アーカイブ

2005年05月

カテゴリ:
受講生さんティーチャーと一緒に、臼井先生のお墓参りに行ってきた。

新高円寺の駅で受講生さんと待ち合わせしていたのに、丸の内線・新宿駅ホームで、バッタリ会ったので驚いた。

私は電車を1本逃してしまって「やばい!待ち合わせに遅刻する!」と内心、焦っていたのだけど、こうして遅れるのも意味があったというか、何かに導かれて遅れたのかな?と思ったりして。

お墓に到着したら、それまで止んでいた雨がパラパラと降り出した。

お線香をあげて、帰る頃には雨もやみ、パーっと晴れてきた。禊ぎの雨だったのかしら?と感じるようなタイミング。

お墓には、蚊よけになる草の鉢植えが置いてあって、少し笑えた。去年の夏に来た時は、蚊に食われまくったっけ。誰が置いてくれたのかな?気がききますね〜。

カテゴリ:
道を歩いていて。

何人かの若者男女グループが前を歩いていて、その横を通り越そうとしたら、ジュ。。。腕が熱い。

グループの1人が歩きタバコしていたみたいで、通り越す瞬間、私に根性焼きを入れた。

「あつっ」と言ったら、歩きタバコしてた人は「あ。。。。」と固まり、その隣にいた女性が「すいませんねぇ」と酔った口調で言う。他の何名かは、歩きタバコしてた人を「どんくせ〜」と、からかっている。

「すいませんねぇじゃないよ、どーしてくれるんだよ!」と一瞬カチンときたが、酔っ払いに関わるの嫌だし、レイキですぐ治るだろうと思って、そのまま相手の顔も見ず、何事もなかったかのように通り越した。

でもその後、私は「たいしたことない」と思って、真面目にレイキをかけなかった。

1日経って、焼かれたところがグジュグジュになってきた。あれ〜?火傷はたいてい、その日のうちに治るのに。しまった。ちゃんとレイキかければ良かった。

また何も言わず、黙ってその場を去ってしまった事にも、後悔してきた。その時は「レイキで、すぐ治るだろうから、怒らないで済んで良かったな」と思ったけど、ちゃんと叱った方が、歩きタバコしてた人の為になったかも。。。

カテゴリ:
夕方まで、死んだように眠り続け、少しスッキリしたので、荷物など片付ける。

ところで、京都にいる間は、やたらと地震雲を見た。昼も夜も出ていた。

今日は東京や関東でも、地震雲が出てたみたいだね。

雲は私達に、何を伝えようとしているのだろう。

カテゴリ:
鞍馬から帰る。

膝から下、足が筋肉痛でヘロヘロだ。去年より、歩いていないと思うんだけどなぁ。

帰りのバスでは、セルフヒーリングしながら、死んだように眠った。

帰ってからも、死んだように眠った。

来年は、新幹線で行ける身分になりたいものだ。

第15回レイキ交流会〜鞍馬ウエサク祭

カテゴリ:
五月満月祭今回はレイキゆかりの地である京都・鞍馬寺の、五月満月祭(ウエサク祭)に参加しました。

五月の満月には、天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーが降り注がれると言われています。このエネルギーを身に受けて、自分と全てのものの「めざめ」のため、祈りを捧げるのがウエサク祭です。

私はウエサク祭に、初めて参加します。ただでさえ鞍馬山はエネルギーに満ち溢れていると感じるのに、ウエサク祭では、ひときわ強いエネルギーが降り注がれるなんて、楽しみです。

数名の参加者さんと一緒に、東京から長距離バスで京都へ移動しました。車内ではヒーリングをしたり、瞑想したりして過ごしていましたが、京都に近づくにつれ、お天気が怪しくなってきます。

岐阜に入って雨が降りはじめ、大津からは、もうどしゃぶりになってきました。ウエサク祭は雨が降ること多いと聞いていたけど、今夜は降りっぱなしなのかしら。

山科から京都へ。この辺りで雨が小ぶりになり、空は明るくなってきました。そして目の前に京都駅が現れ、でもまだ雨は降っていたので「カバンから折り畳み傘、出さなきゃ」と思っていたのに、バスを降りる時には止みました。

なんて素晴らしいタイミング!

