電子書籍【音声付き光の存在からのメッセージ2】
amazonでのご購入はコチラ→ http://goo.gl/xhJLHy

クイクイGのファーストCD【キャラウェイシード】
amazon でのご購入はコチラ→  http://goo.gl/nKq17X

カテゴリ:
バンドのメンバー宅で、忘年会を行った。そこで、レイキサークルをやったり、みんなでレイキをやりあったりした。

メンバーは全員レイキ初体験だったみたいだけど、敏感にレイキを感じる人もいるし、そうでない人もいるし、様々だ。

でもこうして、音楽以外でも、みんなで意識をひとつにまとめていけるのっていいね。

というか、音楽は割とエゴやプライドが入って衝突したりもするから(笑)こうして別の側面から、意識やそのベクトルを、ひとつにしていけるのって、いいかもしれない。

レイキを楽しんでくれるメンバーをみつけられて、良かった。

カテゴリ:
ちょっとしたことなんだけど、友達のライブが16:30から始まると聞いていて、それに間に合うように出かけるつもりだったんだけど、仕事をしていて、30分ほど遅れた。

「あ〜もうライブ見れないかも〜」と思ったけれど、ライブハウスに着いたら、友達の出番はまさにこれから、17時からだという。

「なーんだ、ちょうどピッタリじゃん」30分遅れたことで、タイムロスもなく、スムーズな流れとなった。遅れて、かえって良かったのね。

カテゴリ:
彼氏が「頭が痛い」という。目の奥が痛いそうだ。

風邪っぽいのが続いているようだったので、先日のレイキ交流会での好転反応かな?今日うけたマッサージの好転反応も、あるのかもしれない。

彼氏の額と後頭部をサンドイッチにして、手を当ててみる。5分位したら楽になってきて、10分位したら痛みは治まったようだ。

私は仕事で忙しかったので、あとは自分でセルフヒーリングしてみるよう勧めてみた。プリントを見ながら、彼氏は12ポジションに手を当てていたみたい。

その後、しばらくしてから見たら、彼氏の顔が赤くなっていた。発熱しているようだ。熱が出るなんて、やっぱり風邪なのかな。でもそのまま一晩寝たら、ケロっと良くなってた。

風邪の時にレイキを使うと、普通は2,3日とか1週間位かかってダラダラするのが、ギュっと一時期に治癒の過程を進行するような感じになることが多いんだよね。一晩で治って良かったわ。

カテゴリ:
友達から頼まれて(というか自分で申し出て)ホームページを作り始め、ほぼ1日で完成してしまった。

といっても、それは雛型で、これから友達の要望などを取り入れて微調整&修正するのだが、PC用と携帯用サイトが、1日で作れちゃった。我ながら早いよな。なんて自画自賛。

作っている間に、何度か壁にぶち当たる。

「これ出来ないじゃん、どないしよ〜」

そんな時に、レイキをかけることもあるし、かけないこともあるけれど、ピピっとヒントや解決策が閃く。

「なーんだ、こうすれば出来るじゃん」

出来ないと思ったことが、どんどん出来てしまう。思い通りに、着々と形になっていく。

出来ないことって、本当はないのかもしれない。なーんて思った。

第3回レイキ交流会

カテゴリ:
今回は、レイキはまったく初めて!の方から、私の遠隔ヒーリングを受けたことがある方、既にレイキを習得済みの方、レイキ・ティーチャーの方などなど、計10名の方にご参加頂きました。

年末ということもあってか、当日にご予約をキャンセルされた方も何名かいらっしゃって、お会いできずに残念でした。が、また機会を改めて、ぜひご参加くださいね。

さて、今回はアシスタントさんに手伝って貰ったお陰か、何となく会が、それらしくなってきました(笑)。はじめに資料をお渡しし、それに沿って30分ほど、レイキの説明をさせて頂きました。

その中で、ホームページにも掲載している「レイキの効果例」をお話したのですが、レイキ未習得の方には「このような効果のうち、どの辺りに興味がありますか?」と、レイキ習得済みの方には「どのような効果を感じていますか?」と、お1人ずつ伺ってみました。

皆さん、レイキに惹かれる理由が様々で面白かったです。私とは違う観点でレイキに取り組まれていたり、「そういう効果もあるのか〜」と初めて知ることがあったり、とても勉強になりました。

説明が終わった後は、少し休憩をいれてから皆さんに手を洗って頂き、『レイキサークル』を行ないました。

レイキサークルとは、皆で輪になって座り、お互いに手を合わせ、レイキの流れるサークルを作ることをいいます。右手のひらを下に向け、左手のひらを上に向けて、互いにお隣の人と少し離して手を合わせます。すると右手からレイキが出て、左手で受け取るという形で、時計とは逆周りにレイキが流れていきます。

