カテゴリ:
教わった方法で、セルフヒーリング(自分自身をヒーリングする方法)をやってみる。

5分ずつ手をおく場所を変えていくのだが、いちいち時計を見るのが嫌なので、癒し系CDから曲の長さが5分に近いものを探してきて、それを繰り返しかけながら時間を計る。曲が終わったら、次の場所に手を移動させる方法をとったのだが、同じ曲を何回も聞いているせいか、眠い。途中で寝てしまう。

何度も眠りにおちながら、なんとか終わらせ、そのまま爆睡する。エネルギーがどうのこうのというよりも、眠くてたまらなかった。

カテゴリ:
ファーストディグリーを受けに行く。個人レッスン。先生とは初対面だったんだけど、先生が発行しているメルマガをずっと読んでいたので、初対面なんだけど良く知っているような不思議な感覚。想像していた通りの人で、あー良かったと安心。

レイキの事はだいたい知っていたので、発祥や歴史の説明はサクっと流してもらう。

レイキの10大特徴については、修行は訓練が不要とか永久にパワーが落ちないと書いてあるけど、やはり経験を積んでいった方が上手になるよと言われる。最近ギターを弾いてなくて、久し振りに弾いたら、弾けるけど下手くそになってしまったので「何でもそうですよねぇ」と妙に納得した。

またレイキの効果についても説明を受ける。私はこの部分に、興味津々なのである。だって「金銭的苦労が少なくなり、必要な時に必要なだけのお金や物が手に入るようになった」だよー。これは効果のごく一部だけど、そんなところにもレイキは影響するのかと、ちょっと期待しちゃうよねぇ。病気予防や健康維持、人間関係が円滑になるとか、色々な効果事例があるんだけど、あまりレイキを過大評価しないで、補助的に考えた方がいいかも、というような事も言われた。

そしてアチューンメント(1回5分〜10分くらいかな)を受ける。アチューンメント中は、自分は目をつむっているので何をやっているのか分からないけれど、エネルギーが流れていくのは分かる気がする。先生の手が温かくて、触れられると気持ちいい。2回目でやたらとスッキリして、身も心も爽快!60分間くらいエアロビで踊りまくったような気分である。

先生が言うには、私はエネルギーが流れやすいらしい。自覚はまったくないけれど。4回もやる必要ないかもしれないけど、と言われつつ、アチューンメントを4回受けた。受けている最中は、深い瞑想でもしているような、ゆったりと落ち着き安らげる気分だった。

昔レイキの説明会に行った時に、一度だけアチューンメントを受けたのを思い出した。その時は何人も人がいたので、気恥ずかしかったなぁ。自分は目をつむっていたから分からなかったけど、アチューンメントをしてくれた人が言うには、やっている最中に私の掌から金粉が出ていたらしい。だから今回もそういうのがあるのかな?と思っていたけど、なかったようだ。

その後は実際に自分や他人にヒーリングする時の、手のおき方やおいていく順番などを習う。また日常生活にとりいれて、薬の副作用を防止したり、素材の味を引き出してお料理を美味しくしたり、タバコやお酒の害を軽減させる方法などを教えてもらう。

アチューメントを受けると、好転反応というのが出る人もいると教わる。体の具合が良くなるために、逆に一時的に悪化したような症状(具合が悪くなる、熱・ジンマシン・湿疹)が出たりするらしい。が、出ても神経質になる必要はないとのこと。でるのかな?ドキドキ・・・。

ファースト・ディグリーの後21日間は浄化の期間となるので、水分をたくさんとって、体の中の毒素や不必要なエネルギーを排泄するように言われる。ファースト・ディグリーは、お掃除みたいな感じなんだな、きっと。

3時間を少し過ぎて、レッスン終了。習いに来て良かったと大満足。次のディグリーが楽しみである。

カテゴリ:
アクセスありがとうございます。七実(ななみ)です。

このブログは、2002年に私が初めてレイキを学んだ日からの日記です。

レイキとは、気のバランスを調整するハンドヒーリング法で、手当て療法とも呼ばれています。

このブログ、もともとは「レイキによって現れた変化を記録しておこう」と思って、「レイキ日記」というタイトルを付けて、始めました。

しかし、2005年から私はモダンミステリースクールの学びに入り、そこで学んだヒーリングやセミナーのお仕事をするようにもなり、ミュージシャンとしての音楽活動も盛んになって、ブログに書きたい内容が、レイキだけにテーマを絞れなくなりました。


ですので今は、自分が興味あることを自由に書いています。

まさか、こんなに長く、このブログを書き続けるとは思いませんでしたが、レイキを学んだことによって、人生が劇的に好転したのは確かなので、初心忘れるべからずで、私がレイキを習得する上で節目となった日を、下記にピックアップしておきます。


レイキに興味ある人は、まずコチラから、ご覧下さい。

ファーストディグリー(一番最初の日記)
セカンドディグリー
サードディグリー
ティーチャーズディグリー
ティーチャーズディグリーその2

このページのトップヘ

見出し画像
×