アーカイブ

2003年04月

カテゴリ:
今日は定休日で、バンド関係の予定もなく、久々の完全オフ!

こんな日は珍しいので、音楽やヒーリングから離れて、友達とノンビリ遊ぶぞぉ〜!と思っていたけれど、その友達にレコーディングした曲を聞かせたり、ヒーリングしたり、レイキの説明したりして、好きなものは切り離せないというか、結局やっちゃうんだよね(笑)って感じだった。

友達とは、10年近く付き合いがあるんだけれど、体に触れるのは、ひょっとしたら初めてだったかもしれない。「今からヒーリングするぞ!」と思うまでは、私はその辺の回路みたいのを普段はオフっちゃうので、今日、ヒーリングで手を当ててはじめて「ありゃ、この人ったら、こんなところに色々溜め込んでいるよ」と気付いた。

友達同士だと、お互いに照れくさいのもあったりして、ヒーリングしてあげるのが難しいところもあるんだよね。

また、私がヒーリングをやりはじめる前から付き合いがある人たちは、私とヒーリングが、どうも繋がりにくいみたい。未だに「ヒーリングって?レイキって?なに?ななちゃん、怪しい宗教はじめたの〜?」みたいに言ってくる人もいて、好きなようにとらえてもらって構わないんだけれど、せっかくの癒しの手を有効活用してもらえないのは、淋しい気もするなぁ。

ま、私もヒーリングやレイキを押し付けるつもりはサラサラないので、望む人が受けてくれれば、それでいいなって思っている。

中には、風邪だー花粉だー腰痛だーと、なにかと私のヒーリングを活用しちゃう友達もいたりするけど(笑)あんまり頼まれると大変なので、いずれは、自分でも出来るようになってねー。

カテゴリ:
今日は横浜銀蝿のドラマー・嵐さんのお誕生日記念ライブ「嵐ちゃん祭り」での出演バンドにゲストで呼ばれ、アコーディオンとギターを弾いてきた。

このイベントは昼行われて、夜は横浜銀蝿のライブが予定されていた。私は何年か前に銀蝿のライブを見て、ノリノリで踊ってたクチなので、ライブを楽しみにしていた。

けど数日前に、銀蝿のボーカル・翔さんが覚醒剤所持で逮捕され、銀蝿は活動停止。もちろんライブも中止となり、ライブの代わりに嵐さんの記者会見が行われた。

テレビで嵐さんの記者会見を見た人もいるのかな?ウチにはテレビがないので見れなかったけれど、私はその会場にいて、嵐さんって、とってもスゴイ人だな、と思った。

「銀蝿と区切りのライブが出来て良かったですね」というメールも頂いた。

鋭い!そうなんだよね〜!銀蝿にとっても区切りなのかもしれないけれど、今日は、私にとっても、色んな面での区切りだったんだと思う。

なーんて、まだ自分でも、それが何なのかはハッキリしていないんだけれど、10年近いブランクを乗り越えてエレキギターをライブで弾いたわけだし、そこで私が原点にかえれる音楽(ロックだけどね)を演奏し、さらにライブをやったのは、私がレイキ伝授を受けた関内だ。

さ・ら・に、関内は、私の家から南。南は、離合の作用が働く方位なのね。ここのところの私は、もう手放してもいい気持ちや自分が、自分の中にまだたくさんいる事に気付き始めていたから、昨日もそうだったけれど、また色々と手放していくのかもしれないね。

多くの気付きやきっかけを与えてくれた翔さんに感謝するとともに、より自分らしく!よりハッピーに!覚醒剤よりアイラブミーだぜ!!って、伝えられたらいいなぁ。

カテゴリ:
最近は「仕事」で悩んでいる方からのヒーリング依頼が多い。たいていどの方も、以前の私と同じように、お金を稼ぐための仕事というか、「好きでも嫌いでもない仕事をして」または「好きだけれど本当に心から好きというほどでもない仕事をして」心や体がマイっちゃっているようだ。

仕事というのは、1日の大半を、一生の大半を、それをして過ごす訳だから、「何を仕事にするか?」というのは、とても重要なことだよね。

私の場合は、わりと「これをやりたい!」というのが明確であることが多いので、もう、それに向かって進むのみ!そして進みつつ、自分がやりたくないと感じる事とドンドンお別れしていって、軌道修正しながら、より自分がやりたい事に、近づいていくような感じかな。

私は今日の朝、ある大きな決断をした。自分が「イヤだな」と感じつつもやり続けていた事を、完全に止めることにしたのだ。

まず始めに、大きな喜びがやってきた。次に、半ば人や一般常識などから無理矢理やらされているように感じていた事も、それは自分の意思で、やることを選択していたことに気付いた。そんなの当たり前なんだけど、頭では分かっていたんだけど、心が分かっていなくて、どこかでブーブー文句言っていたんだけど、これって自分に対して、ブーブー言っていたんだなぁ。おぉ、ごめんよ、私。知らない間に、傷つけていたんだね。

