カテゴリ:
仕事が終わった後にバンド仲間と遊び、ヒーリングをさせて頂いた。

その人が「ヒーリングを受けよう」と思った主なきっかけは、楽器の腕の伸び悩み、かな。練習しても、なかなか思うように上達しないようだった。

彼は、今年に入ってから自分のリズムが狂ったような気がすると言っていた。「きっかけは小さな事かもしれないけど、そんなものに引っ張られてしまうなんて、弱いと言うか、未熟というか・・・」と言っていたので、その自分の弱さを認めること = ヒーリングを受けることに、抵抗があったんじゃないかな〜。でも、受けてくれた。

こういうのって、宇宙の流れに乗れるのも、乗りそこねるのも、気付いたらいつの間にか、なのよね。ちょっとしたきっかけが続いて、ハっと気付くと「あれ?なんか私とってもいい感じ!」だったり、「あれ?なんか私とってもダメダメ」だったり。

これって、自分の弱さや未熟さなのかなぁ?意識のピント合わせのような気もする。でも自分がどこにピント合わせているのか?って、自分では、分かりにくいんだよね。

いい感じ!の宇宙の流れに乗るのに、精神世界などでは「ワクワクすることをしよう!」という。けれど、それをしていたら、壁を迎えて挫折したりして・・・。ワクワクすることをしていたのに、何にも変わらなかった!とか、ワクワクしなくなっちゃった!っていう人も、いるんじゃないかな〜。

海でプカプカ浮いているのと同じ感じで、アタマで考えず宇宙を信頼して自分を任せちゃうと、割りと簡単に流れに乗れちゃうんだけどね。人はどうしても、考えちゃうからねぇ・・・。

なんて、そういうことを口で説明すると、ますますアタマで考えちゃうだろうし、今日は始めてのヒーリングということもあって、まずは心や体につっかえているものを吐き出して貰おうと思っていた。溜め込んでいるものがあればあるほど、重たいのか、流れには乗りにくいのだ。

ヒーリング中に彼は、色々お話してくれた。少しはツカエが吐き出せたかな。終った後は「背中にあったダルさが取れた感じ」少し楽になったみたいだった。良かった。

また「ヒーリングを受けたことで、少しずつ良い方向に向かえたらいいな。ま、他力本願はイカンけどね」なんて言ってた。

ん?他力本願??

それは違うかも?受け手の意識にもよるけれど、ヒーリングを受けることって、自力本願なんじゃないかな。

うん、ヒーリングを受けようと思うことは、自分と向き合おうってことだと思うし、またそれをきっかけに、自分が持つ本来の力を発揮しようとしているのであれば、人の手は借りているかもしれないけれど、自力本願だ!と思った。

ヒーリングで受けたもの、ただ受けるだけじゃなくて、自分の力に変えていってもらえるといいな。1度で物足りないようだったら、また受けに来てね〜。

カテゴリ:
レイキを実践していると、狐につままれているような感覚に陥る時がある。「あれ?いつの間に?」なんて、ふと気付いた時に、欲しかったモノを手にしていて、ビックリする。

私の望むライフスタイルというのがあって・・・、な〜んて普通に、朝起きて、昼間は仕事して、夜は友達と遊んだり楽器の稽古や趣味に費やしてから寝る、という生活なんだけれど、これがなかなかペース乱れっ放しで出来なかった。朝まで起きてたり、徹夜する日が続いていたのね。

けど今日は、望んだ通りの生活が出来てるじゃないか。オマケに勉強や自炊するユトリまであって、うわぁお〜!嬉しい!「そうしよう」と意識してスケジュール組んだわけでなく、自然に出来ちゃったから、何かビックリした。

いい感じ!これに朝のジムが加われば、ますますいい感じ!このペースが、キープできたらいいな。

カテゴリ:
私は誰かを、救ってあげる事ができない。本当の意味で救う事ができるのは、その本人だけだと思っている。だから、自分以外の人間を、誰かを、救ってあげる事はできない。

