アーカイブ

2005年09月

カテゴリ:
定休日は8時半に家を出て、以前、勤めていた会社を手伝いに行っている。なのに、8時半に起きたのだ〜。朝方まで、日曜日のすぴこん出展準備をしてたから、寝坊した。

だいたい、5時に寝て、5時半に起きようってのが無謀だ。1日2日は出来ても、連日は、さすがにキツイ。

「あー、こりゃ間に合わない。1時間、遅刻して行こう」と思ったけれど、大丈夫な感じがしたので、ダッシュで身支度し、本気で自転車こいだら、全然普通に間に合った。セーフ!

さて、この休みなし月間も、そろそろ終わりが近づいている。1ヵ月、よく頑張ったな〜と自分を褒めてあげたいところだが、更なる挑戦が待ち受けていた。

「10月から、3ヶ月期間で契約しない?」と。会社のお手伝い延長依頼がきているのだ。

ものすごーく悩んだ。ひょっとしたら母の仕事も、手伝うことになるかもしれないし、年末まで休みなしで、私の体は持つのか?

また休みの日は、本来であれば習い事にも行ってるし、集中して楽器練習できる貴重な時間でもある。溜め込んでる自分の仕事を、片付ける時間でもある。これらを、やりくり出来るのだろうか?

悩みに悩んで「はい」と答えた。

「受けて立とうじゃないか〜」なんだか、この状況に体も慣れてきて、面白くなってきたのだ。

ということで、休みなし四半期が確定した。人生のうちで頑張れる時って、限られてると思うから、ね。

今日は昼休みに、風邪ひいたっぽいアロマの先生に、ヒーリングさせてもらった。通りかかる人達が、奇妙なものを見るように、私を見ていたのが印象深い(笑)まぁ普通に考えたら、レイキは怪しく見えるんだろうな〜なんて経験も出来て、面白かった。

ラジカセは、まず物理的な手入れをしようと思い、CDクリーニングをかけ、CD自体も磨いたら、とりあえず勝手にリピート再生はしなくなったけれど、ヒーリングやアチューンメントの時に、どう動作するかは、まだ分からない。

CDでまた誤動作するようだったら、カセットテープにしてみようかなぁ。

カテゴリ:
ここのところ椅子に座って、DVDを見ながらセルフヒーリングすることが多いんだけど、少々疲れ気味だったので、朝方、寝る前に横になって、レイキCDをかけながらセルフした。

3分たって、チャリーン!

合図のベルが鳴ったので、手を、次のポジションに移動させた。

するとすぐに、チャリーン!

あれ?私、いつのまにか寝ちゃったのかな?3分置きに合図の音が鳴るはずなのに、なんか、あっという間だなぁ?

手を、次のポジションに移動させた。するとすぐに、チャリーン!

いくらなんでも、これはオカシイ。早すぎる。

ラジカセのディスプレイを見たら、どうも2分と3分のところで、再生が行ったりきたり、またリピートしちゃってるみたいだ。

体を動かすのが面倒だったので、そのまま続ける。はじめのうちは、3回チャリーンって鳴ってから(3分経ってから)手を移動してたんだけど、そのうち面倒になり、1回鳴ったら移動させた。

各ポジション1分ずつでも、やらないよりは、やった方がいいだろう。

そしてそのまま、ヒーリングしながら、眠ってしまった。


・・・ハっと目が覚めた。

随分、寝たような気がするけれど、レイキCD(長さは60分くらい)が再生されていて、終わっていなかったので「1時間も経っていないのだろう」と思った。

・・・だんだん覚醒してきた。

いや、それにしても、よく寝た感じがする。いま何時?と、時計を見たら、8時半だった。

ギャー!!8時半!会社に行く時間だ!

慌てて飛び起きる。

レイキCDが再生されてるから大丈夫だろうと思ったけれど、そういえば、勝手にリピート再生になってたんだっけ。

思わぬところに弊害が・・・。仕事おわって帰って来たら、ラジカセに、びっちりレイキしてやるぞ〜。

カテゴリ:
母のお見舞いに行った。

私は母に対し、腹を立てていた。

何故かというと、昼間、母の勤め先に、手術のことを報告しようと電話を入れたら「これから週何日か、仕事手伝いに来てくれるんでしょ?」と言われたからだ。

へ?何のこと?

