アーカイブ

2004年09月

カテゴリ:
癒安の伊織さんと、東京すぴこんに初出展させて頂きました。

「すぴこん、どうでした?」と、良く聞かれるので、まずは、ぶっちゃけの感想「私も遊びたい!!」ですね(笑)だって、周りに面白そうなもの、いっぱいあるんだもん。

出展しての感想は、1日中ヒーリングに集中っていうのは今までなかったのと、ペアでヒーリングをさせて頂くことも初めてなので、良い経験となりました。

でも、お客様や遊びに来てくれた方と、ゆっくりお話する時間を作れなかったのが残念。もしまた出展させて頂く機会があれば、もっとゆったりマッタリプランにしようかな〜と思います。

第8回レイキ交流会

カテゴリ:
今回は、レイキまったく初めての方からティーチャーの方まで、18名の方にご参加頂きました。ありがとうございました。

レイキサークル今までよりちょっと広いお部屋を借りたのですが、それでもまだ狭い感じがして、なんと言いますか、私1人から始めた交流会に、こんなに大勢の方が参加して下さって、とても嬉しいです。

そして皆さんの顔を見た途端ホッとして、私は頭が真っ白になっちゃったんですよね。連日の忙しさで張りつめていたものが、安心して急にプチっと切れちゃったような感じでした。

そのため会の進行が、あんまり上手にできなくて、ごめんなさい。のっけから、皆さんのお顔を見て、癒されてしまいました。

レイキマラソン会の流れとしては、いつもの通り、レイキサークルを行ってから、レイキマラソンを行いました。

レイキマラソンは2組に分かれて行いました。

とても幸せな時間を過ごせました。ありがとうございました。

カテゴリ:
生活を変えなきゃ・・・と、ずっと思っていたけれど、今日ようやく自分の中で、柱がビシっと立った感じ。変える決断ができた。

その詳細については文章にできないんで省くけれど、自分の弱さを克服できた感じだろうか。そして今までより、もっと大きな目標が出来た。

年をとるにつれ可能性が狭まっていくことが多いと思うけど、レイキを実践していると、逆に広がっていくように思える。

宇宙エネルギーって本当に豊かだなぁ〜。

カテゴリ:
今日はウチで、すぴこんに出展する練習を行った。短い施術時間でどこまで出来るか?は、毎度のことながら大きな課題だなぁ。ザワザワして(いるであろう)会場で呼吸を合わせるのも、私にとっては大きなテーマかもしれない。

ところで、皆でお互いにヒーリングしあっている時に、彼氏にヒーリングをしたら、色々と不快なもの(痛みとか)が出てきたので驚いた。何コレ、グチャグチャじゃん(笑)

私は胸、頭、腰、足首に痛みを感じながら、生き方の問題じゃないかしら?と思ったんだけど、彼はヒーリング中に、足かせが付いているような感じがしたそうだ。不快な箇所の大部分が、前世で私の娘だった時の何かに繋がっているようにも感じた。

10月のアタマにヒプノセラピストさんと、私をヒプノの練習台にして遊ぶ約束してるので「その時、ヒプノ受けて前世見てみたら?」と言ったら「怖いから嫌だ」と言う。

嫌がるものを無理に受けさせようとは思わないし、その必要性を感じていないのにヒーリングしようとも思わないけど、早く浄化した方がいいんじゃないかなぁというのも本音だったりする。

とりあえず、私が見ているもの(前世)ちょっと思い出してみる?という感じで、彼氏の額に手を当てレイキを流す。

すると彼が「石でできた神殿と森が見える」と言う。木の葉っぱの様子とか、森の雰囲気とか細かいところも、私が見ているのと同じようだ。

でもこれは私の念が届いちゃったのかな?とも思うので、時計をもう少し戻し、ヒプノの要領で足元を見てもらう。

足元を見ると、暗くて足元は見たくなかったそうだ。上を見ると、森が見えたと言う。池に沈んでいるような感じがするらしい。

その感覚は、私にも伝わってきた。池に沈んでいる・・・というか、重りをつけて沈められているんじゃないか、こりゃ。沈められて暴れているというんじゃなくて、それを諦めて、黙って受け入れているような感じがした。

これは、その前世で死ぬシーンなんだろうか。時計を巻き戻したつもりが、進んじゃったみたいだ。強烈なシーンの方が見やすいのだろうか。

その辺で疲れたのでレイキを流すのはやめた。以前、ヒプノセラピストさんと「前世を見て色んな死を体験できるのは面白いよね」なんて話したことあるけれど、見れば見るほど受け入れられるのか、死への恐怖は薄れる気がする。