そして待ち合わせ場所で、他の参加者さん達と合流し、まずは出町柳へ向かいます。ここで晩御飯を食べ、飲食物を買い込んでから、いざ鞍馬へ!

鞍馬寺入り口で見た満月鞍馬駅に到着し、鞍馬寺の入り口・石段を登りながら「やった着いた!今年もここに来れて良かったなぁ」と、ふと後ろを振り返ると、山から登るように満月が見えました。

いや〜晴れて良かった。あれだけ降ったから、もう雨は降らないでしょ。皆さん満月を記念撮影しています。私はちょっと、お月さんを感じてみるか。。。

すると、めちゃめちゃ暖かい、波動のお返事が返ってきました。え?何コレ?月って、こんなに暖かいの?

面白かったので皆に、月の光を浴びるように手をかざしてみてと、伝えました。

全員が、暖かさを感じて、驚かれていたようです。穏やかな春の日差しのように、ポカポカと暖かいんです。月って、もっとクールな感じと思っていたので、意外な側面を知ることが出来ました。

第1部で使われた蝋燭・願いがひとつ叶うそうですそれからケーブルカーに乗り、石段を登り、本殿へと向かいます。ちょうど本殿では第1部・地鏡浄業(きよめ)が終わったようで、蝋燭を手にしながら帰る人達と、すれ違います。

本殿に到着する手前で、石段踊り場にあるトイレに私は行きました。そしてトイレから出てくると、皆が手を体の前に差し出し、月光を手の平に受けるようにしています。

「何やってるの?」と聞くと「手から白い湯気がボワボワ出てスゴイ」と言います。あぁ、気を見ていたのですね。

「レイキを習っていない私にも見えるなんて」と驚かれる方もいましたが、気が見えることと、レイキを習って使うことは、また別の話ですもんね。今日はエネルギーも強いでしょうし、夜で薄暗いから、見えやすいのでしょう。

本殿見えて良かったね〜と盛り上がりながら、本殿に到着し、第1部から参加されていた先発隊と合流して、これで全員集合です。レイキヒーリングを受けたことがある方からティーチャーの方まで、9名の方と一緒にウエサク祭に参加しました。

本殿前のアプローチには棚があり、そこに蝋燭が並べられていました。そして本殿前の地面に描かれた六芒星には、それを縁取るように棚があり、そこにも蝋燭が並べられていました。とても神秘的・幻想的です。

六芒星の中六芒星の中心には、山のような何かがあって、花が添えられていました。私達は本殿に向かい合う形で、六芒星の側に座りました。

たまたま・・・にしては有り得ない話ですが、私達の座った前には、参加者さんのお友達が座られていました。「えー?なんでここにいるの〜?」と、お互いに驚かれていたようですが、せっかくなので、皆で一緒にレイキサークルしました。

そのうち周囲に人が集まってきて、第2部・月華精進(はげみ)が始まりました。お坊さん達が登場し、本殿前のアプローチに座られ、読経が始まります。

読経が終わると、瞑想の時間となりました。これだけの大人数で瞑想するのは、初めてです。感動や喜びが沸きあがります。

本殿前から見た満月が、途中で何故か、背後にある満月が気になって気になって、何度か後ろを振り返り、月を見たりしました。瞑想には、あまり集中できなくて、あっという間に終わってしまいました。

第2部から第3部までは、4時間くらい時間があります。私は休憩所で食事をしたり、護摩木に願い事を書いたりしてましたけれど、室内にいるのは、どうにも落ち着きません。月の光が届く場所にいたかったので、休憩所は狭いスペースなので休みたい方に使ってもらい、ほとんど外で過ごしていました。

まだまだ元気いっぱいの参加者の方と一緒に、月明かりの下で、アチューンメントしあったり。オーラを見あったり。スピリチュアル能力を活性させる呼吸法をしたり。チャクラを活性させ、そこを流れる天と地のエネルギーの通りを良くするイメージをしたり。