「こうした(ある専門業種の)勉強もしてるって聞いたし、パソコンも出来るし、頼りにしてるよ」みたいなことも。

へ?いつの間に、そんな話になってるの?そんな勉強、してないよ、あたしゃ。

母が適当に、言ったのだろうか。私は自分の仕事だけで手一杯なのに、人の仕事のことまで、面倒みきれん。

だから、勝手にそんな話になっていることを怒ってやろうと思って病院に行ったんだけど、体のあちこちに、管をさし、チューブをさしている母に、何も言えなかった。

あーあ、あたしゃ、知らないぞ〜。と思うんだけど、母は当分話せないので、勤め先に、このことを説明するのも、私の役目になるんだよな。あー、ややこしいことしやがってと、ますます腹が立つ。連日の疲れもあって、過剰にカリカリする。

考えれば考えるほど、カリカリする。カリカリカリカリ・・・。

このままじゃ、あかん。私も癒されなくちゃ!

ってことで、美容院に行く。

いつもやってもらっている美容師さんは、私と母を繋ぐ、唯一の存在だ。母子で同じ人に髪の毛をやってもらっていたんだけど、私は美容師さんから母の近況を聞き、母もまた然り、だった。

だけど突然、家庭の事情により、今月いっぱいでお店を辞めて田舎に帰ると、美容師さんから連絡が来た。なので最後に、やってもらいに行った。

このタイミングで、美容師さんが辞めちゃうのも、何か仕組まれてのことなのかなぁと思ったりする。偶然にしては、出来すぎてる。

多分、もう会うこともないだろうし、今までの御礼に何か・・・と思い、プレゼントを買った。もちろん、レイキかけてから渡した。喜んでもらえたみたいだった。

私を癒してくれていた人が、いなくなるなんて、寂しくなる、なぁ。

鉄砲隊百人組

カテゴリ:
ズガーン!

銃声で、目が覚めた。

出入りか??いやいや、今日はお祭り、鉄砲隊百人組の出陣なのだ。銃声で目が覚めるなんて、滅多にないので驚いた。

ウチにいると、時折「ズガーン!」と、銃の音がする。

あぁ、見に行きたい!こんな珍しいこと、やっている時に、家でじっとしていられるか。

なので鉄砲隊が帰ってくるところを、大久保通りに出て、見に行った。

05092501
パチンコ店エスパスの前を、甲冑を着た人達が歩いている。大久保通りは、通行止めになるのかと思っていたけれど、普通に車は通っていた。異様な光景だ。

そして、大久保通りで銃を撃つのかと思っていたのに「神社の境内で、最後の一発を撃ちます。シャッターチャンスを、逃さないで下さい」とアナウンスが流れる。

へ?あんな狭いところで、やるの?慌てて、境内に移動する。

狭いところに、人だかりが出来ていて、チビの私は、背伸びしても中の様子が見えない。赤ちゃんを肩車している人が多かったので、尚更見えないのだ。

前にいる人は、座るようにすればいいのにな・・・と思う。

手を上に伸ばして、携帯カメラを構えた。

05092502「撃て〜」の声と同時に、シャッターを押した写真。銃から煙が、ブワーっと出ている。火縄銃だったみたい、ね。



05092503

最後の一発の後は、記念撮影タイムとなった。私はこのドクロの旗が、タイムボカンみたいだなぁ〜と思って、気になって仕方がなかった。鉄砲隊百人組は、江戸時代のことだが、その時、実際に使っていた旗なのだろうか?

「服を着替えるので解散して下さい」とアナウンスが入り、人は、あっという間にいなくなった。

こうして2年に一度のお祭りは、私にとっては、一瞬で終わった。

改めて、大久保は、ディープな街だなぁと思った。

第19回レイキ交流会

カテゴリ:
レイキ全く初めての方から、ティーチャーさんまで、今回は26名の方にご参加頂きました。小雨が降る中を、皆様どうも、ありがとうございました。

はじめに簡単にレイキの説明をさせて頂いてから、実際にレイキを流すコツを掴むため、レイキサークルを行いました。

レイキサークル最初は全員で輪になってレイキを流し、次に、数名のグループに分かれて行いました。

今回のレイキサークルは、ただ手を重ね合わせて輪を作るだけでなく「腕で六芒星を作ろう」というアイデアから始まって、手の平同士を合わせたり、頭に手を当てたり、色んなバリエーションが生まれました。

