、第4チャクラ。ウイークポイントは、ありません」という紙を貰って終わりになったので、席を立った。そうしたら背後から「すげー、全部、出てる!」という声が聞こえた。お店の人が集まって、私の測定結果を見ていた。

何が全部出てて、何がスゴイんだ〜?最後まで私には分からなかったけど、ここのところマメにセルフヒーリングしてたから、チャクラも良い状態にあるのかな?と思った。

ライブ

カテゴリ:
今月に入ってから、移転のバタバタで、まったく楽器に触れてない。

「大丈夫かいな?」と思いつつ、まぁ毎度のことなので、曲順チェックして、ギターを持ってライブしに、茨城に出かけた。

プレゼント
ライブハウスに到着したら、バンマス(お医者さん)から、この袋で、プレゼントを貰った。

これって、備品横領になるんじゃないか?(笑)



プレゼントの中身
中身は、前回のライブCDと、なんてことない駄菓子と思いきや・・・



クリーム
バンマスは、芸が細かかった。このクリームには、私も「ナナミン」として、成分で入っているようだ(笑)


メンバーに会うのも、一緒に演奏するのも2ヶ月振りだけど、なんだか家に戻ってきたような気分でホっとする。久々にギター弾いて、指や腕に余分な力が、ビシバシ入ってたなぁ私は。早く体制立て直して、楽器弾く時間作ろうと思う。

明日は、すぴこん出展なので、演奏が終わったら早く帰ろうと思ってたけど、目の前でスライドギターの名手・日倉士歳朗さんが演奏しているのに、むざむざ帰れる訳がない。

時計と睨めっこしながら、結局アンコールの最後まで見て、終電で帰って来た。連休前だからか電車は少し混んでいて、いつもはあまり、そういう風に感じないんだけど、電車の中で、めちゃめちゃ不快に感じて、帰りは自分に、レイキシャワーかけ続けてた。

なんか、ここんとこ、今まであまり気にならなかった些細なことが、気になるようになってきた。私も少しは、デリケートになったのだろうか。

GWキャンペーン

カテゴリ:
ホームページの更新が終わったので、アップする。といっても、まだPC向けサイトだけなんだけど、とりあえず一段落して、ホッ。

「1ヶ月位前から宣伝した方が、いいんじゃない?」って言って、3月に写真は撮影していたゴールデンウィークキャンペーンのお知らせも、ようやく載せられました。

アロマとレイキのWトリートメント


アロマセラピストさんと一緒に、トリートメントさせて頂きます。

これ、実は、私が受けたい。誰か私の代わりに、レイキしてくれないかなぁ?と思ったりして(笑)

すちゃらか一筋

カテゴリ:
朝、歯医者に行く。かぶせる銀歯が出来たので、それを被せるだけの筈なんだけど、仮止めを外して、消毒して、セメント塗って、少し乾かして、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜。

痛い。お医者さんから「しみますよ」と言われてたけど、そんな可愛いもんじゃない。これは拷問だ。

「神経に近いからねぇ。我慢できないようなら麻酔するけど?」と言われたけど、麻酔はあまりしたくないので、自分にレイキしながら拷問に耐えた。痛くて声も出ない。

午後は、ホームページの更新作業に没頭してた。

夜はスタッフさんに来てもらって、すぴこんで配布するパンフレットを作った。

上々颱風をガンガンかけて作業した。こういう作業の時は、ちゃんちきリズムが、私には合うのだ。

教会ライブ


先日、シャンシャンの教会ライブに、行って来たばかりなんだよね。いいライブだったな〜。

ライブ盤のCDで「すちゃらか一筋、行かせて頂きます!」と映美姉さんが言っている。先日、ナマで聞いたばかりだけど、何度聞いても「いいフレーズだなぁ」と思って感動する。

私はこの曲を聞くと、何故か「リンダ・キューブ」というノアの箱舟をテーマにしたゲームを思い出すのだが、曲が似てるのだっけかな。

本当に、すちゃらか一筋でいるのは、それ相応の努力というか、下地というか、根性も必要なのだと思うよ。それを何年も、やり続けているのはスゴイと思うし、私も、そんな風になりたいと聞くたびに思って、もう何年も、このバンドを追っかけているが、イタチごっこのまま追いつけずにいる。悔しいぜ。

さて、そんなことを考えながらも、作業は進んで、パンフレットは完成。やった!出来た!

二人でやって、休憩も入れて、4時間経過。思ったより早く出来たかな。

完成したパンフレットに、レイキかけて、これで本当に完成だね〜。

カテゴリ:
昨日、交流会に参加してくれた群馬在住の方から「山手線が停まっているけど大丈夫ですか?」と、電話がかかってきた。

私は普段、電車に乗る機会が少ないから知らなかった。昼間、駅前に行った時に「なんか騒がしいな」と思ったけど、電車が停まっていたのか。すぐそこを走っている山手線のことを、群馬の人に、教えてもらうとは(笑)

「新大久保で何かあったみたいですよ?昨日、新大久保で交流会やった後だから、なにか関係があるかもと考えたら、怖くなってきて〜」

ん〜、たまたまでしょうと答えたけど、過去、交流会の時に大きな地震が3回もあったので「今度は電車が停まったか」とも思った。いずれも交流会とは、関連付けられないけどね。

長い時間、停まっていたみたいだけど、事故があって停まったとかじゃないみたいだから良かった。

第26回レイキ交流会

カテゴリ:
レイキ全く初めての方からティーチャーさんまで、22名の方に、ご参加頂きました。会の流れはいつも通りで、はじめに自己紹介をしてから、レイキの説明をさせて頂きました。

参加者の方が「レイキのことが載っている」と言って、雑誌『ムー5月号』を持ってきてくれました。私はそれを知らなかったので、会が始まる前に、お借りしてパラパラ読みました。