多分、いつものように東京で、室内で行っていたら、味わえないだろうなぁと思える体験を、いっぱいしました。

ここで、レイキは生まれたのよね。鞍馬山でエネルギーを感じていると、それが、よく分かるような気がします。

そうこうしているうちに、第3部が始まりました。休憩所の階段に並んで、一人ずつお清めを受け「心の書」という御本を頂き、六芒星の前に並びます。月は沈んで、見えなくなってきています。

時計を持っていなかったのですが、全員がお清めを受け終わるまで、1時間以上かかったのではないでしょうか。六芒星の前に立って待っている時は、足元が砂利だからか、とても足が張って疲れてきました。

全員がお清めを受け終わると、読経が始まりました。

はじめに般若心経を、皆で一緒に唱えました。

その後、鞍馬山尊天真言を唱え続けました。これは、何度か繰り返されるうちに覚えて、唱えられるようになると思いますが、知らない人には「いったい何を唱えているの?」と感じられるかもしれません。

第3部が終わり、お焚き上げの火で温まる人たち般若心経の時だったか、真言の時だったか忘れてしまったのですが、唱えている時に、前から火が上がりました。

私の前には人がたくさんいて、前で何が行われているのか見えなかったのですが、六芒星のところで、さっき書いた護摩木を焚いているようです。

それから「心の書」を読みました。だんだん空が、明るくなってきています。

最後に、信楽香仁管主の、お話がありました。

場所が離れていて、お声が聞こえにくかったのですが「いつもなら護摩木にすぐ火が点くのに、今年は、なかなか燃え上がらなかった。またいつもなら、もうご来光が拝めている時間なのに、今年は雲があって見えない。これは現代を象徴しているようだ」というようなことを仰っていました。

集合写真。みんな真冬の格好してますこうして第3部が終わり、ウエサク祭は終了です。朝になっても、蝋燭はまだ燃えていました。閉ざされていた本殿の戸が開いたので、ゆっくりと拝み、少し休憩してから帰路につきました。

来て良かったなぁと思いました。今回は実際に、レイキを使う機会は少なかったですが、参加者の皆さんも、色々感じるところがあったのではないかと思います。レイキを通じて出会えて、ともに貴重な時間を過ごせて、本当に感謝しております。

帰りはケーブルカーが運行していなかったので、九十九折を歩いて下りました。それにしても、私は膝から下が、ガクガクと笑っています。ちょっとした拍子で、コケそうです。徹夜で、はしゃぎすぎたかも。

「下りも結構キツイから、これを登るのは大変だろうなぁ」と思って歩いていたら、九十九折を登ってくるお爺さんに会いました。

「今日は人が多いけれど何かあったのですか?」と聞かれたので「昨晩からウエサク祭があったのですよ」と答えると「私は京都に住んでいて、毎月鞍馬に来ているのに、そんなものがあるとは知らなかった」と仰っていました。

あらら〜、可哀想に。でも宣伝している様子はないので、知らない人も多いのかもしれません。「お寺の人に、詳しく聞いておくと良いですよ。とても良かったので、来年は参加されてみては?」と言って別れました。

お爺さんは「私はもう90なんですよ」と言いながら、ひょいひょいと九十九折を登っていきました。うーん、すごい!見習わなくては。

お爺さんの背中を見送りながら、来年もまたウエサク祭に来よう、今度は第1部から参加しようと、強く思いました。

カテゴリ:
チャネリングの入門編みたいなクラスに参加した。何となく「面白そう〜」と思って行って来たのだが、かなり満足度高し。

印象的だったのは、パワーアニマル。これは自分の能力の、使えていないところを補ってくれるような存在だそうだが、私は黒豹(シャーマンの女王)を見た。しかし、こいつは私の横で、ゴロゴロ寝ているのだ。

役立たずめ・・・(笑)と思っていたら、先生が仰るには、私の後ろには大きな象(グラウンディング)がいて、私の背中を鼻で「もっと前へ出ろ〜、もっと高く上がれ〜」と押しているんだって。