レイキサークル六芒星バージョンこういう遊び心は、いいですね〜。私は写真を撮影するため、ウロウロしていたのですが、気付くと周りに、芸術的なサークルが幾つも出来ていました。

それから、レイキマラソンでヒーリングを行いました。

私やスタッフさんを含めると、28人いますので、レイキマラソンでは、1対1で行うヒーリングの、784倍エネルギーが流れると想定されます。

前回と同じように、2グループに分けて行いました。グループとグループを繋ぐ、橋渡しになるポジションを、事前に希望される方が多かったのです。ここは、レイキヒーリングにおいて大切な要素である「エネルギーが流れるパイプとして」を、強く体感できるポジションだからか、人気があります。

そうして、お1人6分ずつ、交代でヒーリングを受けて頂きました。

レイキマラソン私はレイキマラソンを受ける時、少し変わったことをしました。

それは、皆さんから私が受けているヒーリングエネルギーを、自分はスルーして、母に流すというものです。

すでに、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私の母は癌になりまして、交流会の前々日に、摘出手術を行いました。

手術は大成功だったのですが、転移の可能性があるのと、切開した関係で喉に穴が開いていて、そこにチューブをさし、送られてくる酸素で呼吸している状態です。飲食物は摂れず、栄養は点滴でまかなっています。

なので術後の回復が早まるようにと、病気が根本から改善されることを願いつつ、皆様にヒーリングして頂きながら、母に遠隔ヒーリングをしました。

お陰さまで親子ともども、癒されました!素適なエネルギーを、どうもありがとうございました。

カテゴリ:
昼過ぎ、父から電話があった。母は、集中治療室を出て、普通の病室に戻ったそうだ。2〜3日は集中治療室にいるって聞いてたけれど、回復早いのかな。

さて、今日はグループ講習で、サポートして頂いたティーチャーさんから、面白いことを聞いた。私がアチューンメントしているところを見ていたんだけど、普通に見ていたのではなく、エネルギーを見ていたんだって。

私と受講生さんのオーラは、けっして混じることなく、重なりあうようになり、私が受講生さんの頭に手をかざすと、上から光が、ドバーーーーとなるそうだ。

へぇ〜、そんな風になっているんだぁと面白かった。自分じゃ、分からないものね。たまにはアチューンメントを、見てもらうのも、いいかも〜。

カテゴリ:
どっかで見たタイトルですが〜今日は母の手術日。

朝8時に病院に行く。母は、しばらく喋れなくなるだろうから、ホワイトボードを持って行った。父も来ていた。母は点滴をさし、グッタリしていた。

検温したら、35.5度だった。体温、低いねぇ。看護婦さんや先生が、入れ替わり立ち代り来て、酸素マスクみたいなのしたり、鼻に薬を入れたりしている。

私たちは邪魔っぽいので、部屋の外に出る。父に会うのも久しぶりだ。

父から前回の手術中止のこととか、色々聞いた。

「(お医者さんは)本人が傷つくようなことを、平気で言うんだぜ?」それは手術の時に、何かを切ったら、その何かの代用となるものを、体の別のところを切って、例えば太ももから持ってきて、継ぎ足すというようなことだった。

それは普通のことではないか?と私は思うのだが、それよりも、父がそんな、人間らしい心を持っていることに驚いた。

ストレッチャーに乗せられて、母は手術室に運ばれる。私たちも、入り口まで付いて行った。「頑張れ」父が母に、声をかける。「頑張れと言われても・・・」母が答える。

あとは先生と母を信じて、祈るしかないよな。。。

コーヒーを飲みながら、父と話をする。母の病気のことから始まって、「七実は結婚するような人いないのか?」と聞かれ、こんな親らしいこと、初めて言われて驚いた。父は随分、変わったんだなぁ。

「俺がヘバりついてるから、仕事に行って来い」と言われ、母に遠隔レイキしながら会社に向かい、仕事する。

昼休み、お弁当を食べていたら、箸が折れた。うっ、コレは不吉・・・と思うが、折れていない振りをして(?)気にせず、そのまま食べた。

そして病院にいくため早退し、15時頃、会社を出た。駅に向かう途中、信号待ちの時に、腰の辺りで手を組んだら、ヌメっとした感触があったので、手を見たら、左手首から、血がダラダラ出ていた。