と一般的には言われているのですが、今回レイキサークルを行ってみて、私は「右手も左手も、出すのも受け取るのも、関係ないんじゃないか?」と感じました。感覚的なことなので説明しにくいのですが、ただレイキを循環させることをイメージしやすいようにそうしているだけで、右手からも入ってきているかもしれないし、左手からも出ているのかもしれないなぁ、なんて思いました。

またレイキサークルを行いながら、お1人ずつ「どんな感じがしますか?」とお伺いしたのですが、ほとんどの方が、手のひらがピリピリしたり、赤くなったり、ホカホカしたりなど、レイキの流れを感じられたようでした。

その後、『レイキマラソン』を行ないました。

レイキマラソンとは、数人の人が交代で休むことなく、1人の人をヒーリングし続けることをいいます。また、1人の人に対して、数人の人が同時に手を当てて、ヒーリングすることもさします。今回もこの、1人の人に対して、参加者全員が手を当てる形で行ないました。

ジャンケンで、ヒーリングを受ける順番を決めていったのですが、レイキサークルで皆さん気持ちがひとつになってしまわれたのか、ジャンケンがアイコ続きだったのが面白かったですね。そうして順番を決めてから、お1人ずつ横になって、ご希望のアファメーション(肯定的宣言)を添えながら、5分間のヒーリングを受けて頂きました。

レイキマラソンこのように複数人数でヒーリングする時のパワーは、人数の2倍乗になるとされています。2人で同時にヒーリングすると、パワーは4倍に、3人ならば9倍になるようです。

今回は、私とアシスタントさんを含めると12人いますので、ヒーリングを行うのは11人です。ということは、普段の121倍ですね。5分ずつという短い時間でしたが、パワーを感じて頂けたのではないでしょうか。

また、ヒーリングを行う側としては、手を当てる箇所(立ち位置)を、毎回変えてもらうようにしてみました。私は常に同じ位置にいたのですが、「位置が変わるからか、手を当てている感じが毎回違う」というお声も聞きましたので、次回は私も、位置を変えながら行ってみようと思います。

それから、ヒーリングは仰向けになって受けられる方がほとんどだったのですが、「背中をやってもらう機会が少ないので・・・」と、うつ伏せになって受けられる方もいらっしゃいました。確かに、背中も気持ち良さそうですね。時間の関係もありますが、次回は仰向けとうつ伏せの両方で、まんべんなく受けられるに考慮してみます。

赤くなった手たまに、ヒーリングを受けている人の手のひらが、真っ赤になることがあります。

ヒーリングだけでなく、アチューンメントでも同じ現象を見かけるのですが、ヒーリングを行っている人の手が赤くなるのは理解できるのですが、どうして受けている人の手のひらが、赤くなるのでしょう?やっぱりレイキって、循環しているということなのでしょうか。

最後に私も、ヒーリングを受けました。いや〜、文句なしに気持ちいいです。

手を当てられて少ししてから、私は顔が赤くなったそうです。また右膝の辺りがスースーと涼しくなってきました。そこには手を当てられていないし、涼しい感覚って私には珍しいので「何だろ?」と思いましたが、右膝は過去に事故で痛めたことがあり、最近寒さからかダルイ感じがしていたので、何か関係があるのかもしれません。

スースーしたので「不必要なエネルギーが抜けていったのかな?」と思うのですが、意図せずとも必要なところに効いてしまうレイキって、やっぱりスゴイですね。改めて、惚れ直しました(笑)。

レイキマラソン終了後は、眠くてたまらない方、気だるい感じがする方、スッキリして元気一杯の方など、反応は様々でした。30分ほど休憩&好転反応についてお話しながら、マッタリと過ごして交流会はお開きとなりました。

ご参加頂いた皆様には、楽しいひと時を共に過ごして頂きまして、本当にありがとうございました。情報交換などもでき、私にとって、またまた大きな学びの機会となりました。

交流会を終えてから、韓国料理店に移動し、忘年会を行いました。そこでプルコギのお鍋を囲んだのですが、参加者のお1人が「美味しいね〜。皆で食べるから、更に美味しいね」と仰っていたのが印象的でした。

レイキにしても、食べ物にしてもですが、分かち合えるっていいですね。またこのような分かち合いの場をご提供できたら・・・と思います。

カテゴリ:
先週の木曜日にステーキを食べに行った時に、腕がステーキ皿に触れてしまい、火傷した。

私は酔っていたので、自分が火傷したことに気付かなかった。翌日にお風呂に入った時に腕を見て、火傷のような痕があったので「あ〜そういえば・・・」と、腕がお皿に触れて熱かったことを思い出した。

「これは痕になるかしら?」と一瞬思ったけれど「レイキかけとけば治るだろう」と、お風呂につかっている時に、毎日5分位ずつレイキをかけていた。

今日ようやく痕が消えてきた。ついたばかりの傷ほど治りは早いので、火傷してすぐにレイキかけておけば、もうちょっと早く消えたかもしれないなぁ。でもたいして痛みも無く、痕が消えてきて良かった。