それから、ちょっとだけ不安がきた。けど「私は自分を信じるぞ!」と思ったら、すぐに消えた。何の根拠がなくても、自分のことは信じた方が得だって、レイキで充分なほど知っているのだ〜。

この心の動きは、朝起きてから目覚めの一服を終えるまでの、ほんの5分位の時間だったと思う。スパっと決断できた。

たったそれだけなのに、「今日は一体どうしたの〜??」ってくらい、自分のやりたい事に向けてのメールや電話が殺到した。ビックリした。

自分の意識が現実を創っているということを、とっても分かりやすい形で再確認できた1日でした。

こんな風に、私も未だ、自分の好きなことを仕事にしていこう!と迷走しているような状態っす。仕事のことで悩まれている皆さんも、ぜひ、ちょっとずつでもいいから、自分の「好きなこと」に向かっていってみて下さい。自分の意識が変わる度に、きっと現実も、変わってくると思いますよ。

カテゴリ:
ここのところ自分の中で、また何かが変化している気がする。どれがどうという訳ではないんだけれど、熱を出して倒れるパターンの派手な変化ではなくて、穏やかなレイキのジワリジワリを感じる。

私がそれを感じる時は、セルフヒーリングをする時間がとれなかったり、しても途中で寝てしまって、最後まで出来ない時が多い。

そして日常生活は、なんかジレったいような、ヤボったいような、自分の周りに目に見えないモヤがかかっていて、でも色んなことに少しずつ気付いて、モヤがちょっとずつ晴れていくような感じ。そして晴れた時に、気付いたら変化していた、といった感覚。

今日の私は、久々にロウアーな自分に引っ張られて、ブスっとしちゃって、自分でも「あれ?なんでだろ?なんかいつもと違う?」という反応を示す事が多かった。

それが何でなのかは、すぐに分かった。1つは、疲れすぎていること。いい加減、自分には、休息が必要なようだ。そして1つは、本来であれば自分がやらなくてよいこと(他に適任者がいること)を、周囲から任されたり頼られたりしていること。そして1つは、さっきのと似ているんだけれど、自分が「本当はこっちをやりたい」のに、ちょっと違うことをやってしまっていることだった。

分かっちゃえば、すぐに気を取り直して、いつもの私に戻れるんだけれど、ハイアーとロウアーで綱引きされちゃうのは、フラフラしてヤだな。

より自分らしくいることが、ハイアーでいられることのようだ。自分らしくないと感じることは、また少しずつ軌道修正していこうと思った。

カテゴリ:
朝、バンドのメンバーが家に来た。ミーティングで集まったんだけど、一人が「背中が痛いから叩いてくれないかな?」と言う。

痛いとこは、叩かない方がいいよ〜、叩くと一時的に楽になるかもしれないけれど、後で余計に痛くなっちゃうよ??

この人は、以前から「背中が痛い」と言っていたので、私はいつか機会をみてヒーリングをしてあげようと思っていたのだが、なかなかその機会が作れずにいた。

でも今日は、フルセッションしている時間はないけれど、スポット的にだったらやってあげられるかな?と思って、「ここが痛いんだけど・・・」という箇所に手を当ててみた。

「う!硬い!」そこは、とても硬かった。

直接ヒーリングや、アチューンメントなどで、人の体に手を当てた時に、たまに「うわ!硬い!」と感じる箇所がある。割りと肩が硬い人が多いんだけど、硬いと感じた時に「肩こりヒドクないですか?」なんて聞くと「そうなんです。何で分かるんですか?」とビックリされたりする。「だって硬いんだもん」と答えると「どうして手を当てただけで、硬いって分かるんですか?」と聞かれる。

あれ?手を当てただけでは、硬いか柔らかいかって、分からないんだっけ?揉んだりとかしないと、分からないんだっけ?自分でもよく分からなくなってきちゃった・・・。あ、みんな、人の体に手を当てるという機会が少ないから、分からないのかな?手を当てただけでも、明らかに他の箇所とは違う、硬いと感じる箇所があったりするんだよね。

そしてその硬いところは、痛いところだったり、疲れが溜まっているところだったり、悲しみや怒りを溜め込んでいるところだったりする。

メンバーの背中の硬いところに、手を当てた。その人は「手が温かい」って言っていた。10分くらい当てて、もういいよっていう感じがしたので、手を当てるのは終わりにした。

そしてミーティングをして、一緒に外出して、ヒーリングをしたことを私はスッカリ忘れていたんだけれど、夕方になって別れ間際に「手を当てて貰っている時は、ただ温かいっていう感じだったんだけれど、終わってから、背中が楽になったよ」と言われた。楽になって良かったね。