「うわっ、なんじゃコリャ?」何かの拍子に、かさぶたをひっかいて、剥がしてしまったようだ。これまた不吉・・・と思ったが、何事もなかったように、レイキをかけて止血する。

おまけに電車は、各駅とか急行の違いが分からず、降りる駅を、乗り過ごしてしまったので、Uターンして戻る。

空は朝から、どんよりと、曇ってる。お昼には、雨も降ったようだ。

私は割りと身の回りのことを、天気になぞらえて考えてしまうので「天気は悪いし、変なことが続くし、ん〜どうかな〜」だったんだけど、病院に向かう途中から、晴間が見えてきた。お、これは、良い兆しが見えてきたぞ。

病院に着くと、父と、母の妹(私にとってはオバさん)がいた。3人で、色々話す。

前回の手術中止の時に、お医者さんが「あれだけ検査したのに、こんなに(母の)喉が細いとは思いませんでした。これは完璧に、こちらのミスです」と話してくれたと、父が言う。

思っていたより喉が細くて、器具が入らず、呼吸ができないので中止になったそうだ。

オバさんが「何時頃、中止って分かったの?」と聞くと、父はカバンから、帳面を取り出して見て「9時50分」と答えた。そこには、文字がビッシリと書かれていた。母の病気に関することを、もれなく記録しているようだった。

「今度、何かあったら・・・」「こっちが、どんな思いをして手術が終わるのを待っているか・・・」父が言う。

繰り返すけれど、私は父に、こんな人間らしい心があったのか?と驚いた。これではまるで、父が母を、愛しているみたいじゃないか。

と、ものすごく変なことを言ってるかもしれないけれど、私は、父は母を愛していないと思っていた。逆に、母も父を愛していないと思っていた。母の言動からね、ただ仕方なく、一緒にいるのかなぁって思ってた。

ここ数日、母に遠隔ヒーリングしてて、腫瘍ができている喉を重点的にやるといいのかな〜と思っていたけれど、実際にヒーリングしてみると、一番苦しく感じるのは、ハート、愛のチャクラだった。

だけど、こんなに愛されているなら、なにも問題ないじゃないか、と思った。

17時半頃、手術が終わった。集中治療室に入り、病室の手前で、お医者さんから説明を聞く。

「切り取った癌を見ますか?」と言われた。父は「俺はいいよぉ」と言っていたが、私は見たかったので、見せてもらった。結局、皆で見た。

私の記憶が正しければ、かなり複雑に、甲状腺から頚動脈、声帯に食い込んでたものを、全てキレイに、取り除いてくれたらしい。

大きかった。いなり寿司、2つくらいの大きさ。いや、もっと、大きかったかもしれないけれど、それはタッパに入れられていて、こんな大きなものが喉に出来てたのか〜と驚いた。

生まれて初めて、癌を見た。

母を苦しめる憎き癌?いやいや、私はこれを、母の心だと思った。

今まで癒される機会を得られなかった、母の心ではないか、と。

残念ながら、リンパにも転移していたようで、そちらからも取れる限りは、取ってくれたそうだ。小粒のカールくらいの大きさのものが、ビンに入れられ、ユラユラ揺れていた。

手術中の写真も、見せてくれた。こうして目で見ると「取れたんだ〜」と思って、ホっとする。

リンパにまだ残ってる可能性が高いので、容態が落ち着いたら、また検査すると言う。喉の神経を片方、切ったので、片方だけでどれだけ、呼吸したり食事したり話したりできるか?とかね、まだまだ課題はあるけれど、とりあえず手術は大成功、良かったぁ。

部屋の中に入り、母に会う。

明日の朝まで、麻酔で目が覚めないと聞いていたけれど、母は、目を開けていた。目の周りには、涙があった。喉には穴が空いていて、チューブが差し込まれていた。しばらくは、そこから呼吸をし、点滴で栄養を取るそうだ。

「手をつなぎますか?」とお医者さんが言う。父はまた「俺はいいよぉ」というので、私も遠慮していたら、布団が、モゾモゾ動いているのに気付いた。

母ちゃんが、左手を動かしている!手をつなぎたいんだ!