そして説明の時に雑誌を紹介させて貰ったのですが、こうして活字になっているものがあると説明もしやすく、いいですね。

レイキサークルそれからレイキサークルをして、レイキを流すコツを掴んでもらってから、レイキマラソンを行いました。

私とスタッフさんを含めると、26人います。全員でヒーリングを行うと、1対1で行うヒーリングの、676倍エネルギーが流れると想定できます。交代で、お1人15分ずつ、ヒーリングを受けて頂きました。

今回、印象的だったのは、レイキマラソンでヒーリングを受けたら「石がキレイになった」という感想を、何名かの方に聞けたことです。

ペンダントにして身につけていた水晶が、そろそろ浄化しないといけないと思っていたんだけど、レイキマラソンを受けた後はキレイになっていて、浄化する必要がなくなった、とか。

身につけていなくても、カバンの中に入れておいた石が、交流会が終わった後キレイになっていたので「会場に流れるエネルギーで浄化されたみたい。今度はカバンに一杯、石を持ってきます。」という声も頂きました。

私自身は、石を身につけるという習慣がないので、今まで気付かなかったけれど、こういう効果もあるんですねぇ。

レイキマラソン私もレイキマラソンを受けました。願い事を何にしたのかは、すみません、完全に忘れてしまいました。

「レイキマラソンを受けながら寝たい」と、いつも思っていたのですが、その願い叶って、私は途中で何度か、寝息を立てておりました。15分受けられると、満足度も高いですね。とても気持ちよかったです。

受けていて面白かったのが、私の体が「ブルブルッ」となると、そこに当てられている手が「ブルブルッ」となりました。逆に当てられている手が「ブルブルッ」となると、私の体も「ブルブルッ」となりました。

これは普段、ヒーリング中に、よく感じることなのですが、レイキマラソンで、こう何度も感じたのは初めてじゃないかしら。「ブルブルッ」となると、不必要なエネルギーが抜けていってる感じがします。

レイキのヒーリングでは、受けている人だけじゃなく、している人も一緒にヒーリングされると言いますが、まさに、そんな感じで皆で「ブルブルッ」となりました。

月が、満月から新月に向かう時は、浄化に向いている時だと聞きます。この日は、そのサイクルの時だったからでしょうか。人も石も浄化されたと感じることの多い交流会でした。

カテゴリ:
天気が良かったので少しだけ、ルーフバルコニーで講習した。

風で飛んでっちゃうので、声は聞き取りにくいかもしれないけど、発霊法をお日様の下でするのは、気持ちいいね。空気は、あんまりキレイとは言えないけどねぇ。

「このスペースは有効活用しないと勿体無いですよ」と受講生さんに言われた。今は、何にも置いてない状態で、ブルーシートと座布団敷いて、座ってるだけだもんね。

アウトドア用のテーブルとイスを置いたら、いいのかな。講習よりも、バーベキューしようか〜?って感じになっちゃうけど、講習でもスペース上手く使えたらいいな。

カテゴリ:
電話で話していると、通話開始してから1〜2分で、お互いに無音状態になり、にっちもさっちもいかなくなる。

数日前も同じ現象があったんだけど、今日もそれが出て、お客さんと電話してても、まともに会話できない。

それでもなんとか、何回もかけ直して貰いながら話していたら、勝手にPCが再起動して、勝手にPCの電源が落ちた。

何だ?怪奇現象か?

「移転してから、ちゃんと場の浄化してます?」と聞かれちゃったよ(笑)ん〜、でも、そういう問題なんだろうか???

見てみたら、PCは、コンセントが抜けかかっていた。それで電源が、入ったり消えたりしていてみたい。

なーんだ、怪奇現象じゃなかったのか。

電話は理由が分からない。今、2台電話があって、どちらも同じ現象が出るので、電話機ではなく、回線がオカシイのだと思うのだけどね。

レイキかけても、さっぱり分からないので、NTTの人に、見てもらうことになった。水難の相が落ち着いたと思ったら、今度は電話のトラブルか。

いや、それだけじゃないや。ゴミ捨て場に部屋番号名指しで「ゴミをちゃんと捨てろ」という濡れ衣も着せられたし(ちゃんと捨ててないのは他の部屋の人です)、ウチの部屋番号宛てに宅配ボックスが入ってたので、開けてみたら、中は空っぽだったり、なんか変なことが続いている。

良い方位&時期で移転したから、今まで溜めてた悪いものが出てるのかなぁ〜?って思ってるけど、お部屋自体の浄化も、もっと念入りにした方がいいのかなぁ。

宴

カテゴリ:
朝から、すぴこんで配るパンフレットを作ってた。

夕方頃から、平行作業で料理し始める。私の場合、お鍋の浄化から取り掛かる。全然、使ってないからホコリかぶってたので洗っただけなんだけどね。久々だと、料理するのも癒されるわぁ。

料理とパンフレットが完成したところで、引越メンバーが集合したので、宴を始めた。

届いた肉


昨日、届いたのは、このお肉。デカイっす。

いつも部屋の中で、プレートで焼くんだけど、そうすると部屋中が油っぽくなるので、ルーフバルコニーで焼いた。

焼いた肉


二枚を5人で食べて、丁度良い量だった。

スタッフさんが「昼間、職場で踊ってたんだよ〜。」という話をしだして、そこで「ひげダンス」のキーワードが出てきて、私のドリフの扉が開いてしまったので、ドリフのビデオ見て、大笑いして、ドリフのCDを聞いて、癒された。

今日は、料理中に無意識にしか、レイキ使わなかったけど、皆で食事して、皆でドリフ見て笑って、大いに癒された。

このページのトップヘ

見出し画像
×