カテゴリ:
今日、自分が(本当は飼っていないんだけど)飼っている猫が死ぬ夢を見た。死んで動かなくなってしまった猫を抱えて、とても悲しかった。

起きてから「なんでこんな夢を見たのだろう?」と思った。気になったので夢占いしようかな?と思ったけれど、今日はアサイチでヒーリングの予約が入っていたので、その後にやろうと思った。

ヒーリングが終わった後に、そのお客さんと話をしていたら「自分が大きく変わったのは、飼っていた猫が死んじゃった時からなんですよ」と、その方が話されて・・・、半分忘れかけていた今日の夢の記憶が蘇ってきた。「その時、メチャメチャ悲しかったんじゃないですか?」と聞いてみたら、「そうなんですよ。生きている時は、そんなに可愛がるという感じでもなかったんですけど、死んじゃった時に『今まで生きてきて一番悲しい』っていうくらい悲しかったんです」とのことだった。

あぁ、今日の夢は、コレに繋がるのかなぁと思って「実は今日、猫が死んでメチャメチャ悲しい夢を見たんですよ」と話したら、その方も驚かれたようだ。偶然にしては、出来すぎているよねぇ??

この偶然の一致にどんな意味があるのかは、まだ分からないけれど、とりあえず私も驚きました。

カテゴリ:
今日、見知らぬ方から「私からレイキを感じますか?」というお電話を頂いた。

なんでも、先日どこかでサード・ディグリーを受けられたそうで、先週あたりからレイキを感じられなくなって、それで・・・不安になられたのかな?どういう経由で私を知って頂いたのかは分からなかったけれど、電話がかかってきた。

どう返答してよいのか分からなかった。「私からレイキを感じますか?」と言われても、その方が、私に対してレイキを流してくれているのでなければ、感じようがないのである。

そこのところがご理解頂けていないみたいだなぁと思って、説明してあげたかったんだけれど「どうお答えしていいのか分からないのですけど・・・」と切り出したら、「じゃあ、いいです」と電話を切られてしまった。「感じるか、感じないか」だけの返事が欲しかったのかな。

その方が、もしここを読んで下さっていれば・・・、と思って、書いてみました。

レイキを実践されている方の中には、レイキをしていて何も感じられなかったり、いつも感じる手応えが急に感じられなくなったりして、不安になることもあるかと思います。これは私の考えですが、人ですから、やっぱりその時々で色んなコンディションがあると思います。

「レイキをしたら、こうならなくてはいけない」のような定義はまったくありませんので、敏感に感じる時もあれば、そうでない時もありだと思いますから、どんな状態でも、ご自身のことを信頼して頂けたらいいなと思います。

感じても、感じなくても、レイキは必要なだけ流れます。何も感じなくて「流れてないんじゃないか?」と不安になると、それが、流れを邪魔します。

カテゴリ:
またラッキー自慢?という訳ではないんだけど、昨日お客さんと電話でお話していて、他人から見たら、やっぱり私ってラッキーなんじゃないか??と思った。

レイキを始めたての頃は、いちいちビックリしていたけれど、何か今では「ラッキーなのが当たり前!」になってきちゃっているところもあって、自分では気付きにくくなっているのかもしれない。

いつ頃からか忘れちゃったけれど、何があっても「大丈夫、全て上手くいっている」と心の底から信じられるようになって、不安を感じることがなくなってから、随分と自分が変わったような気がするな。

レイキの十大効果にもあるけれど
・トントン拍子に物事が進む。
・自分にとって必要な人・物・情報がベストタイミングでやってくる。

この2つが、当たり前になっている。そして、自分が望んでいるように物事が進まない時なども、「大丈夫、それで全て上手くいっている」と、心の底から思っているので、不安になることもなく自然の流れにお任せして、目の前にある自分の「やりたいこと」に夢中になってしまう。すると、上手くいかないことは、上手くいかないほうが良かったりして、最終的には辻褄があうというか、上手くいっているのだ。

「うーん、信じるって素晴らしい!」って思うんだけど、余計な心配というのは、本当にしなくなった。不安や心配がない生活っていうのは、そういう環境が整ってそうなるのではなく、自分の心次第なんだなぁと思ったよ。

カテゴリ:
ウチにお見えになられる方に、いつも言われる「これが例の・・・」と噂のプリンタを、買い換えた。

今年に入ってから、ランプが点滅しっぱなしになって、正常に印刷できない状態が続いてた。けれど、どういう訳か「どーしてもコレだけは印刷したい!」というのがあると、急に直って印刷できたりして、騙し騙し使っていたけれど、毎日のように印刷したいものがあって、毎日のようにプリンタのゴキゲンを伺って・・・、それに私は疲れてしまった。

