電子書籍【音声付き光の存在からのメッセージ2】
amazonでのご購入はコチラ→ http://goo.gl/xhJLHy

クイクイGのファーストCD【キャラウェイシード】
amazon でのご購入はコチラ→  http://goo.gl/nKq17X

カテゴリ:
ドロドロの感情とは、どうやって付き合えばいいのだろうか。

ドロドロに、手を突っ込めばいいのだろうか。

グワーと沸いてくるその感情は「何だよコレー」と言いたくなる位、色んなものがミックスされている。認識できるものとしては、妬み、やっかみ、ひがみ、羨望、憧れ、寂しさ、焼きもち、焦り、不安、不満、かな。よくも一度に、こんなに多くのことを感じられるものだ。

感情が、手で掴めればいいのに。

どれかひとつを掴もうとすると、スルリと形を変えて、抜け落ちてしまう。そして、ドロドロへ舞い戻る。ドロドロドロドロ。どこにドロドロ発生器が、あるのだろうか。

えーい、面倒くさい。掴めないなら、レイキで流してしまえ。
全てが愛に戻れますように。

カテゴリ:
振り返ってみると、3月は個人的にショックを感じる出来事が多かった。ここに書いたこともあるし、書いていないこともあるけれど「え゛」とか「ガーン」と感じる出来事が続いた。

う〜ん、鍛えられますのぅ。

そんな時に私は、心臓と胃に手を当てる。このポジション、気持ちが落ち着くし、好きなんだよね。動揺してるとロクなことないので、そうやって平常心を取り戻したりしている。

気持ちが落ち着いちゃえば、こっちのもの!と言うか、自分の周りを観察していると、何となく受けたショックに対する答えが出てくる。

それは、カバンの中がビリビリ破けていることに気付いたりとか。PCのOSをアップグレードする必要性が出てきたりとか。テレキャス(ギター)のネックの塗装がバリバリ剥がれたりとか。

これらは全然、ショックとは関係ないようにも見えるけど、ようは私にショックをバネにして「変われ」「バージョンアップしろ」と身の回りの物から言われているんだなぁ〜、と受けとめる。

物は、優しいね。己の身を呈して教えてくれる。

とりあえずPCは、OSアップグレードしたぞー。次は、私だ!

カテゴリ:
ホームページの記述ミスを発見・ご指摘して頂いた方に、御礼を込めて、遠隔ヒーリングを5日間させて頂くことになった。

その方もレイキヒーリングをされているので、ちょっとドキドキワクワクしながら、レイキを流す。

すると、右肩と左足の指に痛みを感じる。

ん〜、昨日引越しを手伝って、大量に荷物を運んだからかしら?どこかぶつけたみたいで、足にアザも出来てたしなぁ〜。

と思ったけれど、ヒーリングを終えると痛みがスッとなくなったので「これは受け手の方の痛みかしら?」と思って、メールで聞いてみた。

そうしたら「重いバッグを担いで痛かったです。左足の指の爪の付け根が
少し腫れていたのですが、メールいただいて見てみたら治ってました」と、お返事がきた。

アハ、ドンピシャリだったのね。足の指は、治って良かったです〜。肩の痛みも、楽になるといいなぁ。

カテゴリ:
レンタカーを借りて、車を運転した。運転は何年振りだろうか。

運転の感覚を取り戻すまで自信がないのと、事故が怖いのとで、数日前から運転のことを考える度に、不安に襲われてた。ドキドキする。これじゃ、余計に危ないよな。

「運転の時は、お守り持って行ってね」昨晩、彼氏に言われる。そうだ、お守りを持って行こうと準備していて、やっと思い出した。

私にはレイキがあるじゃないか!車にレイキシャワーかければいいんだ!

そう思った途端、不安はなくなって、車やバイクに乗るのが日常だった時の感覚が蘇る。我ながら単純だなぁと思うけど、それだけレイキを信頼しているんだろうね、私。

何はともあれ、妙な不安が消えて助かった。この感覚なら大丈夫だろう。

だけど念のため、お守りを持って、車を借りに行く。そして乗車前、ハイエースに「無事故無違反で戻って来れました」とレイキシャワーをかける。

お陰さまで段取り良く作業が進み、道に迷うこともなく、無事故無違反で車を返せました。あ〜何事もなくて良かった。

カテゴリ:
友達のライブの打ち上げに参加して、朝まで飲んで二日酔い〜。

と思ったんだけど、起きて朝御飯食べたら、すぐに復活してしまった。一緒に飲んでた彼氏は、しばらく具合悪そうで、朝御飯を食べれなかった。

あとから「二日酔いにレイキしてみれば良かった」と気付いた。また忘れちゃったよ。

カテゴリ:
私の気学の先生は「母が手当て療法をやっていて、私も出来るのよ」と言われ、たまにレッスン中に、手当て療法の話で盛り上がることがある。

昨日もそれで盛り上がって「手を当てるだけで(痛みとかが)楽になるのよね〜。でも不思議よね。手当てしようと思っただけで、何かが手から出るのよね」と仰るので、それはレイキですね〜、と私は心の中で思ったりする。