そして黒豹は「君(私)が動いたら俺(黒豹)も動くよ。それまで待っている」そうな。

象は私には見えなかったので、ただただ「へ〜そうなんだ〜」と話を聞くばかりなのだが、帰りに、それを象徴するかのように、渋谷のスクランブル交差点で信号待ちをしている時、前にある大スクリーンに、象が3匹歩いている映像が映し出されたので笑えた。

最後に、スピリットガイドからのメッセージを、先生が伝えてくれた。「今は大きなシフトを迎える充電の時。停滞しているのに安住してはいけない。行き先を決めて、それに向けて充電せよ」といった内容だった。

これには、ハっとさせられた。ここのところ、自分が止まっていると感じているのは確かで、いろんなところから「進め」と煽られてはいるんだけど、何をどう進んでいいのか、何をしていいのか分からず、目の前にあることを片付けるばかりで、もどかしかったのね。だから初心に返ったりしてたのかもしれないが。

2002年に立てた、レイキの仕事で自立するという目標は、今年に入って完全に達成できたので、新たな目標を立てる時期なのかもしれないね。

カテゴリ:
昨晩は初心にかえってブルース漬けになっていたら、ギター弾かせてもらっているブルースバンドの、イベント出演日時が決定したと連絡が入った。流れるようなタイミング、やったね!

話し変わって。

昨晩、友人が制作しているテレビ番組で、体外離脱の特集をやっていた。モンロー研究所や、ヘミシンクが紹介されており「ヘミシンクのCD聞きながら瞑想したら面白いかも?」と思って、今日やってみた。

始めのうちは呼吸に意識を向け、後ろの横隔膜が下がらないなぁ〜とか、思考が働いて色々考えてしまっていることに気が付いた。

いかん、いかんと雑念を払い、音楽を聞くことに集中したら、雑念は落ち着いた。手は、ビリビリしている。30分CDだったんだけど、あっという間に感じた。終わった後、通常意識に戻るのに、ちょっと時間がかかった。ヘミシンクCDはリラックスできるし、瞑想のお供にいいかも。

カテゴリ:
昨日から早起きして、セルフヒーリング&瞑想の時間を持つようにした。いつも夜やろうと思うんだけど、夜はバタバタしているうちに眠くなって寝てしまうので、レイキを習い始めた頃を思い出し、朝やるように変えた。お陰さまで昨日今日は、心身ともにスッキリと調子が良い。

レイキで初心に帰ったのとタイミング同じく、ギターも初心に帰る。

いや、初心とはちょっと違うかな。でも一番、一生懸命ギター弾いていた時の気持ちに帰る様な出来事があり、それをきっかけに、ドワーと雪崩のごとく、あの頃の情熱(?)が蘇る。

情熱がなきゃ、やってて面白くないもんなぁ〜。

良い刺激を得た。何かやれば、何か変わるんだね。

虹を見たかい?

カテゴリ:
オフなので、柏に遊びに行ってきました。

駅前で遊んで、ちょっと歩いたところにある、お風呂に行こうとしたら・・・

20050518大きな虹!

しばらく見ていたら、二重の虹になった。うわぁお!

前にも書いたことあるけれど、虹は天からの祝福と聞いたことがある。良かったね!

カテゴリ:
今日はスキルアップ会を行いました。参加してくれた皆様どうもありがとう。

さて、今日の私は、いつもとは違う明らかな異常があり、それを「見つけてみよう!」と参加者の皆さんに試してもらった。

近いなぁという箇所をキャッチされた方はいらしたけれど、私がズバリ言い当てて欲しいなぁと思っていたことを当てられた方は、残念ながら無し。

実は、お昼御飯に食べたアジフライの骨が、虫歯にはさまって取れず、ちょっと痛かったんだよね〜。さすがに、そんなのこまかいの、分からないか(笑)。

それよりも、ここのところ気になっている、突然ぎゅっとくる左胸の締め付け感をキャッチされた方が多かった。みんな、すごいなぁ〜。

このページのトップヘ

見出し画像
×