前に書いたように、これは私の意識と繋がってプリンタが不具合を起こしているのではなく、本気で故障しているようだったので、修理に出して、まずは見積もりを出してもらった。

どこが壊れているとは言われなかったけれど、修理見積は、1万8千円と言われた。「ゲッ、高い!」これだったら修理するよりも、買い換えた方が良さそうだと判断し、今日、新しいのを買ってきた。

方角が五黄じゃないことを月盤で確かめて(気学です〜。五黄方位で買ったものは盗まれたり壊れたりすると今日習ったので・・・)新宿に買いに行く。お金を払って商品を貰う時に、店員さんから「重たいから気をつけて!」と言われた。ふっふっふ。アコーディオンより、軽いし小さいじゃないか。全然、楽勝です。

家に帰って、さっそく設置する。買ってきたのは、キャノンの850i。買った人のレビューや評価が大絶賛!が多かったので、次に買うならコレかなぁと前に調べていたのだ。

使ってみて、もー、ビックリした。プリンタが、こんなに進歩しているとは・・・。「今のプリンタは全然違うよ」と聞いていたけれど、まさかここまで・・・。

早いし、キレイで、静かだし。印刷しようとすると、自動で電源が入って、一定時間印刷していないと、電源が自動で切れるのはスゴイ。フチなし印刷もできて、CDにも印刷できて、満足度高いです。

面白がって、一晩中印刷してしまった。明日のライブで配るものなんだけど、夜中に印刷しても、静かだから大丈夫だね、快適〜。

ってことで、噂の「初代プリンタ」は、引退させることになりました。今日の話は、全然レイキと関係ないけれど、プリンタファンの方に報告しなきゃ!と思い書きました。2代目プリンタも、私の意識と繋がって不具合を起こしたりするのかな?密かに楽しみです。

カテゴリ:
昨日の夕方、バンドのメンバーとメールでやり取りし、風邪が長引いて体調が良くないと言われた。メンバーは、先週私が倒れたのと同じ日に、風邪で倒れた。

私は1日でケロっと治っちゃったけど、あれから1週間経つのに、まだ治っていないんじゃ大変だなーと思って「夜に遠隔ヒーリングしてあげよっか?」と聞いてみた。「やって!お願い!」って言われたので、昨日の夜にやってみた。

明けて今日の朝起きて「今日はメチャメチャ寒い!」と感じたので、「この寒さで風邪が、ぶり返したら可哀想だな」と思って、朝9時過ぎにもやってみた。

そして昼頃、メンバーと電話で話をしたら、なんと私が遠隔ヒーリングした時間をピタリと言い当てられた!

というか、私が「昨日の夜は22時過ぎにやって、一応フォローで、今日の朝にもやっておいたよ」と言ったら、メンバーは「えー?朝もやってくれたのー?それじゃあ、ひょっとしてアレは、七実ちゃんだったのか!」と、何か思い当たる節があったらしい。

なんでも昨日の夜22時過ぎに、ズドーンと具合が悪くなったらしい。そして、何かを感じたみたい。「これって遠隔ヒーリングかなぁ?」って思ったんだけど、夜にやってくれるって言っていたから、もっと遅い時間(深夜)にやるのだと思っていたそうで、これはヒーリングじゃなくて、きっと違う何か別のモノ(部屋に悪いモノでもいるんじゃないか?)と思ったそうだ。

そして朝、目が覚めて、体がとてもスッキリして体調が良かったらしい。けれどしばらくしたら、昨日と同じズドーンがきて、具合が悪くなったそうだ。時計は寝ぼけていたんで見なかったそうだけど、きっとそれは、朝9時過ぎ頃なんじゃないかな。

2人で話していて「そのズドーンは、きっと私の遠隔ヒーリングだよ」ってことになって、2人で驚いた。ドンピシャリ!で私が遠隔ヒーリングしている時間に「何かを感じた」人は初めてだ。

しかし、部屋に悪いモノでもいるんじゃないか?って思ったってことは、どう解釈していいんだろうか?ヒーリングをしている側は愛に満ち溢れてハッピーを感じながらヒーリングしているんだけど、受け手は違うのかな。

先日、肩こりでヒーリングしてあげた方も、手を当ててすぐに「肩がとても重くなりました」と言っていた。その後重みはとれて、肩こりがスッキリなくなったようだったけれど、これも一時的に悪化してから良くなっている。やっぱりレイキすると、好転反応で、最初は悪いものがバーっと出るのかな。

昼過ぎから夜まで、そのメンバーと一緒にいたんだけど、別れ間際に「お陰で体調はだいぶ良くなって元気になった!」と言われた。良かった。

このページのトップヘ

見出し画像
×