アーカイブ

2003年01月

カテゴリ:
ワクワクする本を読んだ。夢中で読んじゃった。

魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅
魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅

この方の前作『前世療法』、『前世療法2』は、過去に読んだ事がある。けど内容は、覚えていないや・・・。面白かった記憶はあるんだけど・・・。

『魂の伴侶』には、今までヒーリングをしてきて培ってきたものが、たくさん込められていた。私のヒーリングのやり方これで良かったのね!みたいなのもあるし、やっぱりこういう時はこうなのね、みたいのもあって、とても勉強になったし、励まされたような助けられたような気分になった。私がよくヒーリングのお客さんに言う「どうか思い出してください」のことも、書かれていたよ。

本の内容は、著者ワイス博士の患者である男性と女性が、お互い見知らぬもの同士なんだけど、前世療法を受けているうちに、お互いが魂の伴侶であるとワイス博士が気付き、2人を引き合わせていく・・・。とてもロマンチックなラブストーリーとしてもオススメだし、前世や輪廻転生に興味ある人にも、もちろんオススメです。

極論かもしれないけれど、私は全ての存在が、もともとは1つのモノなんじゃないかと捉えている。これを考えると、どうしても頭の中に「私もサザエさん、あなたもサザエさん〜♪」という歌がこだましてしまうのがちょっと悲しいのだが、もともとは1つで、それが分離(?)細分化(?)しているのが、この世なんじゃないかなぁって捉えている。そのことについても、本の中でチラっとだけ触れていたなぁ。広い範囲で勉強になった本でした。

そうそう。ラストに、ドキっとする1行が書かれていた。

「神の王国はあなたの内にあるのだ」

ビックリした。メルマガで紹介しようと思いつつ、うまく言葉にならなくて躊躇していたチャップリンの『独裁者』でのラストシーン名演説と、同じじゃないか・・・。

分離され(?)細分化され(?)てしまって、私たちは見失ってしまったことが、たくさんあるんだな・・・。思い出していこう・・・、自分の内側をもっと見ていこう・・・、そしてその体験を今後も伝えていこうと、新たに気持ちが引き締まった1冊でした。

カテゴリ:
ふと気付いたんだけど、お正月前後に私がレイキ講習した方々が、ここのところどういう訳か、全員PCトラブルに見舞われている。

プリンタだったりネット接続だったり・・・。

ただの偶然かもしれないけれど、何か不思議。

カテゴリ:
楽譜を印刷しようと思ったら、またプリンタがいうこと聞かない。

今回は前と違って、印刷すらしない。ランプが点滅しっぱなし。PCからは「プリンタと通信できない状態」とのメッセージ。

へ?先週まで元気に印刷していたのに、なんで突然こうなるの?

PCは、起動しなくなったり、セーフモードで立ちあがったり、なんか調子悪かったけれど、遂にプリンタにも不具合が・・・。

トラブルシューティングを見て、できることはやってみた。けど何も解決しない。

原因は・・・、前回同様、やっぱり私の意識なのかなぁ?と思うから、プリンタにレイキをかける気すら起こらない。

いま、ある問題を抱えていて、この問題が片付くまで、PCもプリンタも、なんか直らないような気がする。

前回同様に「手放せ」ということなのかなぁ。手放すのはイヤだなという気持ちと、手放したらもっと良くなるのか?という気持ちが、クロスする。自分のことって、本当に分からない。分からないから、苦しい。

カテゴリ:
今までレイキを何名かに伝授してきたけど、みんな、サボってないかな〜?

ファースト・ディグリーを受けてたら、なるたけ継続してヒーリングしましょうね。レイキは魔法じゃないから、ファーストを受けたから、セカンドを受けたから・・・と、アチューンメントを受けたことで少しは何かが変わるかもしれないけれど、やっぱり毎日の実践が大切なのだ。

そこで現れてくるジワジワとした自分の変化をや効果こそレイキの真髄!だと思うので、焦らずのんびり、毎日自分に手を当てていきましょう。他人を癒したいという目的で取得された方も、人を癒すには、まず自分からです。

なんでこんな事言うのかというと、ファースト・ディグリーを受けて、2,3回セルフヒーリングやって「何の効果もない」と、実践するのを止めてしまった人がいる。

「2,3回で効果でる訳ないじゃん」なんだけど。ま、その人の自由だからいいんだけど、それで止めちゃうのは勿体ないなって思う。

似たような話で、高いお金出してパソコン買ったり楽器を買ったりして、でも2,3回やって諦めちゃって、宝の持ち腐れにしちゃう人もいる。

宝にするのも、宝の持ち腐れにするのも、その人次第なんだなぁ。高いお金払って取得したレイキも、宝にしていきましょう!