父ちゃんに「母ちゃんが手を動かしてるよ、手をつなぎたいんだよ」と言い、つながせた。

私も、手をつないだ。とても冷たい手だった。朝よりも体温が、下がっているのだろうか。

ブワーっとレイキを流した。母に触れるのは、何年ぶりだろう。。。いつの間にか、私より小さくなった、手。涙をこらえるのに必死だった。よく頑張った!

良かった良かったと、3人で居酒屋に、打ち上げしに行った。弟に連絡をいれ、親戚に連絡をいれ、うわ〜、とりあえずはこれで安心、今日はゆっくり食事できるし、ゆっくり寝れるねぇ。父ちゃんも私も、疲れ果てていた。

「今まで、そんなこと、したことなかったけれど、(母の)パンツを(手で)洗うでしょ。そういうことをするとね、うん。これから、愛のかたちが、変わってくると思いますよ」父はオバさんに、そう話していた。

私は今日、ようやく、父に対する誤解がとけたというか、父を理解することが出来たと思う。

自分のことしか考えてなくて、家族のことなど考えず、機嫌だけで行動して、乱暴な人だと思っていたけれど、自分の気持ちにバカ正直なだけで、カっとなったら止まれない、不器用な人なんだなぁと思った。当り前だけど、私に似てる、さすが親(笑)。

一緒に暮らしていた時は大嫌いで、憎んですらいた父だけど、離れて暮らして、そうして家族になれる、そんなかたちも、あっていいかなぁと。

飲み食いしてから帰宅する途中、私には、もう1人、弟がいることを思い出した。下の弟には私が連絡いれたけれど、上の弟にも、連絡いれなくて良いのかな?私、連絡先、知らないしなぁ。今日一度も、名前すら出てこなかったけれど、父は連絡しているのかしら?

ま、いっか。上の弟とも、ゆっくり家族になれば。連絡は、父に任せよう。

帰宅して、私の中でプチっと何かが切れた。1人で「良かった〜良かった〜」を繰り返し、号泣した。

父と母の大喧嘩を、きっかけに、家を出た15歳の私が、泣いている。15歳の小娘が、たった1人で生きていくのは、そりゃー大変だった。ま、自分で選んで、そうした人生を歩んだのだけど、生きていくのに大変だったのは確かだ。

辛く苦しかった日々。それが今日、報われたような気がした。

長い時間をかけて、とても大きなことを、学べたような気がした。

こんな大きなことを学ばせてくれて「神様ありがとう」と思った。

私は父と母の、愛のかたち、なのだ。

だから私は、ただただ、愛であろうと思った。

カテゴリ:
お昼にお弁当と味噌汁を買ったら、合計代金が「777円」だった。

「777」買い物で、こんな数字が揃うなんて、珍しい。

く〜、これがパチンコだったらな〜とも思うが、ラッキーセブンは、なんか気持ちいい。と、話はこれで終わると思ったけれど、続きがあった。

ある方から、エンジェルリンクの伝授をしてもらうことになった。

私はあまり、エンジェルリンクは詳しくないんだけど、今日、伝授してくれる方からメールがきて、それを統括しているところ(?)から、私は7代目の伝授者になると書いてある。