私にできることは、力を貸してあげること、なのかな。

でも「力を貸して下さい」と頼まれた時だけしか、貸さない。「あぁ、これは力を貸して欲しいんだな」と感じるようなことを言われても、ハッキリとそう頼まれるまでは、何もしないようにしている。

頼まれて、お互いに折り合いがついた時には、出来る限りのことをしてあげようって思うけれど、そうでない時は、あえて自分からは、その人に対して何もしないことが多い。

アレコレ心配したり、手をかけたり、構ってくれなかったりすると、寂しく感じるのか離れていく人もいるけれどね。でも私は、その人を信頼して温かく見守っていること = 何もしない(?)が、一番その人の為になるんじゃないのかなぁ?って思ってる。

自分で自分のことを、たまに「冷たいヤツだな」って思う時もあるけれど、夏にはちょうどいいかな。なんちゃって。

カテゴリ:
友達からケータイにメールが届く。

「ギックリ腰になっちまった!」

えぇ〜??とビックリする。

駆けつけてあげたいけど、今日は既に予定ビッチリだから行けないし、動けなくて本気で困ることがあったら駆けつけよう!とりあえず今は、遠隔ヒーリングしてあげようか??

と返信したけど、「とりあえず2、3日寝てれば治ると思うので大丈夫!」と返事がきた。

ギックリ腰は、寝てたら治るのだろうか?う〜む・・・。

ヒーリング受けてくれたら、少しは楽になると思うのだが、う〜む・・・。

と考えちゃったりもするけれど、私はメールで退屈しのぎ&励したりが、できればいいのかな。何はともあれ、早く良くなって欲しいな。

カテゴリ:
先日、ある人から依頼されて「息子さんが公務員試験にベストコンディションで挑めますように!そして、できましたら合格しますように!」の遠隔ヒーリングをさせて頂いた。

息子さんは1週間おきに3つの試験を受けるとのこと。依頼されたヒーリング期間は5日間だったので、試験日に割り振って日数を分散し、やらせて頂いた。

そして今日、喜びの電話がきた。「お陰さまで、1つ合格しました!」やったー!良かったー!

残りの2つの試験は、まだ合格発表がされていないそうだけれど「本人が行きたいと希望していたところに、とりあえず合格できました。ヒーリングのお陰ですね!ありがとうございます」と、お礼を言われた。

いえいえ、ご本人の努力の賜物ですよぉ。と言いつつ、フォローアップさせて頂いた私も嬉しい!私も大検、頑張ろう〜っと。

カテゴリ:
最近よく思うことがある。

「みんな、もっと愛されようぜ〜!」

愛されることにためらったり、愛されていることに気付けなかったり、愛される存在でいられなかったり、理由は様々だけれども、恋愛悩み相談などを受けると、自分から愛を拒絶されている方が多いように見受けられ「もっと素直に愛されちゃってもいいのにな」って思う。愛される存在で、いて欲しいなって。

自分で愛されることを拒絶して、だけど、愛に飢えて苦しんでいる。私の勝手な思い込みかもしれないけど、そんな風に見える時があるのだ。

私は、自分のことを自分の思ったように愛してくれるのは、自分だけだと思う。そこが成り立っていないと、愛してくれる人が側にいても、誰も自分を愛していないと感じる。成り立った時には、何があってもね、例え私から人が離れていったとしても、全ての存在が自分を愛してくれていると感じ、それに感謝することができる。

ようは自分次第なんだよな〜ってのが分かったからか、「私は自分を愛していない」と感じさせるような人達は遠のいて、「私は自分を愛している」と感じさせるような人達が、いま、私の周囲にいてくれている。

私は、自分とも、周囲の人達とも、愛し愛されて・・・。あぁ、なんてハッピーなんでしょ。

なんて、ハッピー自慢するために書いたんじゃないや。

ええと、愛に飢えているような感じがしたら、まずは自分自身から愛される存在でいて欲しいな、と。人から愛されるということは、自分から愛されているということの鏡とか表れだと思うので、とことん愛されちゃお!って思うのでした。