アチューンメントを受けて無くてもレイキは使えるんだなぁ〜と思う反面、先生は今まで手当て療法をして、邪気に苦しめられることが多かったそうなので、そういった面をケアするためにも、やっぱり講習って必要なんだな、と思ったりもした。

カテゴリ:
いかりや長介さんのお通夜に行って、レイキシャワーかけてきた。ただただ、安らかにお眠り下さい。。。

私はかなりのドリラーで、夜な夜なドリフのビデオ見ていた時は「セルフヒーリングもいいけど、ドリフヒーリングもすごく癒されるねぇ」なんて彼氏と話していた。

でも私が好きなのは、けん様で、長さんに特別な思い入れってなかったんだけど、訃報は驚いたし、ショックを受けた。

昨日、ネットでニュースを見ながら、色々考えた。長さんがいなかったら、ドリフって無かっただろうし、そうしたら私も今と同じようには育っていないだろう。さらに深く掘り下げると、父はドリフと一緒に仕事をしていたこともあるので、ひょっとしたらウチの家計にも影響していたかもしれない。

ドリフの公演を見に行く日に、いてもたってもいられなくて、勝手に学校早引けして親に怒られた事とか。父が家に持ってきたドリフのサイン色紙を、汚れないようにサランラップでくるんだ事とか。色々思い出した。

う〜、じっとしていられない。学校早引けした時と似た気分だ。ドリフに対する私の想いは、あの頃から、何ひとつ変わっていないのかもしれない。

ふと思い立ち「お通夜に行こう!」と彼氏に言ったら、「行きたいねぇ」ということで、一緒に行って来た。

手を合わせてレイキシャワーかけることしか出来なかったけれど、行って良かった。うん、ただ家でショックを受けているだけよりも、なんかケジメがついた。

長さん今までありがとう!心からご冥福をお祈りします。
これからも光の道を、お進み下さいませ。

カテゴリ:
イヤな人って、イイ人だね〜。

何、訳の分からないこと言ってんの?という感じだけど、イヤな人って、自分にとってイヤな事をするから、イヤな人と定義しがちじゃない?

でも、そのイヤな事から「自分は何をしたいのか」「何が欲しいのか」「どう生きていきたいのか」「どういう人間関係を築きたいのか」とか色々分かったり気付かせたり教えてくれるから、そういう人は私から見て、あえてイヤな役をやってくれているイイ人なんだ!

と思ったら、感謝の念が沸いてきた。

同時に、自分の中にある過去のわだかまりみたいのが、スーっと溶けていく。う〜ん、感謝を感じられるってパワフル。

カテゴリ:
或るお客様から「学校で心理学の先生がレイキのことを話していた」と聞いて、へぇ〜と思った。

それ以上は聞かなかったので、先生がどういう内容のことを話されていたのか分からないけれど、学校でレイキを習えたら面白いだろうなぁ。

保健体育になるのかな?霊的に成長していくことを考えると、道徳の面もあるかも。なんて考えて遊んでました。

カテゴリ:
寝る前に、セルフする。第3シンボルをプラスしているせいか、手を当てている箇所箇所で、体の奥が熱くなってくる。

セルフが終わっても眠くならなかったのと、解決したい問題があったので、その問題を第4シンボルに預けて、しばらく仰向けになってボーっとする。

まさか、その場で第4シンボルに預けた問題の答えが返ってくるとは思わなかったけれど、インスピレーションというか「気付き」があった。

なんか私、自分は「豊かになっちゃいけない」って思っているのね。「お金を持っていてはいけない」って。

いや、お金は欲しいんだけれどさ〜。欲しいもの、たくさんあるし。でも無意識に、心のどこかで「お金を持っているとロクなことがない」って信じてることに気付いた。以前、それに気付いたことあるけれど、より深く気付けた。

で、それが右膝の痛みと、足のスネの肌荒れに、関係してるんだよ〜。仰向けになって、どこにも手を当てていないのに、膝下が熱くなる。

「女らしくいること」だけでなく「お金が足りない」ことも、ここに原因があったのか??それがきっかけではないにしろ、女らしくいても、お金があっても「ロクなことない」と信じてるので「これはちょっと書き換えなくちゃ」と思って、意識に刷り込みしなおす。

まず「それはもう終わった」こと。そこから「自分は何が欲しいのか」充分学べたこと。そして今、周りには「私のお金を当てにしている人はいない」こと。とやっているうちに、もうちょっと根の深いところに辿り着く。

「女らしくいるとロクなことがない」「お金を持っているとロクなことがない」

この2つは、その靭帯伸びた件だけでなく、思い返せばもっと小さい頃から、無意識に刷り込み続けているようだ。ん〜、だから、それに気付くために、似たようなこと繰り返してきたのかもしれないな。

よし、本腰いれて、刷り込みしなおしてやる。

このページのトップヘ

見出し画像
×