カテゴリ:
年末だからかもしれないけれど、ここのところ、修繕の日々のような気がする。来年に向けて、色々と準備を整えているような感じ。

PCに関するもの、楽器に関するもの、衣食住に関するものなど様々だけど、身の回りのアチコチを、必要に迫られてだけど、修繕したり改善したりしている。

「今の自分に合ったもの」に身の回りが変わっていくので、少しずつ快適になっていく、その過程を楽しんでいる。

ハタから見たら、何も変わっていないように見えるのかもしれないけれど、今年1年で私も随分変わったなぁ〜なんて、振り返ってみたりして。

これから何が起こるのか?ますます楽しみだ。

カテゴリ:
先日書いた加湿器が、直った。

レイキをかけて直った!と言えればいいんだけど、そうでもあるし、そうでもないし・・・みたいな感じかな。

サーモスタットの調子が悪いことは分かっていたので「分解してみるか〜」と、バラしてみた。

そうしたら、サーモスタットのところに、水垢が溜まっていたんだよね。「これが故障の原因だろうな〜」と思って、掃除して水垢を取り除いたら、難なく直ってしまった。今では正常に動作しています。

これって、レイキかけなくても掃除すれば直ったよねぇ・・・。でも、レイキかけなかったら「分解しよう」とは思いつかなかったかもしれないねぇ・・・。

まぁ直ったから良しとするか。とりあえず、直る方向へと導いてくれたレイキに感謝!

カテゴリ:
最近は夢の中で、ヒントやアイデアを貰うことが多い。

「いつでも無に帰れること」

どんな夢を見ていたのかは忘れたけれど、夢を見ていて「おぉー!」と思って、ハッと起きて、ちゃちゃっとメモした言葉がコレ。

生きていて無になるのは難しいけれど、いつでも無に帰れる潔さをもって生きるのっていいな、と思う。

多分レイキを始めたての頃に書いたと思うけど、「私は全てを持っている。だから何も持っていない」という心境に、今は近い。

所有欲とか執着とか、そういうのが無くなってきた。と言っても、物は所有しているし、「あれ欲しいなぁ」という欲もあるので、そんなに固執しなくなってきた、と言った方がいいのかな。

物だけじゃなく人に対してもだけど、レイキを実践してから、いつでも自分が欲しいと思ったモノが手に入るという確信が出来てきたので、以前より、他に対するこだわりが減ったように思う。

何事もドライに受けとめられるというか、それで感情が薄くなったようなクールな感じもするので、私って冷たくなっちゃったのかなぁ?とも思うんだけど、これは、私がレイキを実践するようになってからの、大きな変化のひとつかもしれない。

感情的になることが、減ったんだよね。他をコントロールしようとすることも減った。

そして、自分が感情に任せて行動しなくなったり、他をコントロールしなくなったことで、人間関係でのトラブルや諍いは、随分と減ったような気がする。なんて、そんなの当たり前かぁ。

でもこれ、無理してそうしているのではなく、いつの間にか自然にそうなってきたんだけど、とっても楽だ。

必要なモノは自分のところにやってきてくれるのが分かったので、逆に手放すことが怖くなくなったのかもしれないな。いつでも無に帰れる潔さがあると、軽やかで、いい感じです。

カテゴリ:
郵便局の窓口で、年賀ハガキを100枚買った。

窓口を移動して、健康保険代金を払い込んで、郵便局を出たら・・・、あれ?私、年賀ハガキを持っていない。

払い込みをする時に、台の上に手荷物を置いたから、そのまま置き忘れてしまったのだろうか??

慌てて窓口に戻ったけれど、年賀ハガキは台の上に無かった。受付の人に聞いてみたけれど、無かったし、そういう届けも無いという。

あれ〜?一瞬の隙に盗まれちゃったのかなぁ?

どうしようもないので、ションボリして帰宅する。かなり落ち込む。自分のバカ。自分を責める。

ほんと、最近は脳みそがついていかないというか、天然ボケに磨きがかかって、ますますボケなんだよなぁ。先日は、茹で上がったスパゲッティに、オイルと間違えて、台所洗剤かけちゃったし・・・(汗)

お金のこととか、年賀状のこととか、防犯のこととか、色々考えて「ま、仕方ない」と、悔しいけれど諦めがついたところで、郵便局から電話がかかってきた。

「お買い求めになられた窓口にハガキがありましたので、取りに来て下さい」

私は払い込みをした窓口に置き忘れたと思っていたが、その前の時点の、ハガキを買った窓口に置き忘れていたそうだ。

「やったー!見つかったー!やっぱり『全ては上手くいっている』のね〜」と大喜びする。

これは私がボケでなかったら発生しなかった出来事だけど、無事に年賀ハガキが戻ってきたから、良かった良かった。

それにしても、郵便局の人、よくウチに連絡くれたなぁと感心しちゃう。優しいのね、ありがとう。

お正月に私から年賀状が届いた方は「これが噂の・・・」とでも笑ってやって下さい。ボケでもいいの、全てが上手くいっていれば(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×