カテゴリ:
毎朝、ご先祖様にお経を唱えるようにしている。その時にレイキシャワーをかぶせ、ご先祖様をレイキの光で包んでいる。

最近はこれが、メチャ気持ちいい。というか、どういう訳かレイキをかけようとしなくても、ご先祖様の前で手を合わせるだけで、全身を、愛がドワーと流れていく。

「皆様の生と死に恥ずかしくないよう生きていきます。どうか皆様、安心してお休み下さい」

私の生は、ご先祖様達の人生の積み重ねによって生まれたのだ。感謝感謝!だし、やはりそれに恥じない生き方をしたいなぁと思う今日この頃でした。

カテゴリ:
ここのところ、いい意味でのビックリが続いている。何かに仕組まれているのではないか?というくらい、タイミングがいいというか、全て上手くいっている、ような気がする。

いや、上手くいっていないこともあるんだけれど、今は上手くいっていないことも、いずれは・・・、後から振り返った時には、きっとそっちの方が良いのだろうという妙な自信があるので、いっけん上手くいっていないように見えても、さほど気にせず、あ、これは、これでいいのね!という感じで捉えている。

上手くいこうが、いかなかろうが、そのどっちでも、それが自分にとってベストな学びになることが分かったので、「上手くいかなかったらどうしよう?」というような不安はなくて、「さーて、どうなるのかな?ワクワク」みたいに、精神的にヘビーな時も、心のどこかでは楽しんじゃってたりする。

なので、以前と比べると、私は本当に何も考えなくなったというか、余計な心配はしなくなったかな。ただただ直感や流れに任せてる。そっちの方が、物事の廻りが速く、上手くいくことも多いようだ。

何かをやる時の判断基準が、「自分がやりたいか?やりたくないか?」だけに絞られてきたのも大きいのかも。家族が一緒にいる訳でもないから、自分の行動全てを自分で決められるというのは、とても恵まれた環境なのかもしれない。

うーん、自由っていいな。

カテゴリ:
今日は友達のミック入来と、テレビ番組『笑っていいとも』のオーディションを受けに行く。

オーディションを受けに来ていたのは、40組位かな。皆さん凄腕凄芸だったので、それを見ていて「あ〜、ウチらはダメだろう」と思ったのに、どういう訳か1次・2次・3次審査をヒョロヒョロと通過し、出演決定!やったぁ〜!

出番が近くなり、控え室から、舞台袖に移動する。私はそこで、要らんことをしてしまったのであろうか。出演者5組と、会場全体に、「全てが良き運びとなりますように」と、レイキシャワーをかけたのだ。

そして、コーナーが始まり、次の次に私は出演!という時に、生放送の関係で時間切れとなり、私たちの出番はカットされた。

「ここまで来たのに・・・マジかい!」と思ったけれど、レイキシャワーをかけて、そうなったのだから、それが良き運びだったのだろう。それを信頼できるので、テレビの前で楽しみにしてくれていた方には申し訳ないな〜と思いつつ、そう悔しがることもなく「ま、いい経験したわ〜」と笑って帰って来た。

でも皆に見て貰いたかったなぁ、『ミックと七実』。かなり笑えると思うんだけど・・・。またどこかでお披露目できる機会が、みつかるといいな。

カテゴリ:
周囲は自分を映す鏡だ。自分を傷つけている時は、傷つけあう人々をよく目にした。心が泣いている時は、泣いている人をよく見かけた。苦しくても心を抑えつけて我慢して生きていこうと思った時は、同じ心境の人が側にいた。

こんな風に、どういう訳か、その時その時の自分と似た感じの人が、周囲にいることが多い。

ん〜〜〜と、ちょっと反省しつつ、やっぱり私は笑顔でいたい。ラブラブハッピーでいたいし、皆にも、そうでいて欲しい。

ってことで、全ては自分からっすね。常にそういう状態でいることは、人だから無理かもしれないけれど、でもなるべく、そういう状態でいられるように心がけようっと。

そして、逆もアリというか、私も誰かの周囲にいる人なんだよね。だから・・・

今日、私と、笑顔で会ってくれて、ありがとう!

このページのトップヘ

見出し画像
×