終わった後「だから(彼氏は)プールとか海に行きたがらないなかなぁ」なんて話し、お互いに妙に納得した。

ん?でも風呂は好きみたいだぞ?何で?と言ったら「きっとそれは日本人のDNAだよ」と言う。そうか、DNAはカルマに勝るのか(笑)というか、お湯は別物なのかな。

海やプールを好きになってくれたら・・・、デートの幅も広がって楽しいだろうなぁ。いつもお風呂ばっかり行くので、ちょっと飽きてる。

カテゴリ:
外出先で、ペンダントをなくした。出かけに鏡を見た時はあったのに、ふと首元を見ると、なくなってる。

私は普段、アクセサリーは全く付けない。付けると、いつの間にか外れてて、なくす。

だから今回も「よっぽど私はアクセサリーとはご縁がないんだな〜」と思って諦めようと思ったけれど、8月に開運グッズとして買ったばかりのモノだったので、諦めきれず、心当たりのあるところを探したけれど、見つからない。

こういう時はレイキだね。

ってことで、自分の頭に第1シンボルをかぶせ、なくしもの探しのレイキもかけ、その後、そのことは忘れることにした。

で、外出先での仕事が一段落して、ぼちぼち帰ろうかなという時に「それにしてもペンダント、どこいったのかな〜」と思い出し、ふと床を見たら、あった!!

あら、散々探しても見つからなかったのに、こんなところに落ちているとは〜。見つかって良かったざんす。

カテゴリ:
私のバンドで、サックス吹きとトランペット吹きとキーボードを探している。

探している。と言いつつ、忙しくて、サイトや雑誌にメンバー募集告知を出したり、そうした情報に目を通す時間がとれないのが現状だ。他のメンバーは、どうやって探しているんだろう。

自分からアプローチをしなければ、メンバーが見つかる訳もないので、とりあえず私流に、メンバー募集告知を出した。

レイキを通じて地球全体に「こういうメンバーを探しています!!」と発信する。地域は日本だけに限定してもいいんだけれど、どこに誰がいるのか分からないので可能性を高めるため、地球全体に、自分の求めているものを発信する。

そして「私は日本の新大久保にいるから、該当者は私を探して会いに来て!」自分の意識(求めているもの)を明確にするため、バンドの理想図を書き、自分の部屋の壁に貼る。情報をセットしたら、あとは、果報は寝て待て。

念のため、プライベートサイトで告知し、メルマガでも告知した。それで反響があるとは思えないけれど、何もしないよりいいだろう。

そして、セットしてから3ヶ月くらいたったのかな。

先日、レイキ講習を受けに来られた方が、ウチの壁に貼ったバンド理想図を見て「私もサックス吹くんですよ」と言うではないか。

え、ちょっと待って。どの位、吹けるの?今、他のバンドに入ってる?

なんて話になだれこみ、今日は見学も兼ねて一緒にスタジオに入り「しばらく一緒にやってみたい」と言ってくれた。

やったー!サックス吹きが見つかった!

この調子で、トランペットとキーボードも見つかるといいな。

カテゴリ:
ミュージシャン友達に頼まれて、彼の自主制作CD盤印刷をする。名刺も作って印刷する。

CDは先日50枚位印刷したんだけれど、あっという間に売れて無くなったというので、今回は60枚位印刷したけど、これも、すぐに売れて無くなっちゃうかな〜と思いつつ、刷り上ったCDにレイキをかける。

お次は名刺。何パターンかデザインし、どれがいいか、フーチで選んでもらう(笑)

100枚印刷して、出来あがった時に彼氏が遊びに来て、名刺を見て、文字に間違いがあると指摘する。

よく見直したつもりだったけれど、スペルミスがあった。今の時点で気付けて良かったね〜と修正し、100枚印刷し直して、出来上がり。完成した名刺にレイキをかける。

レイキエネルギー付きだから、CDも名刺も、すぐハケちゃうかもね。

カテゴリ:
彼氏が持っているお守りに、砂を入れて(これは気学の開運法)パワーアップさせた。フーチで確認すると、砂を入れる前より大きく回転したので、砂も効果あるんだなぁ〜と改めて納得する。

ついでなのでお守りに、レイキプラスアルファで調合したエネルギーを封入したら、壊れるんじゃないか?というくらいフーチは大回転した。

うひゃ〜、面白い。

カテゴリ:
友達のお母さんが、先月のアタマから突然、顔面麻痺になってしまった。その話を聞いてから、ボチボチペースで遠隔ヒーリングさせてもらっていたんだけど、今日はお宅にお邪魔して、実際に手を当て、ヒーリングさせてもらった。

お母さんのお知り合いの方もレイキされているそうで「昨日その人にもレイキしてもらったのよ」と仰っていた。その時に私のことを話したら、知人の方は私を知っていたとか。。。

あら〜?誰だろう??と思いつつ、不思議な感じ。私が昨日遊びに行ってたら、一緒にレイキマラソンできたのにね。

友達も「背中が痛いから、やって」と言うので、ヒーリングさせてもらった。コリとかじゃなく、傷があるようなチクチクした表面的な肌の痛みらしいんだけど、見ると特に傷ついている様子はない。真っ黒に焼いた後だから、日焼けからきてるのかなぁ?

一家に1人、レイキヒーラーがいるといいのにね。

このページのトップヘ

見出し画像
×