カテゴリ:
感謝と感動で、感極まってしまった。

なんて事ない、ただライブをやっただけなんだけど、色んな人から「面白かった」「楽しかった」「笑えた」「元気がでた」などなど感想を貰って、私、そんな、たいした事やってないのに、そんな風に言ってくれてありがとうとも思うし、嬉しいし…。

ライブから帰ってきてメールチェックして、ヒーリングのお客さんや、メルマガ読者さんからも感謝や励ましのメール頂いたりして…。

不特定多数になっちゃって申し訳ないけど「みんな愛してるよ〜」って気持ちになる。私は悩んだりしながらも、ただ自分の内から沸いてくるものを表現しているだけで、自信もないし、不安になる時もしょっちゅうだし、情けない限りだけど、けどそんな私を受けとめてくれて、本当にありがとう。

自分の存在理由を感じた。もっと頑張ろうって思った。人が持つ力の素晴らしさを感じた。生きるって面白いなぁ。

カテゴリ:
今週に入ってから、あることに対し、心のモヤモヤが広がって。。。

来たー!不安である。不安で不安でしょうがない。

不安のピークは、昨日7日だった。早起きして「仕事しよっ」って思っても、不安で何も手につかないのだ。そしてよせばいいのに、その不安を、ますます広げるようなことばかり考えてしまう。ダラダラと1日、不安の海を泳いでしまった。

そして私の場合は、もう一つ不安に特徴がある。不安になると、ネットで占いをやりまくってしまうのだ。占いをやって解決する訳じゃないのにねぇ。

このままじゃラチがあかんと思って、夜は自分の心のクリーニングをした。なんてことはない、いつも通りのレイキ瞑想&セルフヒーリングなのだが、つまらない不安はなくなって、安心感に包まれた。

人に振り回されず、自分の柱をピシっと立てる大切さも再度確認した。自分に色んな時があるように、人にも色んな時があるのだ。上手く言えないけど、相手がどんな状態であろうと、自分は自分の足でビシっと立っていられる強さというか、大らかさを持っていたいものだ。

そんなことを思っているうちに、不安が完璧にバカらしくなり、どっかにいってしまった。

私は、不安とは、自分を愛する事を忘れてしまった裏返しだと思っている。不安になると、どうしても自分の外側に目がいってしまい、なかなか自分の内側に目がいかない。またもや今回も、私は外側ばかりに目をやって、内側を見るのを忘れた。1日で復活したから良かったけど、自分を愛するって、イコール、ハッピーなんだなぁ。

もうひとつ、自分を愛することでの気付きがあったよ。それは、ある占いに「気品と力と魅力を発揮すれば、驚きと崇拝をもって迎えられるような独特の雰囲気をかもし出すでしょう」とあって、おぉー!って思ったんだけど、でもガサツな私に、気品は難しいだろうって思っていた。私には合わないって。

けど今日は、会社に行くのに、久し振りにちゃんとした格好をした。それが気品に繋がるのかどうかは不明だけど、なんかね、今まで自分には、そういうの合わないって思っていたのが、自分のそういう側面を否定していた(自分を愛していなかった)んじゃないかなって、ちょっと思った。

でも、ちゃんとした格好は、でも疲れるな。ジーンズにドカジャンのが、楽だ。

カテゴリ:
厄払いで、神社の本殿の中に入る。こんなとこに来たのは初めてだ。

中に入ってから、いい気が充満しているように感じる。お祓いをして貰っている時に感じたのは、背筋がスッと伸びる感じ。足元から背骨まで、じわじわと、ぞくぞくとしたもの。気が満ち溢れるような感じ。

このページのトップヘ

見出し画像
×