「七実さんは7番目、お名前と同じナンバーですね」と言われ、「七芒星といい、七田先生といい、最近、七が多いなぁ」と思ったのね。

そして急に、思い出した。半年くらい前に私は、その伝授をしてくれる方のサイトで、キリ番「777」を踏んでいるのだ。

こんなに「七だらけ」になるなんて、何かあるよな〜と、思わずにはいられない。いくらなんでも、揃いすぎだよね。

話、変わって。

先日、アマゾンのマーケットプレイスで、レイキの本を2冊買った。

2冊買ったのだけど、届いた荷物には、1冊しか本が入ってなくて、問い合わせのメールを出した。

そうしたら「調査に時間がかかるので、全額、返金します」と、2冊分、返金してくれた。

たいした金額ではないけれど、1冊、タダで手に入っちゃった。ちょっとラッキー。

カテゴリ:
今日はスキルアップ会を、行いました。参加してくれた皆様、どうもありがとう。

基本的には毎回、事前に何をやるか?を考えず、その時その時、参加者さんの要望から内容を考えているので、ハラハラするけれど、いろいろアイデアが出て面白い会なのだ。

今日は、五感を使って感じることが、全体的なテーマとなった。

はじめはレイキを、五感を使って感じて、それからオーラやチャクラを、五感を使って感じた。

どうも私は、レイキを流している時に、白檀の香りを感じるようだ。今日は、ね。

それから昨日、作られた「満月水」を持ってきてくれた方がいて、飲んでみたら、まろやかで、とても美味しかった。味と舌触りで、満月のエネルギーを感じることも出来たよ。

その方に教えてもらったんだけど、昨日は、惑星直列もあったんだって。貴重なお水を提供してくれて、サンキューです。

あと面白かったのは、ポジティブなエネルギーを受け取る練習かな。1人ずつ、褒めちぎっていった。

そして褒められた人は、ただただ「ありがとう」と受け取るようにしたんだけど、どうしても「えー、そんなことないよ〜」とか、何か言い訳というか、褒められたことに対して、何か注釈や否定をつけたくなる。素直に受け取るのが、難しい。

これは、日本人の気質もあるだろう。与えることは得意でも、受け取ることは苦手な人が多いみたい。

そして褒められる前と後で、グラウンディングというか、気の重心が、どう変わるのか?チェックするために、皆で体を持ち上げた。

褒められる前は、持ち上げると、それなりの重さがあるんだけど、褒められた後では、ひょいっと軽く持ち上がる。違いが歴然で、面白かった。

こんな感じで、遊び楽しみながら会は終わり、そんなにたいしたことは、していないつもりなんだけど、帰宅してからドーっと睡魔に襲われ、倒れるように寝た。

そして夢の中で、私はワークショップに参加した。

はじめは室内で、レイキの各段階の・・・、講習じゃないんだけど、なにか説明を聞いていた。ファーストが終わって、それで帰る人もいた。

各段階と段階の合間、休憩中に、猛烈に腹が減って、売店で何か買って食べる。それでも足りなくて、もっと食べようと、フルーツを選んでいるんだけど、買う前に、次の説明が始まりそうになったので、食べるのは諦めた。

ティーチャーまで説明が終わって、それから外に出た。3〜40人くらいの人達と、ゾロゾロ行列を作って、歩いている。男性が多い。先頭と、要所要所に、ガイドがいる。そのうち1人は、実際に私が知っている女性のガイドだった。

川沿いを歩いたり、小高い丘に登ったり、町並みを歩いたり、ただ、ゾロゾロ歩いてるんだけど、それが次の、レイキの次の修行らしい。

私は自然ある風景を見ながら「近所(どうも高田馬場・神田川沿いらしい)に、こんな自然があったのか。今度、散策しに来よう」と思いながら、歩いている。実際にある風景では、鷹の台からムサ美に行く玉川上水沿いに、似ていたんだけどね。

丘が渦巻いたようなところが、ゴールだった。そこで修行は終わり、ガイドが熱く、これからについて、何かを語っている。それから解散となったけど、まだ皆、ガイドと話したりしているので、そこを離れにくく立ち尽くしていたら、目が覚めた。

うーん、夢の中でも、スキルアップ会、してたのだろうか?

カテゴリ:
母に会った。喉に、大きなシコリ(腫瘍)が出来ていた。少し痩せたみたいだなぁ。

母と一緒に暮らしている父は、風邪(本人は心労と言っている)で倒れているそうだ。あーあーあー。

10月、定休日だけでも、母の勤めてる会社で働いてくれないか?と言われた。1ヵ月以上、休んだら、職を失うからなんだろうね。母の代理ってことで私に、働かないか?と。

やったことない仕事の代理なんて出来るわけもなく、また10月も引き続き、定休日は会社勤めになる可能性大だし、無理だ。

と思うんだけど、退院後に母が職を失ったら、なおさら私に負担がかかると思うので、何をどう選択したらいいのか悩む。

分身したい。。。無理だよな。

残業しまくったら、会社でしている仕事は、今月中に終わらせられるかもしれない。そうすれば10月は、母の会社で働けるかも?

でも、いくらレイキがあるとはいえ、これ以上無茶して、私が倒れたら?

両親が倒れているのに、私まで倒れるわけには、いかんよな。

・・・いろいろ考えるが、考えが、まとまらない。

今日は満月。晴れてて、お月見日和だね。

これから何かと、お金が要りようになりそうだし、財布と通帳に、お金を引き寄せるオイル塗って、月の光に当てておこう。

このページのトップヘ

見出し画像
×